こうち防災いちばん

命を守るポーズ

地震・津波その時

大きな地震のとき、命を守るためには、どんな姿勢をとればよいでしょうか。

【揺れを感じたらとる行動】

  1. なるべく安全な場所に動き
  2. 姿勢を低く
  3. 頭の上に少し空間をあけ、手元にあるもので頭を守りましょう。
    ポイントは、けがをすると致命傷となる「頭」「首」「手首」を守ることです。

頭を守るものがない場合は、後頭部に手を当て、危険なものにお尻を向け、しゃがみ込む「ダンゴムシのポーズ」をとりましょう。

大切なのは、できる範囲で「危険の少ない場所に動く」ことです。
物が「倒れてこない・落ちてこない・動いてこない」場所をみきわめましょう。

とっさの判断は意外と難しいものです。自宅など、場面を想定して練習しておきましょう。

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