2017年05月23日 (火)be ambitious


エスカレーターの立ち位置にも慣れてきました。

 

なんのことはない、前に倣えばいいんですね。

もともと背の順で並ばされたとき以外、

先頭を行くタイプではありません。

流れに身を任せることにしました。

 

「慣れるより倣え」です。

 

急いでいるのに立ち止まるか、

疲れているときに追い越すか、

その時の周囲により、

不本意な結果になり得るのが難点ですが。

 

神戸に来て1か月半。

観光客気分がぬけません。

 

201705katayama1.jpg

 

番組中、生中継の映像で神戸の夜景が映し出されると、

「いやぁ、きれいですねぇ」

と隣の垂水キャスターに口走りたくなるのをどうにか抑えています。

 

行き帰りも、口元緩みっぱなしで街をうろうろしています。

先日は、改修が終わったばかりのメリケンパークへ。

 

高層ビル、観覧車のイルミネーションの光が海の水面に揺れます。

観光客と思しき人たち、若いカップル、そりゃそうですよね。

そんな中、ワイシャツ姿のくたびれたおじさんがひとり。

とりあえずスマホで写真を撮りまくります。

201705katayama2.jpg

 

「これが‘わが町’なのだ」

快哉を叫びます。

 

201705katayama3.jpg

 

出来たての「BE KOBE」のモニュメント。

公園の新たなシンボルとして設置されました。

直訳すると、「神戸であれ」という意味ですが、

神戸市によれば、

『皆さんの心の中にある‘神戸への想い’を‘BE KOBE’に重ね、

自由に解釈して頂き、

街を誇りに思う気持ちの合言葉として

定着させていきたいと考えています。』

とのこと。

 

いまのところ

『街に溶け込ませてください』というのが

神戸への想いです。

 

201705katayama4.jpg

 

遥かむかし。初めて神戸を訪れた時の1枚。

東北からやってきたチビッ子は、

初めて見る港町の風情に完全に呑まれておりました。

まさかこの街に住むことになろうとは。

 

変わらぬ気分を解いて、早く街に溶け込みたいです。

投稿者:片山 智彦 | 投稿時間:15:00

コメント

今夜の地元ニュースは何だろうと楽しみに見ています。
ブログにポートタワーやBE KOBE それから子供のころのお写真を見てコメントしています。ニュースを伝えてくださる顔以外の思いを感じています。今日も神戸・兵庫のニュース待っています。

投稿日時:2017年05月25日 10:59 | ota

片山アナウンサーのファンのひとりでした。山形から神戸に移られたのですね。いつも気の利いたコメントが好きでした。神戸での活躍をお祈りしております。なんとなく、出世する人物とみました。

投稿日時:2017年05月25日 15:14 | お遊

片山様

初めてメールをします。

落ち着いたアナウンスに感心しています。
東北から、神戸に来られたそうで、神戸は気候も暖かいです。
港町で開放された気分になれる街です。
ニュースKOBE発、ご活躍を期待します。

投稿日時:2017年05月25日 19:00 | たつの市・植木屋のKen

※現在新規コメントは受け付けておりません

ページの一番上へ▲