ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年02月10日 (水)

暖かさ続く 春一番とは?

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
各地で梅が咲き進み、日ざしにホッとできる日が増えてきました。
あす11日(木)以降はさらに気温が上がる見通しです。

まずは気温の予想を見ていきましょう。

20200210-1.png

この先は週末にかけて、上空に暖気が流れ込む影響で、
平年よりも5度くらい気温が高くなりそうです。
最高気温は16度~17度くらいで、3月下旬~4月上旬並みでしょう。
過ごしやすい陽気ですが、暖かさの影響で花粉の飛ぶ量は増える見込みです。

一方で、来週中頃になると一時的に寒気が入り、気温が下がる予想となっています。
この先も気温の変化を繰り返しながら、季節が先へと進んでいきそうです。

20200210-2.jpg

また、季節が冬から春へと変わる時に、最初に吹く強い南風が春一番です。
春一番は、北日本と沖縄を除く地方ごとに発表され、
ことしは先週の4日(木)に、関東地方で春一番が吹いたと発表されています。

20200210-3.jpg

九州北部ではまだ吹いていませんが、発表の基準は、
「立春~春分までの間で、日本海に低気圧があり、
初めて南よりの強風(7m/s以上)が吹き、前日より気温が上昇すること」です。

この条件を満たした場合のみ発表されるため、過去5年では、
平成28年に発表なしとなっています。

20200210-4.jpg

平成29年以降は2月中頃に発表されていることが多く、
去年の発表は2月22日となりました。
春一番というと、穏やかな春の訪れを想像される方もいらっしゃるかも知れませんが、
春一番は荒れた天気をもたらす風でもあります。

20200210-5.jpg

春の強い南風は、海の事故や火災の延焼、
身近な所では、物が飛ばされたり、風にあおられて転倒してしまうなど、
予期せぬ事故を引き起こす可能性があります。

また、急激な温度変化をもたらすこともあり、
春一番が吹いた後は、急速に気温が下がる「寒の戻り」があることも多いです。

この週末にかけては、暖かく穏やかな陽気となりますが、
来週は風が強まるような予想も出ています。
今後は気温や天気の変化に加え、風にも注意をしてお過ごしください。

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
きょうは寒さが厳しかったですが、暦の上では春が始まっています。
私は元気に飛び回るメジロや、咲き始めた梅の花に、春の気配を感じています。

20210203-1.jpg

春の訪れは日の長さからも感じられるかも知れません。
この時期は段々と日脚が伸び「春の光」を感じられる頃です。

春は「光・音・気温」の順でやってくるとされ、
きょうのような寒い日でも、日ざしには春の暖かさを感じられるようになってきます。

20210203-2.jpg

また、光の次にやってくるのは「音の春」です。
鳥たちの鳴き声や、雪の多い地域では、
雪解けの音や、解けた雪で増水した川の音が聞こえてきます。

そして、最後にやってくるのが「気温の春」です。
暖かくなり、いよいよ桜の季節がやってきます。

一般的に「気温の春」を迎えるのは、3月下旬から4月頃ですが、
ことしは季節先取りで、一足早く春の陽気を感じられそうです。

20210203-3.png

北九州の週間予報を見ていくと、
あす以降は段々と気温が上がり、週末からは15度前後の日が多くなる見通しです。
平年より5度前後高く、春の陽気となるでしょう。

20210203-4.jpg

そして、気温の高い状態は長く続く見込みで、
1か月予報では、2月下旬にかけて気温が高くなることが予想されています。

一時的に寒気が入るタイミングもありそうですが、
季節の進みは早く、春の訪れも早くなるでしょう。

20210203-5.jpg

また、春の訪れが早いということで、
桜の開花は、全国的に平年よりもやや早くなりそうです。

福岡は3月21日の予想で、全国トップで開花となりそうです。
なお、桜の開花から満開までは、だいたい10日前後かかります。

まだまだ先ではありますが、桜の時期が楽しみですね。

1/29(金)の「きたきゅーラジオ」は、声優の緒方賢一さんに
ふるさと筑豊の思い出や、出演された大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影エピソードなどを
電話で伺いました!

20210201-1.jpg

福智の山で遊んだ思い出など、
楽しいお話で、本当にあっという間に時間になってしまいましたー!

さらに、道の駅いとだの駅長、大蔵幸治さんとも電話をつないで
コロナ禍での工夫を伺いました。

というわけで、今回は「筑豊」に注目したわけですが、
実は、ことし、NHK北九州は開局90年を迎えるんです。
そこで、今回からの3回シリーズで
「筑豊」「京築」「北九州」エリアの魅力に迫っていくのです!!
来月、再来月も、お楽しみに!!
 
