こうち防災いちばん

応急手当(3)心肺蘇生とAED

地震・津波その時

大きな災害の場合、救急隊の到着が遅れます。命を救う心肺蘇生法とAEDの使い方を紹介します。

  1. 倒れている人を発見したら、周囲の安全を確認した上で近づく。
  2. 肩をたたいて、声をかけ、反応を確認する動作を3度繰り返す。
  3. 反応がなければ協力者を求め、119番通報とAEDの手配を頼む。
  4. 胸とおなかを見て、普段通りの呼吸があるか確認する。
  5. なければ、胸の真ん中を目安に手のひらの付け根をあて、両手を重ね、30回垂直に押し下げる。深さ5cm、1分間に100から120回を目安に繰り返す。
  6. その後、人工呼吸を2回繰り返す。

AEDが到着したら

  1. 頭側に置き、協力者に心肺蘇生を代わってもらったあと、電源を入れる。
  2. 音声メッセージに従う。(パッドの装着の指示)
  3. 解析の結果、電気ショックが必要な場合は、指示に従い、ボタンを押す。
    呼吸が戻らなければ繰り返す。

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