「匠」
Takumi

第12回 フレンチシェフ

今回の「匠」はフレンチシェフ、髙山英紀さんをご紹介します。

髙山さんはフランスでの修行を経て、兵庫県芦屋市のレストランでシェフをされています。

2019年にはフランス料理の世界大会「ボキューズドール」に日本代表として出場するなど、国際舞台でも活躍されてきました。

その一方で、レストランを構える兵庫の風土や日本の文化を大切にする髙山さん。

淡路の玉ねぎや武庫之荘のそら豆など地元の食材を使いながら、料理のデザインにも日本伝統の文様を取り入れるなど、“日本人だからこそできるフランス料理”にこだわっています。

繊細で美しい料理の数々を8Kカメラで撮影しました。匠の技、そして幸せを運ぶ料理をどうぞご堪能ください。(文責 神戸局カメラマン 倉持治)