ページの本文へ

読むNHK北九州

  1. NHK北九州
  2. 読むNHK北九州
  3. 発見!小さなホークス #6 中田賢一 4軍投手コーチ

発見!小さなホークス #6 中田賢一 4軍投手コーチ

  • 2023年04月24日

北九州ならではの地元目線でホークスを応援するミニコーナー「発見!小さなホークス」。今シーズン最初のお相手は2度目の登場、中田賢一(なかた けんいち)さん。大学まで北九州で過ごし、中日、ソフトバンク、阪神で通算100勝。今シーズンは新たにできた4軍の投手コーチに就任しました。12球団唯一の4軍ってどんなところ?そして4月25日に北九州市民球場で行われる公式戦のポイントなどを伺いました!

※4月25日 北九州市民球場での試合は、雨天中止となりました。
(4月25日 13:45更新)

取材 神戸和貴アナウンサー

筑後市のHAWKSベースボールパーク筑後で取材

新設された4軍ってどんなところ?

―去年に続いて2回目の取材です!よろしくお願いします!練習を拝見したのですが、最後の1人の練習が終わるまでずっとつきっきりなんですね?

よろしくお願いします!基本的に選手がグラウンドで練習している場合は必ず見るようにしています。 選手にとって何かあったら聞きやすい環境にしたいなと思っているので。

―指導者として2年目。ことしは4軍投手コーチになりましたがここまでどうですか?

去年は3軍で若田部健一さん(わかたべ けんいち・現3軍投手コーチ)と2人で投手コーチでやっていたんですけど、ことしは4軍を1人で任されることになったので責任を感じます。若い選手を受け持つのでさらに自分も勉強して、成長していかなくちゃいけないと日々過ごしています。
まだまだ自分もコーチとしてはひよっこの部分があるんですけど、去年いろいろな面で若田部さんに指導していただいたので、そこに自分の色が付けられるように、選手にとって良い環境になることを考えてやっていきたいなと思っています。

―4軍ではどんな選手がプレーしているんですか?

4軍は選手育成が一番のテーマで、高校卒業して1年目、2年目の選手がメインで入ります。試合は間隔をあけながら、練習と体作りをメインに考えて過ごしていってる感じです。社会人として、プロ野球選手として考え方もまだまだなところがありますので、人間的なところも身体的なところもどんどん大人になっていくようにという位置づけかなと僕は考えています。 

―3軍でも育成に力を入れていたと思いますが、4軍との違いはあるんですか?

まず体力的なところで、4軍はまだ1年どころか半年も続けてゲームがあると、投げられない選手が多いと思います。3軍は去年1年間ずっと試合をやってきていますし、試合に出続けるプロとしての体力面では3軍の方がありますね。まだまだそこに追いつかない選手、そこに追いついていきながら先を見据える選手がへ4軍に入るかなと。
スケジュール的に3軍は試合が特に多いですね。練習の面では4軍の方が時間が取れるので、基礎から鍛えていく選手がメインで入る形です。ただ「3軍が雨でできなかったら4軍で使ってくれ」とか「4軍の選手を3軍で使って」とか、試合に関しては3軍と4軍が合同で進めていく感じになってますね。

大所帯のホークスのファーム。選手を指導するポイントは?

―去年もそうでしたが、中田さんがノックを受けたり、体幹トレーニングでお手本を見せたりというところは変わらないんですね!

基礎的なところは自分が動いて示せるかなと思っているので。腹筋の形もそうですし、しっかり基礎を見せられるかなと思っています。トレーニングメニューを紙で見るより、実際に見せたほうがより鮮明にわかると思います。特に1年目の選手はまだ体の動かし方がわかっていないところもありますので。

―練習中は頻繁にメモを見て、そしてこまめに書いていましたが? 

練習の流れもそうなんですけど、選手それぞれにきょうのキャッチボールはどうだったとかいう特徴ですね。また2軍や3軍のピッチャーがいっしょに調整することもあるので、その選手の把握も含めていろんなことを書き記しているんですけど。去年からずっと書くようにしていて、あとから見返したときに、次の日に生きるように意識しています。選手も多いですし、2軍や3軍の選手が落ちてきたときに「どういう形でこれまで投げていた」とか「今こういう状態です」という話を常にほかのコーチと報告をしあっていますので。常に各コーチがチームの状態を把握できるようにメモしています。

―育成選手が50人以上いる中での競争意識はどういうものですか?

