こうち防災いちばん

被災時の熱中症対策

避難生活の知恵

暑い時期に災害にあったとき、熱中症を防ぐ方法を紹介します。

【水分とともに塩分を補給】
スポーツドリンク・経口補水液を飲む。
水や麦茶とともに、梅干しや塩分の入った飴などをとる。
【経口補水液の作り方】
材料は、水・砂糖・塩だけ。
水1リットルに対し、砂糖大さじ4杯、塩小さじ半分を目安に溶かす。
【冷凍庫】
保冷剤や水の入ったペットボトルを入れ、凍らせておく。
首の後ろに保冷剤を当てて、タオルを巻いたり、
凍ったペットボトルを脇の下にはさむと効率よく体温を下げることができる。

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