20210201-2.jpg
写真は、番組PRに出演した櫻澤記者と。

あ、もう一度、聴きたくなりましたね?
「らじる★らじる」の 聴き逃しサービス
2月8日(月)正午まで配信しています。

引き続き、メッセージ募集中です。
テーマは、「地元のココが好き!」。
ツイッターの場合は、「#きたきゅーラジオ」とつけて投稿してくださいね。
FAXは、093-583-0735
郵便の場合は、〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係まで
お寄せください!

また、ニュースブリッジ北九州との共同投稿企画、
発見!小さな幸せでも、
動画や写真の投稿をお待ちしています!

2021年01月27日 (水)

まもなく花粉シーズン到来

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
まもなく花粉シーズンがやってきます。花粉症の皆様、つらい時期ですね。

私はすでに花粉を感知しているのか、
この記事を書いているせいなのか、目がショボショボ、鼻がムズムズします。

20210127-1.jpg

さて、ことしの花粉の予測ですが、
まず飛散量を見てみると、全国的に平年よりも少なくなる見通しです。

上の地図は日本気象協会が発表した例年と比べた花粉飛散量ですが、
九州は濃い緑色の表示で非常に少なく、例年の3割程度に留まりそうです。

20210127-2.jpg

花粉の飛散量は、去年の夏の天候が大きく関係しています。
花粉のもととなる雄花は前年の夏に準備されますが、
夏の気温が高く、日照時間が長いほど、雄花が多くなり花粉の量は増えていきます。

ことしの花粉が少ないのは、この気温と日照時間に理由があるんです。

20210127-3.jpg

実際に、去年7月の北九州の平均気温と日照時間を調べてみると、
平均気温は25度で平年より1.4度も低く、
日照時間も93.1時間ということで、平年5割程度に留まりました。

こうした影響で雄花の量が減り、
ことしの花粉飛散量は例年より非常に少なくなりそうです。
ただ、さらに少なかった去年と比べると多くなるでしょう。

20210127-4.jpg

さて、この花粉のピークですが、スギ花粉は2月下旬~3月上旬ごろ、
ヒノキ花粉のピークは3月下旬~4月上旬ごろと予想されています。
スギ花粉は、このピークを前に、2月上旬には飛び始める見通しです。

毎年症状が出る方は、花粉が飛び始める前に、
医療機関に相談して予防として薬を服用するなど、早めの対策が効果的です。

あと1~2週間で花粉シーズンに入りますので、
花粉症の方は、早めの対策をなさってください。

このお声を、聞いたことない、とは言わせませんぜ。
声優・緒方賢一さん!!!!

20210125-1.jpg

今週金曜の「きたきゅーラジオ」に電話出演してくださいます!
田川市のご出身なんですよ。

え、どんなキャラクターでご出演かって?
ブログタイトルのとおり、
「阿笠博士(名探偵コナン)」、「デデデ大王(星のカービィ)」、
「キタキタおやじ(魔法陣グルグル)」に、「アナライザー(宇宙戦艦ヤマト)」…。
それから「獅子丸(忍者ハットリくん)」とか「お父さん(あたしンち)」でしょ、
個人的には、Eテレ「はなかっぱ」のおじいちゃん(はす次郎さん)として
毎朝のように見ています。

正直、代表作、ご出演作をあげはじめたらキリがないっす。
「麒麟がくる」、「とと姉ちゃん」でもご活躍。

そんな緒方さん、田川で、どんな少年期を過ごしたのか
そして、声優や俳優の道にどのように進んでいったのか
いろいろ、うかがいます。

みなさんも、緒方さんへの質問、メッセージもどしどしお寄せくださいね!