育成の選手は3年間という期限がありますので、1年ごとにどんどん厳しいプロとしての顔になっていると思うんですけど、1年目の選手に関してはまず体作りというところを第一に考えて取り組んでいます。まずは同年代、同世代の中で抜きん出たいという気持ちが一番大事かなと感じていると思いますね。トレーニングも試合での結果も、切磋琢磨(せっさたくま)してどんどん伸びていけるような環境に持っていきたいなと思っています。

―去年は強くてタフな選手を育てたいと話していましたが?

それは引き続き変わりません。体力的にも精神的にもタフな選手を作っていかないといけないと思っています。そのためには、練習がきつくても自分で動ける選手にならないといけない。まだまだ見ていても、集中力がなかったりとか、一つ一つのプレーが緩慢になることもあるので。「このプレーは2アウト満塁1対0で勝っているマウンドでやっているんだ」というのを、練習でできるようにですね。そういう精神面も含めてタフな選手を育てていきたいなと思っています。

4月25日は北九州市で1軍戦が開催!北九州市民球場の思い出は?

―北九州でのホークス戦に向けて教えてください。やはり 北九州市民球場といえば中田さんかなと!(八幡高校から北九州市立大学、ホークスに移籍後は先発登板も)

そうですかね(笑)。たしかにホークスでも投げましたし、大学ではメインで試合が組まれていた球場でしたね。率直にまず、大きな当たりを打たれたくないなというのが印象です。今、両翼が92メートルですかね。狭いんですよ!今はフェンスが少し高くなりましたけど、それでも大きな当たりをカンと打たれるとすぐに入ってしまうので、どこの球場よりしっかり低めに投げないとという球場でしたね。
なおかつ地元でもありますので、何とかチームに勝ちがつくように。北九州の試合があるとローテーションがそこに合わないかなと思っていて、実際に結構投げることが多かったのですごくうれしかったですね。ただなかなか勝てないことが多かったので、特に意識していました。
あとマウンドはすごく好きで!投げやすいんです。高さも、視界も含めてすごくバッターに対して集中できるマウンドでしたね。

―思い出の試合はありますか?

意外と自分が投げている試合ってあんまり覚えていないんですよね(笑)。僕は小さい頃にオープン戦でレフトスタンドにグラブを持っていった記憶があって。そこで秋山幸二元監督(あきやま こうじ)、当時の秋山選手がレフトにホームランを打って、それが上の看板に当たったんですよね。それを一生懸命に取りにいった記憶がすごく残っています。その時代からある野球場ですので、今もなお愛し続けられている球場かなと思います。 
中日のときもルーキーのときに一度だけ登板があって、オープン戦で横浜の同学年の内川聖一(うちかわ せいいち)に打たれたピッチャーライナーが当たって、2回表1アウトで交代するという苦い思い出があります…(笑)。中日ではその一度だけですね。何とか開幕ローテーションには入れましたけどちょっとつまずきました。

―北九州の皆さんにメッセージをお願いします!

25日に北九州でホークス戦があります!北九州のみなさん、北九州市民球場に集まって全員で応援しましょう!よろしくお願いします!

※4月25日 北九州市民球場での試合は、雨天中止となりました。
(4月25日 13:45更新)

3軍と4軍の位置づけの違いや、その中での厳しい競争の様子がよくわかりました。それにしても中田さんがお手本で見せるフィールディングはとても美しいので、筑後に行った際はぜひ探してみてください。北九州の皆さんが楽しみにしている年に2回の北九州市民球場での試合、今シーズンも注目です!
次回はドラフト3位ルーキーの生海(いくみ=本名・甲斐生海)選手の予定です。また、この選手に話を聞いてほしい!というリクエストは、こちら「みんなのてれび」からお待ちしています!

  • 神戸和貴

    北九州放送局 アナウンサー

    神戸和貴

    愛知県出身、2011年入局。野球を中心にスポーツ中継を担当。趣味は草野球、ゴルフ、筋トレ。

ページトップに戻る