2022年11月07日 (月)"国生み神話の島" ひとめぐり ~南あわじ市・沼島~


tanaka_221107_1.jpg

「沼島」って、あの淡路島の南の?

山、ありましたっけ??

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

 

 

実は私もそうでした。

といいますのも…

 

 

tanaka_221107_2.jpg

2021年2月放送の、

「淡路島最高峰・諭鶴羽山(ゆづるはさん)」

後々訪ねることになるとは全く思わずに、

沼島を撮影していました。

 

tanaka_221107_3.jpg

灘黒岩水仙郷からも。

 

緑に覆われてはいても、

「山」という感じはそこまで強くありませんよね。

実際、国土地理院の地形図を調べてみても、

最高点は標高120mそこそこです。

 

ロケに出ること自体、

6月放送の「鎌倉峡・百丈岩」以来でもあり、

ブランクを埋めるのにちょうどいいかな?

くらいに思っていたのです。

 

 

tanaka_221107_4.jpg

沼島へは、南あわじ市の土生(はぶ)港との間に

1日10往復の船便があります。

 

tanaka_221107_5.jpg

というわけで、まずは10分ほどの船旅です!

これまでにないパターンで、なんだか遠足気分。

 

 

さて、沼島というと有名なのは…

「国生み神話」の舞台、鱧(ハモ)やアジ、

そして地学好きの方には、

「ブラタモリ #185」でも登場した、

「1億年前の地球のしわ」ともいわれる

さや型褶曲(しゅうきょく)でしょうか。

 

tanaka_221107_6.jpg

その「さや型しゅう曲」が現れた貴重な岩石!

沼島汽船のターミナル内で見られます。

 

 

tanaka_221107_7.jpg

お寺や神社も数多くあるようで、

「国生み神話」のみならず数々の歴史に彩られた島です。

 

 

tanaka_221107_8.jpg

そんな沼島の周遊路を時計回りにほぼ一周します。

スタート後にもう少し北上してから

東~南へと回り込むルートもあるのですが、

今回は少しショートカットしています。

 

tanaka_221107_9.jpg

その分岐点には、木の根元に隠れるように

「沼島灯台まで1.5㎞」の表示がありました。

そちらに向かうと…

 

tanaka_221107_10.jpg

いかがでしょう?

海からそんなに離れていないのに、

もう雰囲気は普段通りの「山歩道」ですね。

いや、それどころか、

しばらく山に足が向いていなかった分、

脚がなまっていることを早々と痛感させられる始末。

 

「山は標高だけじゃない!」

 

頭の中はこの言葉でいっぱいになり、

去年5月放送の「加西アルプス」を思い出しました。

そういえば、あの時もご案内は羽田さんでしたねぇ…

 

 

tanaka_221107_11.jpg

そんな道沿いに並ぶ「沼島八十八カ所霊場」の石仏。

戦争や疫病で亡くなった方々を慰霊するため、

明治時代に建てられたそうです。

こちらは「十二番 焼山寺」、

 

tanaka_221107_12.jpg

こちらは「十六番 観音寺」。

四国八十八か所と同じ番号と寺院名です。

 

よく山で見かける「丁石(ちょうせき)」、

つまり頂上の社寺からの距離標は約109mごとですが、

それより明らかに間隔が狭く、次々に現れます。

 

 

tanaka_221107_13.jpg

島一番の標高125m、「石仏山(いしぼとけやま)」。

その山頂に建つ沼島灯台は木々の中でした。

 

 

tanaka_221107_14.jpg

唐突に道沿いに現れた鳥居群!

深い薮の中、倒れたり傾いたりしながら続きます。

人が通った気配もあまりないのですが、通れそう。

たくさん張っているクモの巣を払いながら進むと…

 

tanaka_221107_15.jpg

ひそやかに、そして厳かに! という印象で、

その姿が視界に入った時は思わず声が漏れました。

「山ノ大神社(やまのおおじんじゃ)」です。

 

tanaka_221107_16.jpg

手の込んだ装飾は漁業の島ならでは。

 

草が茂る境内には、「昭和五十六年正月」と刻まれた

再建記念碑がありました。

あとで地元の方に聞いたところ

今でも年に一度、餅まきの行事があるそうです。

 

 

ここまでは「オーシャンビュー」も意外に少なく、

島にいるという感覚はきわめて希薄。

すっかり「いつもの山歩道」の気分でしたが…

 

