ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

こんにちは。
アナウンサーの藤重博貴です。

 20210309-3-1.jpg

2月13日午後11時すぎ、
福島・宮城で最大震度6強を観測する地震が発生し、
広い範囲で停電が発生しました。
いざという時に慌てないため、夜中の停電対策についてお伝えします。

20210309-3-2.jpg

 寝る際は、懐中電灯とスリッパを枕元に置いて下さい。
停電時はまず明かりを確保することが大切です。
またスリッパをはくと、
地震で物が散乱したり割れたりしたとき、ケガを防止できます。

20210309-3-3.jpg

もうひとつ、「通電火災」に注意して下さい。
停電から復旧した時に電化製品や配線から発生する火災のことです。
▼停電中は電化製品の電源プラグをコンセントから抜きましょう。
▼電気が復旧した後に、電化製品やコードが損傷していないか、
燃えやすい物が近くにないかなどを十分に確かめましょう。
▼停電中に自宅等を離れる際は、ブレーカーを落としてください。
人がいない中で通電火災が発生すると被害が大きくなるおそれがあるためです。

ぜひ今のうちに、できる備えを行っておきましょう。

 

こんにちは。

アナウンサーの藤重博貴です。

20210309-2-1.jpg

家庭や地域での災害への備えをご紹介する「防災チェック」。
今回のテーマは「高潮ハザードマップ」です。

20210309-2-2.jpg

北九州市にお住まいの方で、最近、こちらの冊子を受け取ったという方、
いらっしゃるんじゃないでしょうか。
北九州市は、今年1月、初めて「高潮ハザードマップ」を作成し、
浸水が想定される地域におよそ23万部を作成して配布を進めています。
そこで、高潮の危険性や、今できる備えなどについて解説していきます。
まず高潮とはどのような災害なのか、確認しましょう。

20210309-2-3.jpg

高潮とは、台風や発達した低気圧の影響で、潮位が異常に高くなる現象です。
台風などで気圧が低下することで、
その分、海面が吸い上げられ、通常より潮位が高くなります。
満潮の時刻が重なると、いっそう水位は上昇します。

20210309-2-4.jpg

さらに、沖から陸に風が吹くと、
風にあおられて、海面がさらに上昇し、海水が堤防を越えて流れ込みます。

20210309-2-5.jpg

例えばこちら、平成11年に門司区白野江で発生した高潮です。
海水が護岸を超えて手前にあふれだしている様子が分かります。
実は、北九州市では、高潮により被害を受けると想定される範囲が広いんです。
津波による被害の想定範囲を超えると予想されています。

20210309-2-6.jpg

そこで、お住まいの地域が海や川から離れているから大丈夫だと思わず、
しっかり高潮ハザードマップを確認しましょう。

例えば、こちらは小倉北区のマップです。
北九州市の高潮ハザードマップは下のサイトから見ることができます。
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kiki-kanri/13801321.html

市内14の地域ごとに作成され、
浸水の深さは50cm未満から20m以上まで6段階で色分けされています。
浸水の恐れがあるのは、沿岸だけではありません。

20210309-2-7.jpg

内陸の、北九州メディアドームや市民球場のあたりまで
広い範囲が浸水すると想定されています。
このあたりは「薄い黄色」。50cmから3m未満の浸水が想定されています。

20210309-2-8.jpg

一方、北に進んだ旦過市場のあたりでは、「薄い赤色」ですよね。
これは3mから5m未満の浸水が予想されています。
5mというと、だいたい2階建ての建物の高さなので、
かなりの高さまで浸水するということになります。

20210309-2-9.jpg

そこで大切なのが避難です。
ハザードマップには避難所の一覧も表示されています。
ただ、2つの注意点があります。

1つめは、【ここに記載されている避難所すべてが使えるわけではない】という点です。
例えば三萩野の「黄金公民館」では、「高潮災害時利用不可」と書かれています。
高潮時は浸水するおそれがあり、避難することができません。
その場合、「利用不可」と書かれていない、
近くの市民センターや中学校などに行くようにしてください。

2つ目は、【浸水が始まる前に早めに避難する】という点です。
図で示した地域にある多くの避難所は、浸水想定範囲の中にあります。
こうした避難所に行く場合、あたりが浸水し始めてからの移動は大変危険です。
浸水が始まる前の、早めの避難が重要です。

