こうち防災いちばん

部屋を安全にしよう!

危険を知る・減らす

大きな地震から命を守るには、部屋を安全にすることが必要です。

【最優先で考えるべきは2点】

  • 寝床に家具が倒れてこないようにする
  • 出口をふさがないようにする

寝室には大きな家具を置かないのが基本です。
やむを得ず置く場合は、倒れても、ベッドに当たらない位置を見つけ、さらに出口をふさがないか、チェックします。
狭い部屋だと、よい置き位置がない場合もあります。
大きな家具は固定するようにしましょう。

  • ガラス・・・割れて飛び散り、避難の妨げにならないよう、飛散防止のシートを貼る。
  • 机やベッドなど・・・スライドしないよう、滑り止めのシールやキャスターストッパーをつける。

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