>>「きたきゅーラジオ」のページ

こんにちは。
アナウンサーの藤重博貴です。

20210121-1-1.jpg


家庭や地域での災害への備えをご紹介する「防災チェック」。
今回は【雪道での注意点】をお伝えします。

20210121-2-2.jpg

今月初めの大雪の影響で、福岡県によると、
県内では107人が転倒するなどしてけがをしました。
今後も雪の恐れがあります。

20210121-2-3.jpg

そこで、国などが注意を呼びかけている、
雪道で転倒しやすい場所を覚えておきましょう。

▼例えば、横断歩道。雪が踏み固められて路面がでこぼこし、転びやすくなっています。
特に白線の上は氷の膜ができやすいため、注意が必要です。

▼また、歩道橋は、上り下りの際、凍った雪で非常に滑りやすいです。
上りより下りの方が滑りやすいため注意をして下さい。

その他、
▼バスの乗降場所
▼車が出入りする歩道
▼駅の出入口なども、
人や車で雪が踏み固められていて、滑りやすい場所です。

歩く際は、滑り止めのある靴をはき、靴の裏をしっかり地面につけて歩幅は小さく。
また、手袋をつけ、ポケットからは手を出して下さい。

今後も、雪の降る可能性があります。
最新の気象情報をこまめに確認するようにしましょう。

こんにちは。
アナウンサーの藤重博貴です。

20210121-1-1.jpg

「ニュースブリッジ北九州」で、
毎月、家庭や地域での災害への備えをご紹介しているコーナー、「防災チェック」。

20210121-1-2.jpg

防災士でもある、私と廣瀬アナウンサー、
気象予報士の森本さんの3人を中心にお届けしています。

20210121-1-3.jpg

今回ご紹介するのは、
【ことし変わる新たな避難情報】です。
命を守るために欠かせない避難の情報が、ことし、大きく変更されるんです。

20210121-1-4.jpg

この図は、
現在の避難情報と、ことしからの新たな避難情報を比較した図です。
主に3つのポイントがあります。

まず現状では、
▼避難に時間のかかる高齢の方などが避難を始めるタイミングで、
「避難準備の情報」が出されています。
これが、ことしから、「高齢者等避難」という新たな名前に変わります。

次に、
▼災害のおそれが高まり、危険な場所にいる全員が避難を始めるタイミングで、
いまは「避難指示」や「避難勧告」が出されています。
しかし、「避難指示」と「避難勧告」、どちらで逃げればいいのかわかりにくいという課題がありました。

そこで、ことしから「避難勧告」という言葉はなくなり、「避難指示」に一本化されます。
これまで「避難勧告」が出ていたタイミングで「避難指示」が出されるため、
より早い避難を心掛ける必要があります。

また、避難指示までに避難を終える必要があるという意味で、
今後は、「避難指示」の上に紫の線が引かれます。

▼さらに、氾濫など、すでに災害が発生し、
命を守るための最善の行動をとる必要があるとき「災害発生情報」が出されています。

これが、「緊急安全確保」という名前に変わります。
命の危険が極めて高く、もはや安全に避難できない状況です。
今いる場所で少しでも高い場所に移動するか、崖から離れた部屋に移動するなど、
直ちに、身の安全を確保する必要があります。

今後は、
▼とにかく身を守るという意味の「緊急安全確保」、
▼危険な場所にいる全員が避難する「避難指示」、
▼高齢者などが避難する「高齢者等避難」と、
ことばを聞いただけでどんな行動をとるべきなのか、イメージしやすくなりました。

20210121-1-5.jpg
ただ、新たな避難情報は、すぐに適用されるわけではありません。

新たな避難情報が適用されるのは、ことしの出水期前からの予定です。
あと半年ほどは、これまでの避難情報が出されます。
ことしは途中で情報が変わるため混乱するかもしれませんが、
いずれせよ大切なのは「早めの避難」です。

20210121-1-6.jpg

その早めの避難のために役立つのが、「避難スイッチ」です。
「避難スイッチ」とは、避難を始める基準となる身近な出来事のことです。
例えば、身近な川や用水路の水位の上昇などを、
「避難スイッチ」としてふだんから注意しておくとします。
仮に雨で水位が大幅に上昇していたら、「危ないかもしれない」、と自ら気づき、
早めに避難を始めることができます。
ぜひ家族や近所で、何が「避難スイッチ」になり得るのか、話し合っておいて下さい。
今後はいっそう、早めの避難を心掛けましょう。

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。

きょうは二十四節気の1つ「大寒(だいかん)」です。
最低気温は八幡で-1度、
行橋市や飯塚市、添田町で-2.5度前後を観測し、冷え込みが強まりました。

この先も暦通りの寒さが続くのか、この先の気温の傾向などをお伝えします。

210120-1.jpg

まずは暦について、改めて見ていきましょう。
大寒は1年の中で最も寒さが厳しい頃とされています。

210120-2.jpg

いまは、寒中・寒の内にあたりますが、
小寒から節分までの寒の内で、ちょうど真ん中くらいにあるのが大寒です。
この大寒の頃に、1年の最低気温が観測されることも多くなっています。

210120-3.jpg

そんな大寒の時期にあたる1月下旬の平年の気温は、
北九州・筑豊地方の各地で、最高気温が8度台、
そして、最低気温は八幡で1.7度、行橋市や飯塚市、添田町では0度台となっています。