20210309-2-10.jpg

実は、高潮は、早めに避難しやすい災害です。
高潮は、台風や発達した低気圧が近づくことで起こるため
事前に気象情報で発生を予測することができます。
早めに、避難する際の持ち物を用意するほか、
前もって、安全な場所にある親戚の家などに移動しておくことも考えられます。

20210309-2-11.jpg

ここで、北九州市周辺で高潮のおそれのある、
各自治体のハザードマップの作成状況もお伝えします。
▼作成済が、北九州市・岡垣町など。
▼今年度(令和2年度)中に完成予定が、行橋市・豊前市など。
▼作成を検討中が、芦屋町・遠賀町などとなっています。

北九州周辺では、広い範囲で高潮が想定されています。
すでにあるハザードマップや、今後発表されるハザードマップをぜひ確認して、
自分の住む場所は危険なのか、
避難するならどこに行くか、考えておいてください。

2021年03月09日 (火)

10年の時を思う

北九州局では、「東日本大震災 北九州の10年」と題したサイトを開設しました。

20210309-4-1.jpg

あの巨大な地震の時、みなさんはどこで何をしていましたか?
被災された方、遠くから心配されていた方、
10年という月日には、人それぞれ、いろいろな感じ方があると思います。

北九州・筑豊地方にも、震災で避難された方、移り住んだ方がいます。
救援や支援にあたった方もいます。
『ニュースブリッジ北九州』のなかで、本日9日から3日間、
そうした方々の10年の歩みや想いをご紹介していきます。

また、「東日本大震災 北九州の10年」のサイトでは、
北九州局の職員・スタッフがつづった手記も公開していきます。
震災の発生以降、NHKでは全国から、職員が被災地で業務にあたりました。
当時は学生で、ボランティア活動にあたっていた職員もいました。
それぞれが向き合った、あの時、そしてその後について、書いています。

「10年」ということに、それほど大きな意味はないのかもしれません。
日々の生活、復興の歩み、支援の想い、そうしたものは続いていきますから。
それでも、一度、立ち止まって考えてみたいと思ったのです。

私にとっても、震災は大きな出来事でした。
微力ながらも、防災の啓発を、仕事のひとつの軸にしていこうと思ったきっかけです。
(つたない手記にまとめました。)

ほかの人たちは、どんな思いで、10年を過ごしてきたのだろう。
それを知りたくて、この取り組みを提案したところ、
何人もの職員・スタッフが、思いをつづってくれました。
みなさんが、ふと、この10年を思う時の、きっかけになれば幸いです。

20210309-4-2.jpg

みなさんこんにちは。

アナウンサーの鈴木聡彦です。

きょうは、またまたうれしいご報告です。
今年度最後のきたきゅーラジオは、
メインゲストが、北九州市出身の俳優・野間口徹さんに決まりました!

20210309-1-1.jpg

野間口さんといえば、今年度は
NHKの連続テレビ小説・エール
物語にたびたび登場した、「喫茶バンブー」の店主・梶取保役で出演されました。
主人公の古山裕一を演じた窪田正孝さんや、
その妻、音を演じた二階堂ふみさんなどが、仲間とともに集まる
おなじみの場所というイメージがありましたよね。

3月18日(木)午後0:20から放送の
きたきゅーラジオでは、
そんな野間口さんとともに、ふるさと北九州市の魅力を
掘り下げます。乞うご期待!

みなさんからは、
野間口徹さんへの質問・メッセージなどをお待ちしています。
どしどしお寄せください。

さらに、今回の放送では、
春めく到津の森公園からの中継も予定しています。
リポーターは、この方!

20210309-1-2.jpg

山口県下関市出身で、
いま県内を拠点に活動する、
タレントの波田陽区さんです。

20210309-1-3.jpg

波田陽区さんといえば、
「ギター侍」としておなじみですよね。
どんなトークやハプニングが飛び出すのか、
番組を担当する私自身も、
正直、先が読めません…。

というわけで、いままで以上に
にぎやかにお送りすることになりそうな、
きたきゅーラジオ。
放送は、いつもの月末よりも早く、
3月18日(木)午後0:20からです。

くれぐれも、お聞き逃しなく、
どうぞよろしくお願いいたします!!

みなさんこんにちは!

アナウンサーの藤重博貴です。

 

毎月最終金曜日にラジオ第1(540kHz)でお届けしている「きたきゅーラジオ」。

2月もお聴きいただき、ありがとうございました。

 

1月からは、3か月連続で、筑豊・京築・北九州の順に、

その地域の特集をお届けしています。

今回は「京築」でした。

 

s-210305-1.jpg

ゲストは、築上町出身で、大河ドラマ「青天を衝け」を手掛けていらっしゃる、

脚本家の大森美香さん!

