はじまりの港

神戸港は世界と結ぶ玄関口として、大勢の人々やさまざまな品々が行き交いました。海外から神戸にもたらされた文化がどう定着していったのか、カメラマンの視点で描くシリーズです。

  1. 第1回 再起の港 コンテナターミナル

  2. 第2回 汽笛が響けば

  3. 第3回 KOBE BEEF

  4. 第4回 靴とともに

  5. 第5回 海を渡った祈り

  6. 第6回 ゴルフ

  7. 第7回 異人館

  8. 第8回 神戸の街に広がるクリスマス

  9. 第9回 輝きは海を越えて

  10. 第10回 女学校に響く神戸の音色