2016年11月19日 (土)

明るい終活でハッピーエンディング

きわめびと 1級葬祭ディレクター 安宅秀中(あたぎ・ひでなか)さん

 
74kiwamebito.jpg業界最大手の葬儀会社で指名率NO.1を誇る、1級葬祭ディレクター・安宅秀中(あたぎ・ひでなか)さん。お客さんの6割以上が、自分自身の葬儀の内容など「終活」に関するさまざまな相談に生前に訪れるという“終活エキスパート”です。
重く考えがちな終活を、明るく前向きなものと捉え直す発想で、人生でやり残した問題を解決。幸せな最期=ハッピーエンディングを迎えるための極意を伝授します。

 

 

お悩み 終活に家族が協力してくれない


74onayami.jpgお悩みを寄せてくれたのは、大阪に暮らす洋三郎さん(74)。長年、営業マンとして仕事一筋の人生を送ってきました。そんな洋三郎さんが、第一線を退いた今、頭を悩ませているのが「終活」。終活を始めようと妻・富子さんに話を持ちかけても、趣味に夢中で無関心な様子。終活に家族が協力してくれないというのです。しかしその原因は、どうやら洋三郎さん自身にあったようで…。果たしてきわめびとは、どう解決するのでしょうか?

 

 

きわめびとの目のつけどころ
終活トラブルを生む“ひとりよがり”


74menotsukedokoro.jpgこれまで1000件以上の葬儀の現場を見てきたきわめびと安宅さんは、終活トラブルの原因になりがちなキーワードは「ひとりよがり」だといいます。本人は、葬儀や散骨など「亡くなったら○○して欲しい」と希望しているものの、残される家族にちゃんと伝わっていないなどコミュニケーション不足が理由で希望通りにいかないことが多いというのです。
実は、営業マンとしてエリート人生を歩んできた洋三郎さんも、結婚以来、家庭では「ひとりよがり」なふるまいばかりだったと見抜いた安宅さん。妻・富子さんには長年の不満が募り、終活に協力してもらえない事態を招いていたのです。

きわめびとの極意① 
“ひとりよがり”ではなく“1.5人称”で

74gokui1-1.jpg74gokui1-2.jpg

 

 

 

 

 

「ひとりよがり」を解消するための極意。それは「1.5人称」。自分の考えを押しつけるのではなく、残される家族のことを思って終活する発想が大切だというのです。そこで、安宅さんが繰り出したのが「入棺体験」。誰もが避けられない「死」という現実をリアルに感じることで、洋三郎さんにひとりよがりから脱してもらおうと考えたのです。すると、入棺体験後、ふだんは口にすることのない妻への思いを語り始めた洋三郎さん。1.5人称の発想が芽生え始めました。

きわめびとの極意②  
“未来の自分史”を書いて“生まれ変わる”

74gokui2-1.jpg74gokui2-2.jpg

 

 

 

 

 

終活とは人生でやり残した問題を解決すること。ハッピーエンディングに向けて何をやっていくか考え実行していくことが大切だという安宅さん。
そこで洋三郎さんに伝授したのが、富子さんの不満の種となっていた自分自身の振る舞いを改めると宣言する、「未来の自分史」を書くこと。そのための舞台として安宅さんが用意したのは、夫婦ふたりだけの「プチ生前葬」。今までの自分は亡くなり生まれ変わろうという気持ちを、未来の自分史に込め、富子さんに届けようというのです。生前葬当日、洋三郎さんの宣言に富子さんは、今までのことは「忘れます」と返答。終活への第一歩を踏み出しました。

一柳アナの収録こぼれ話

ハッピーエンディング

74koborebanashi.jpg「終活」で残りの人生をよりよく生きる。
生前葬をして、ご夫婦の絆がより強くなったのが伝わってきました。
それは、ひとりよがりだった洋三郎さんが富子さんの事を心から思って宣言をしたから。
入棺体験を通して、これまで気付けなかった様々な事に気づけたのでしょうね。
入棺体験…ご夫婦にとってかなりのインパクトだった事と思います。
我々も、棺桶がスタジオに登場しただけで、
なぜだか声をひそめて話さなきゃいけないような雰囲気になったり、
しんみりした空気感になったり…
そこに入ってこれまでを思い起こす。考えただけで涙が出てきそうです。

終わりよければすべてよし。
最後、どうやって自分の人生をしめくくるのか…
ハッピーなエンディングを迎えられるよう、
毎日を楽しく生きていこうと心に誓ったのでした。

 

そのほか、「生活」のお悩みはこちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:50


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top