いまは23話から28話くらいを並行して書き進めているというお話でしたが、

本当にお忙しい中ご出演いただけたことに、スタッフ一同感謝しています。

 

幕末から明治にかけての日本人について、大森さんが、「国の行方を他人任せにするのではなく、1人1人が責任をもって、国を作り上げていこうという気概があった」と語っていたのが印象的でした。

幕末から令和へと移り、成熟したはずの日本社会が、真の大人になるために何が必要なのか。

大森さんが描く「若き日本」から、いま学ぶところが多いように思いました。

 

3月8日(月)正午まで、NHKのらじるらじるで

聞き逃し配信を行っています。ぜひ、お聞きください!

 

s-210305-2.jpg

そして、地域の旬の話題を伺う「好きっちゃリポート」は、

大森さんも訪れるという「道の駅 豊前おこしかけ」!

 

私も何度かお邪魔しています。

国道や高速道路からも近く、アクセス抜群。

私も以前、特産のゆずを使ったこしょうを買いました。

味噌汁に入れると、とっても風味が豊かになるんですよ~!

 

店長の楳澤弘樹さんによると、

この時期は「豊前海一粒かき」や、いちごの「あまおう」が並んでいるほか、

旬の菜花や新じゃがいもを使って、

地元の高校生がメニューを考案したお弁当もあるとのこと。

地域の食が詰まった「道の駅豊前おこしかけ」。

「京築にこんな旬の食べ物があったとは!」...なんて、新たな発見もあるかも?

みなさんもぜひ足を運んでみてください。

 

s-210305-3.jpg

また、「教えて!NHK」のコーナーは、春の新生活の時期を前に、

受信料のお手続きに関するご案内。

北九州局営業部の竹田有稀職員(写真中央)とお届けしました。

こちらのサイト で24時間お手続きができます。

 

最近はパソコンではなく、大画面で動画投稿サイトを見たいと、

大きなテレビを買う方もいらっしゃると聞きました。

テレビがインターネットにつながる時代、

「NHKプラス」を大画面で見ることもできますよね。

テレビを新たに買った際などは、ぜひお手続きをお願いします。

最後に、「なるほど防災」のコーナーでは、

ことし1月、北九州市が初めて作成した「高潮ハザードマップ」について特集しました。

 

s-210305-4.jpg

 

こちらは、平成11年に門司区白野江を襲った高潮です。

実は、北九州市や、今回ご紹介してきた京築では、

以前、高潮により、住宅の浸水や、農作物が収穫できなくなるなどの被害を受けています。

今後改めて、高潮への注意点をブログでお伝えする予定です。

 

s-210305-5.jpg

ちなみにこちらは、以前、豊前市の求菩提地区を取材したときの写真です。

沿岸部も良いですが、内陸にも美しい水の流れる渓流があり、素敵でした...。

新緑の季節にかけて、海は透き通った青に、山々は緑鮮やかに移っていくと思います。

まだまだ知られざる魅力いっぱいの「京築」。

番組を通して、少しでも京築の魅力を感じていただけたら嬉しいです。

2021年03月05日 (金)

