2022年05月09日 (月)満喫! 但馬の山の春 ~朝来市和田山町・床尾(とこのお)山系~


 tanaka_220509_1.jpg

 

昨年度末、「兵庫山歩道」の総集編を制作するなかで、

ふと気づいたことがありました。

「なんだか神戸市内が多いな?」

 

10月の特集番組(養父市の氷ノ山)を除けば、

神戸、加西、神戸、西宮、神戸、神戸、丹波・丹波篠山。

7回中、4回が神戸市内!

そこで…

 

「今年度こそは『兵庫五国』を広く訪ねよう!」と、

まずは北部を候補に検討開始。

ご案内役・羽田宗子さんとの相談の結果、

朝来市和田山町の「床尾(とこのお)山系」に決定しました。

 

 

tanaka_220509_2.jpg

場所は和田山の中心市街地から北東、「竹ノ内」集落のもう少し先。

付近で一番の目印になるのは、今回、ゴール地点に設定した

国指定天然記念物の巨樹、「糸井の大カツラ」でしょう。

 

 

ただ、下調べの中で少々気になったことがありました。

過去のクマの目撃談です。

実際、「当地域はツキノワグマの生息地域です」という看板を

今回の道中でも目にしました。

 

 

熊鈴を用意し、これまでよりいくぶん緊張感を抱えつつ

西床尾山の登山口に着いてみると。

 

 

tanaka_220509_3.jpg

「『やまぶき色』の、ヤマブキですよ」と、羽田さん。

早速出会った春の色彩に、少しだけ心が和らぎました。

 

 

それでも、ややきつめのコースだと聞いてもいたので

覚悟しながら森に入っていったのですが...

 

 

tanaka_220509_4.jpg

これがまた、美しい水辺の風景の連続!

 

 

tanaka_220509_5.jpg

木漏れ日に浮かび上がる新緑!

 

 

tanaka_220509_6.jpg

足元には「ミヤマカタバミ」。

街なかで年中黄色い花を咲かせている印象の、

あのカタバミの仲間とはにわかに信じられません。

 

 

tanaka_220509_7.jpg

「あ、マムシグサが出てますよ!」

羽田さんが指さした先に、ありました!

写真で見たことはありましたが、実物は初めて。

名前の通り、茎の模様がマムシのようです。

細長い「仏炎苞(ぶつえんほう)」もユニーク。

しゃがみ込んで、しばし見入りました。

 

 

こうした行動が後々どんな結果を招くのか、

このときはまだ知りもせずに...。

 

 

tanaka_220509_8.jpg

終わりかけではありましたが、ミツマタも見られました。

3月放送の「金山」で見たのはまだ固いつぼみでしたが、

あのときの念願を果たせたようで、嬉しくなりました。

 

 

 

...こんなふうに、滑りやすい沢沿いに気を使いながらも、

春の植物をいろいろ見つけて楽しく歩いていた時。

 

 

ふと感じたのです。

左手首、親指の付け根あたりに、

「ぺちょっ」という、冷たい感触が走ったのを。

 

 

「うおわっ!!」

 

 

我ながらとんでもなく素早く払いのけていました。

「これが話に聞く『ヤマビル』か!」

と、合点したのはそのあとのことです。

(字で見るのもおぞましいので、以下「Y」と略します)

なにせ一瞬のことでしたし、

写真を撮るなどという発想は微塵もありませんでした。

 

 

幸い、今回は血を吸われる前でしたが、

吸われるとYはなかなか肌から離れず、

離しても今度は血が止まりにくいんだとか。なんとも厄介です。

 

 

私が声を上げたので、羽田さんもご自身をチェック。

やっぱり、靴に一匹ついていました。

 

 

以前、民放の某・有名探偵番組で、

「Yは下からはい上がってくる!」

という実験を見たのを思い出しました。

つまり今回も、私の足元に取りつき、

脚~胴をシャクトリムシのようにはい上がり、

今度は長袖の腕をず~っと下がって、ようやく、

肌が露出していた手首に「ぺちょっ」と出た、と...。

 

 

そんな長時間くっつかれていたなんて、

それだけでぞっとしますが、

思い返せば、Yが生息しやすい湿った沢沿いで、

植物をいろいろ見ながら長いことしゃがんでいたわけです。

これはひとえにYから見れば

「この人、『さあ、おいで!』って言ってくれてる

ってなものだったのでしょう。

 

 

クマへの用心から、

上の方にばかり注意を払っていたのですが、

これ以降、やたら足元も気になるように。

やはりその後も一匹を右ひざ付近で発見、撃退しました。

 

 

なんだかYのことばかりで申し訳ありません。

これも「人生初遭遇」だったからなのですが、

さすがにこの辺でやめておきます。

これからの季節、忌避剤を使うなど、

皆様もどうぞ対策をお忘れなく!

 

 

 

tanaka_220509_9.jpg

雪の影響でしょうか、幹から落ちてしまっていますが、

北西~西へ進んでいたルートが南に変わる地点の表示です。

沢から離れ、杉林の中へと進んでいきますが...

 

 

tanaka_220509_10.jpg

こんな傾斜がず~っと続くのです!

標高600mから山頂の843mまで、怒涛(どとう)の登り。

それでも、脚が棒にとまではならないところに

我ながらこの1年半の成長(笑)を感じはしますが、

さすがに足取りは極めて重いものに。

 

 

tanaka_220509_11.jpg

わかりにくいかもしれませんが、

写真中央に白く見えるのは雪渓です!