この頃の気温が年間で最も低くなるのですが、
ことしはこの時期を前に、すでに記録的な寒さを観測しています。

今シーズンの最低気温は、八幡で-3.2度、
行橋市や飯塚市で-4度台、添田町では-7.5度を観測しています。
添田町では観測史上最も低い気温です。
1月上旬に記録的低温や大雪をもたらした寒波の影響もあり、
今月中旬までの気温は、平年より1度から2度ほど低くなっている状況です。

そして暦通りに行くと、この先はさらに寒くなりそうですが、
ことしは大寒を境に気温の傾向ががらりと変わる見通しです。

210120-4.png

向こう1週間の天気と気温の予想を見ると、
この先は、最高気温が15度前後の日が多く、3月下旬並みとなるでしょう。
しばらく季節先取りの暖かさが続いていきそうです。

また、暖気とともに湿った空気も流れ込み、この先は雨の降る日が多くなる見通しです。
冬の乾いた空気を潤す恵みの雨となりそうです。

210120-5.jpg

そして、この高温傾向は1月下旬まで続く見込みです。

気象庁が発表した1か月予報では、
1月末まで平年より気温の高い状態が続き、3月並みという日も多くなりそうです。
高温に関する早期天候情報も発表されて、平年よりかなり気温が高くなるでしょう。

一方で、2月になると、また冬らしい寒さが戻る予想が出ています。
しばらく暖かいものの、このまま春へと向かうわけではなさそうです。

この先も気温の変化で体調を崩さないよう、十分お気をつけください。

みなさんこんにちは。
アナウンサーの 鈴木聡彦 です。

今年最初の きたきゅーラジオ に、
田川市出身の声優・俳優、緒方賢一さんのご出演が決まりました!

20210115-1.jpg

声優・緒方賢一さんといえば、アニメ「名探偵コナン」の
阿笠博士の声などでおなじみです。
また、俳優としては、NHKの 大河ドラマ・麒麟がくる や
西郷どん にも出演されました。

1月29日(金)午後0:20から放送の
きたきゅーラジオ では、
そんな緒方さんに、ふるさとである筑豊エリアの
思い出や、魅力を語っていただきます。

番組では、ゲストの緒方賢一さんへの
応援メッセージや、質問などをお待ちしています。
また、筑豊エリアをはじめとする
地元のココが好き! という
熱いメッセージもお寄せください!

進行役は、おなじみの 廣瀬雄大アナウンサー と
江崎裕子さん です。

どうぞお楽しみに!

oshiete.png

こんにちは、気象予報士の森本まりあです。
先週は北九州でも大雪となり、凍えるような寒さとなりました。
一方で、きょう以降は気温が上がり、
16日(土)にかけて3月並みの陽気が続く見込みです。

20210113-1.png

日ごとの寒暖差がかなり大きくなっていますが、
この時期は家の中でも、場所によってかなりの温度差が生じることがあります。
そこで発生のリスクが高まるのがヒートショックです。

20210113-2.jpg

ヒートショックとは、温度の急変が体に与えるショックのことで、
心臓に負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす恐れがあります。
お風呂場などで、気温の低い脱衣所と、
温かい湯舟との温度差などで起こりやすいとされています。

20210113-3.jpg

こちらの4900人という数字は、
令和元年の家及び居住施設の浴槽における高齢者の死亡者数です。

入浴中の事故は毎年多く発生しており、
平成20年の3384人と比べると、およそ10年で約1.5倍に増加しています。

20210113-4.jpg

さらに、月別に見ていくと、
1月に発生した事故が最も多く、続いて12月2月と、冬に多く発生していることがわかります。
冬季は家の中でも冷え込みや温度差が生じやすく、特に注意が必要な季節です。

ヒートショックというのは、
持病がない場合や、前兆がない場合でも起こる可能性があります。
安全に入浴するためにも、以下のようなポイントを心掛けてください。

20210113-5.jpg

まず、急激な寒暖差を防ぐため、入浴前に脱衣所や浴室を暖め、
湯温は41℃以下、湯につかる時間は10分以内を目安にしてください。

また、急に立ち上がると貧血を起こすおそれがあるため、
手すりや浴槽のへりを使って、ゆっくりと立ち上がるようにしてください。

さらに、血圧が下がっている食後すぐや飲酒後の入浴は避け、
万が一何かあったときのために、入浴前に家族に一声かけておくと安心です。

ヒートショックは誰でも起こる可能性があります。
事故を防ぐため、できる対策をぜひ心掛けてください。