春の天候と桜開花予想

oshiete_santa.png

気象予報士の森本まりあです。

3月に入り、だんだんと春めく季節になってきました。

20210303-1.jpg

こちらは先週末に出かけた門司港の様子です。

早咲きの河津桜や大島桜が綺麗に咲いていて、春の花々に気持ちも明るくなりました。

今回はこの冬の天候を振り返るとともに、

春の天候予想と、最新の桜開花予想をお伝えします。

まずは、この冬の雪日数から振り返って見てみましょう。

20210303-2.jpg

今冬は度々強い寒気が流れ込み、平年よりも雪の多い年となりました。

飯塚では1月の雪日数が平年の2倍にあたる14日となっていて、

特に強い寒波が襲来した110日には、最大積雪24センチと記録的な大雪になりました。

20210303-3.jpg

一方、1月下旬以降2月にかけては暖かい日が増え、気温が高くなっています。

北九州・筑豊地方の冬の平均気温は、平年+0.40.8度でトータルで見ると暖冬となりました。

季節の進みは早く、3月以降も気温の高い傾向が続く予想です。

20210303-4.jpg

長期予報から3月の天気傾向を見ると、

気温は平年より高く、降水量は平年並みか多い、日照時間は平年並みか少ない予想です。

この先は低気圧や湿った空気の影響を受けやすく、

一雨ごとに暖かくなり、季節が先へと進んでいきそうです。

20210303-5.jpg

また、4月から5月にかけても気温は平年並みか高く、

天気は高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見通しです。

4月は春爛漫、5月は汗ばむ陽気の日が増えてくるでしょう。

20210303-6.jpg

そして、春と言えば桜の開花です。

福岡は全国で最も早い314日の開花予想となっています。

来週の日曜日には、全国に先駆けて開花の発表があるかも知れません。

北九州では予想対象となっている福岡市の桜よりも23日遅く咲く傾向があります。

北九州も、あと2週間くらいで開花となりそうです。

ちなみに、福岡の満開予想は平年より10日早い322日で、

見頃は321日~28日頃となりそうです。

ことしの桜は3月いっぱいということになるかもしれません。

来たる春が楽しみですね!

2021年02月24日 (水)

スギ花粉がピークに

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
先日、赤塚キャスターがリポートをしていた、
小倉南区にある総合農事センターの梅を見に行ってきました!

20210224-1.jpg

写真は満開のしだれ梅です。
先週は青空とポカポカ陽気とで、いつまでも見ていられるくらい。

20210224-2.jpg

甘い香りと小さなお花に、とっても癒されました。

20210224-3.jpg

だんだん暖かくなるこの季節は、
花がほころび、鳥たちが鳴き、思わずワクワクしてしまいます。
ただ、この時期にピークを迎えてくるのがスギ花粉です。つらいですね…。
今回は花粉情報や今後の見通しをお伝えします。

20210224-4.jpg

今年は季節先取りの暖かさという日が多く、ピークは例年よりやや早いです。
スギ花粉は2月下旬にかけてということで今が最盛期となっています。

また、スギ花粉が終わる頃には、ヒノキ科の花粉が飛び始めます。
ヒノキ科の花粉のピークは3月中旬~4月上旬頃で、
あと1か月以上は花粉シーズンが続いていきそうです。

20210224-5.jpg

ただ、飛散量の予測を見ると、今年はほぼ全国的に例年より少ない予想です。
上の図は、例年と比べた花粉飛散量の予測になりますが、
九州は濃い緑色の表示で、例年よりも非常に少ない見通しとなっています。

とはいっても、花粉症の方は対策が必要です。
天気や時間帯によって花粉が多くなるタイミングがあるので見ていきましょう。

20210224-6.jpg

まず天気ですが、花粉が飛びやすいのは、
晴れて気温が高い日、雨上がりの晴れた日、そして乾燥して風が強い日です。

晴れて気温が高いと木が盛んに花粉を飛ばし、
雨上がりの晴れた日には、雨の日の分も花粉が飛ぶとされています。
さらに風が強い時ほど花粉は遠くまで飛び、特に山の方から風が吹く日ほど注意が必要です。

20210224-7.jpg

そして、時間帯によっても、花粉の飛びやすいタイミングがあります。
まず最初にやってくるピークが昼前後で、
朝、林や森で舞った花粉が昼前後に都市部に飛んできます。

さらに、夕暮れ時にも、もう1回ピークがあり、
気温が下がる夕方は、昼に空に舞っていた花粉が地上付近に落ちてきます。

コロナ対策で部屋の換気をすることも多いかと思いますが、
花粉がピークとなるタイミングを避けて行ったり、
カーテンをしたまま少しだけ窓を開けるようにするなど、対策を心掛けると良さそうです。

この先は曇りや雨の日が増えて、ここ数日よりは花粉の飛散が少なくなりそうですが、
日差しが少ないわりには気温の高い日が多く、スギ花粉は引き続き多く飛ぶ見通しです。
花粉症の方は対策をしてお過ごしください。

こんにちは。
アナウンサーの藤重博貴です。

いま、長引くコロナ禍で、全国で自殺者数が増えています。
警察庁によると、去年1年間に自殺した人は2万919人。
10年連続で減少していたものの、11年ぶりに増加しました。

20200222-1.jpg

そうした中、命を守る砦として、
悩みや不安を抱えた人の電話相談に応じているのが、「北九州いのちの電話」です。
相談が深刻化する一方で、現場では、十分対応できない事態に直面しています。
いったい何が起きているのでしょうか。

20200222-2.jpg

小倉北区にある「北九州いのちの電話」の事務局です。
ボランティアが交代で、24時間休みなく、相談を受け付けています。
一日に50件以上の相談が寄せられ、去年に比べ10件程度増えています。