こうした風景にも励まされながら登り続け...

 

 

tanaka_220509_12.jpg

ひいひい言いながらも西床尾山の山頂に到着。

古びた山名の標識は、倒木に押されて傾いていました。

 

 

tanaka_220509_13.jpg

いまひとつピントを合わせきれませんでしたが、

方角からすると、冠雪した氷ノ山かと思われます。

去年10月の特番の時は山頂からの視界ゼロでしたが、

その分をここで取り返したような気になりました。


tanaka_220509_14.jpg

東床尾山への尾根道沿いでは

さすがに桜の盛りは過ぎていたようですが、

代わりにといっては失礼なくらい、こちらが満開でした。

「オオカメノキ」、若葉もきれいです!


tanaka_220509_15.jpg

緑のグラデーションに、少しだけ残った桜色もよいもの。

これぞ春の山といった感じで、

きつい思いをして登ったことが報われる一瞬です。

 

 

 

tanaka_220509_16.jpg

こちら東床尾山の山頂は、文字通り360度のパノラマ。

そして、手前に見える白い円盤が優れモノでした。

周辺の地名や山の情報が豊富かつ明瞭で、

ここに記された方角を見れば、ちゃんと見つかるのです。

氷ノ山がここからも確認できましたし

(西床尾山から見るよりもさらに霞んでいましたが)、

北東の方角になる天橋立も

「あ、あそこか!」と感じることができました。

 

 

tanaka_220509_17.jpg

マニアも多いといわれる「一等三角點(=点)」。

 

 

tanaka_220509_18.jpg

今季初めて見たキアゲハとも戯れて、春・実感です。

 

 

 

tanaka_220509_19.jpg

下りもしばらくは急こう配!

 

 

tanaka_220509_20.jpg

そういえば、この床尾山系。

こうした目印が随所にあって、道しるべになっています。

 

 

tanaka_220509_21.jpg

下山途中、こんな場所がありました。

本能的に尾根を真っすぐ下りたくなる地形ですが、

羽田さんの後方に写っている木の幹を見ると。

 

 

tanaka_220509_22.jpg

直進ではなく右へ入るよう、二重に示されています。

ここを下ると登山道は沢沿いになり、

こう配もやや緩くなって、ぐんと歩きやすくなりました。

 

 

下山後に伺ったところ、

地元・竹ノ内集落の藤原さんという方が

ボランティアでこうした整備をされているそうです。

 

 

tanaka_220509_23.jpg

放送ではご紹介しませんでしたが、東床尾山にも精錬所跡。

 

 

 

tanaka_220509_24.jpg

そして、逆光もあって全貌がわかりにくいのですが、

谷の向こうに巨大な桜の木が現れました!

「助右衛門大桜」です。

高さ15~20mほど? 枝張りはもっとありそうです。

(左右とも、杉の木に隠れてしまっている部分があります!)

 

 

tanaka_220509_25.jpg

すでに若葉がたくさん出ていましたが、

 

 

tanaka_220509_26.jpg

まだ残る桜色と若葉色が逆光に映えて、

それはもう「見事」のひとこと!

歩き出してからも何度も振り返ってしまうほどでした。

 

 

さらに、今回のゴール地点にはこの巨樹。

 

 

tanaka_220509_27.jpg

国の天然記念物、「糸井の大カツラ」です。

現地の案内板によれば、

高さ35m、枝張りは東西30m、南北31m。

さらに、なんといっても目をひくのは幹の姿で、

 

 

tanaka_220509_28.jpg

このようになっています!

一説には樹齢2000年。おおもとの幹は枯れていますが、

その周りをぐるりと囲むように育った「ひこばえ」が約80本!

巻かれたしめ縄が人の背丈よりも上、といえば、

そのスケールを感じていただけるでしょうか。

(保護のため、幹には近づけません)

 

 

tanaka_220509_29.jpg

大カツラの脇では山桜が散り始めていて、

足元は緑とピンクのモザイク模様。

「写真は引き算(=テーマを絞って!)」とはいわれますが、

大カツラも、まだ咲く桜も、花びらのじゅうたんも! と、

全てを「足し算」せずにはいられない光景が広がっていたのです。

欲張った結果、やはり写真はこんな感じにしかなりませんでしたが、

記憶の中にはあの美しい光景が鮮明に残っています。

 

 

そして、この最後のカットが、

まさに今回訪ねた床尾山系を象徴していた気がします。

そこにある自然そのものが本当に魅力的で、

それはおそらく写真や動画では伝わりきらず、

現地に立ってこそ実感できるものだろうと思うのです。

これからの時期、「山シャクヤク」も見事だそうですし、

これだけ新緑が美しいとなれば、秋の紅葉も素晴らしいでしょう。

 

 

ただ、冒頭で記した通りクマの生息域ですから、

単独行は避けた方が安心です。

急な傾斜と沢沿いの道が大半なだけに、

スニーカー程度の足元で山に入るのも明らかにNG。

装備を十分整えて(そうです、Y忌避剤も忘れずに!)、

床尾山系の自然をぜひ味わってみてください!!

 

動画はこちら >>

 

投稿者:田中 崇裕 | 投稿時間:18:00

ページの一番上へ▲