こうち防災いちばん

体験しよう!171

情報を得る

大きな災害が発生したとき、被災地への電話がつながりにくくなることがあります。このときに開設されるのが「災害用伝言ダイヤル171」です。
30秒間録音できる声の伝言板で、安否の確認に力を発揮します。災害用伝言ダイヤルには、体験利用できる日があります。

【体験利用できる日】

  • 毎月1日と15日
  • 正月三が日
  • 防災週間(8月30日午前9時~9月5日午後5時)
  • 防災とボランティア週間(1月15日午前9時~1月21日午後5時)

171に電話するだけで操作ができます。音声ガイダンスに従って、被災地の人の電話番号を入れれば、簡単にメッセージの録音・再生ができます。 大事なのは家族や親しい人との間で、「災害時にどの電話番号を使うのか決めておくこと」です。ぜひ一度、体験してみてください。

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