 

tanaka_221107_17.jpg

恐らく、島いちばんの人気スポット? であろう、

「上立神岩(かみたてがみいわ)」。

ここまでズドンと一気に下りていく道中で、

島を歩いていることをようやく意識しました。

 

観光パンフレットによると高さはおよそ30m。

「国生み神話」に登場する「天沼矛(あめのぬぼこ)」、

あるいは「天御柱(あめのみはしら)」のモデルといわれ、

イザナギ・イザナミ二神ゆかりの地とされます。

そのうえ、中央のくぼみがハート形なのも相まって、

恋愛成就のパワースポットとして人気上昇中なのだとか!?

確かに、ロケのときにも、

ここには老若男女、何組もの方々が来ていました。

 

なお、この「上立神岩」までは、

島の市街地からほぼ直線の道があるので

船着場からでも徒歩20分程で着けるそうです。

私たちのように山道をはるばる歩かなくても

到着できますので、どうぞご安心を!!

 

 

tanaka_221107_18.jpg

時間の関係で番組ではお伝えできませんでしたが、

コース後半、この道標から坂を登り、

最後の激烈な笹やぶをかき分けた先に…

 

tanaka_221107_19.jpg

標高117.1mの三等三角点と、

 

tanaka_221107_20.jpg

「三角」つながりなのか、

八十八カ所霊場の「第六十五番・三角寺」。

(クモが写っていますので拡大注意です!)

そして…

 

tanaka_221107_21.jpg

「『ロボット測風機』建設記念碑」を見つけました!

石碑だけで、それらしい痕跡すらなかったようですが。

 

ただ、その代償といいましょうか…

クルー全員、チクチクした植物のタネ、

いわゆる「ひっつき虫」のたぐいが山ほどつきました。

夏場などは虫も多いと思われますので、

この薮漕ぎ、けっしてお勧めはいたしません!

 

 

tanaka_221107_22.jpg

最終盤も、ほぼ普段の「山歩道」の雰囲気。

木々の間から徐々に里の風景がのぞくようになり、

「下山口近し」を感じ始めるころ…

 

tanaka_221107_23.jpg

見えてきたのは「忠魂碑」。

「おのころ神社」の境内に入りました。

 

tanaka_221107_24.jpg

2002年の改修時に建てられたという、

イザナギ・イザナミ二神の像です。

 

「国生み神話」によると、

「天の沼矛」でかき混ぜた潮が

矛の先から滴り落ち…

 

tanaka_221107_25.jpg

「自(おの)ずと=ひとりでに」

「凝(こ)る=集まって固まる」ことでできた、

“はじまりの島”が「おのごろ島(=おのころ島)」。

 

その場所がいったいどこなのかは諸説あり、

あくまで沼島もそのひとつなのだそうです。

ただ、この地に立ってみると、

神話の伝承を大切に守ってきた

地元の方々の思いがおのずと伝わってきました。

島をあちこち見てきたあとだからこそ、

より強く感じられたのかもしれません。

そう考えると、一般的なルートの逆を行ったのは

とてもよかったと思っています。

 

tanaka_221107_26.jpg

今回のゴール、沼島八幡神社。

 

tanaka_221107_27.jpg

手水鉢には… おや? 上立神岩!

ハートのくぼみもありますよ!

 

tanaka_221107_28.jpg

古くは昭和四年奉納と記された絵馬や、

天井の「逆羅針盤」を見学しているうち…

 

tanaka_221107_29.jpg

日はすっかり傾き、海も茜色に染まりつつありました。

 

なお、山門のむこうに構造物とクレーンが見えますが、

これは南海トラフ地震に伴う津波に備えて建設中の

「港口水門」だそうです。

これを見た時はさすがに気持ちが引き締まりましたが…。

 

その後、夕暮れの空にお寺の鐘の音が響きわたり、

心穏やかに一日を締めくくることができたのでした。

沼島、えぇトコでした!(あれ? 番組が違う?)

 

 

さて、今年度の「山歩道」は兵庫五国の全てを回る算段。

ここまで摂津、但馬、淡路と来ましたので、

残すは播磨と丹波となります。

次回はどちらになりますか!? どうぞお楽しみに。

 

「Live Love ひょうご」で放送された動画はこちら

 

投稿者:田中 崇裕 | 投稿時間:18:30

ページの一番上へ▲