20200222-3.jpg

事務局長の川尻正之さんです。
コロナ禍が長引くにつれ、相談内容がより深刻化しているといいます。

 話:川尻正之さん 
「第1波のときは、新型コロナが初めてのことで不安があって心配だ、
という声が多かったですけど、最近は特に厳しい経済の中でお金がないということで、
寝られないとか、どうしたらいいか分からないとか、
そういう厳しい生活というか、命に関わるような電話が多い」。

20200222-4.jpg

この冬に寄せられた声の一部です。
▽去年春の第1波で仕事を失い、失業保険が切れる今でも仕事が見つからない
▽失職して家族を養えず、離婚した
▽緊張した状態が続いて耐えられず、うつ病になった
日に日に暮らしが追い詰められる現状が明らかになりました。

20200222-5.jpg

こうした中、川尻さんたちは新たな課題に直面しています。
コロナ禍で相談態勢が十分に整わないのです。

▼相談員の多くは65歳以上の高齢者。
感染防止のため休んでいる人が少なくありません。

▼新たな、なり手も減っています。
例年15人程度の応募がある相談員のなり手が、去年は初めて10人を割り込みました。

20200222-6.jpg

人繰りが厳しく、1人だけで電話対応にあたる時間帯も増えているといいます。
事務局長の川尻さん自らも電話に出て、24時間態勢を何とか維持しようとしています。

 話:川尻正之さん 
「なかなかつながらないっていう電話が多いんですよ。
とってもつらくなるんですよね。
それも普通の電話じゃなくて本当に苦しくって大変な方もかかってくるんですけど、
そういうお断りが一番つらいところです」

20200222-7.jpg

悩みを抱えた人が相談を受けられる環境を少しでも整えたいと、
新たな取り組みも始まっています。

全国の「いのちの電話」が加盟する「日本いのちの電話連盟」は、
通話料無料のフリーダイヤルでの相談を毎日受け付けることにしました。
番号は0120-783-556です。
なやみ(783)、こころ(556)と覚えてください。

また、この番号に電話をすると、全国の事務所のどこかにつながる仕組みです。
これまでより、かかりやすいとしています。
午後4時から午後9時まで、毎日受け付けています。

20200222-8.jpg

改めて、相談先の電話番号をまとめてお伝えします。
▼「いのちの電話」フリーダイヤルは、0120-783-556
毎日午後4時から9時まで。

▼「北九州いのちの電話」は、093-653-4343
年中無休で24時間対応しています。

▼北九州市では子ども専用の相談電話もあります。
「子ども相談ホットライン」で、093-881-4152。 
24時間対応しています。

課題となっている相談員の確保について、
「北九州いのちの電話」では、ことし6月をめどに新たな募集をする予定です。
特に若い世代への応募を呼びかけたいということでした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~

 【取材後記】 
コロナ禍で、「つながらない…」という声が聞かれる「いのちの電話」。
その原因は何か、現場では何が起きているのか、知りたいと思い取材しました。
お伝えしたように、実際には、相談員のみなさんは、
命をつなぎとめようとギリギリの奮闘を続けていました。

事務局長の川尻さんは、
「十分に電話対応ができなかった日は、心配してニュースを注視する。
もしかして命を絶っているのではないかと…」と、
やりきれない思いを話して下さいました。
相談する側はもちろん、相談を受ける川尻さんたちにとっても、
さらなる支援体制の拡充が早急に求められると感じました。

みなさんこんにちは。
アナウンサーの 鈴木聡彦 です。

2月26日放送の きたきゅーラジオ に、
素敵なゲストの出演が決まりました。
築上町出身の脚本家、大森美香さんです!

20200218-1.jpg

大森美香さんといえば、放送が始まったばかりの
NHKの 大河ドラマ・青天を衝け の
脚本を担当されています。

2月26日(金)午後0:20から放送の
きたきゅーラジオ では、
そんな大森さんに、ふるさとである
京築エリアの思い出や、魅力とともに、
大河ドラマへ込めた思いを語っていただきます。

番組では、ゲストの大森美香さんへの
質問や応援メッセージ などをお待ちしています。
また、京築エリアをはじめとする
地元のココが好き! という
熱いメッセージもお寄せください!

進行役は、おなじみの 藤重博貴アナウンサー と
江崎裕子さん です。

今月も、どうぞお楽しみに!

2021年02月17日 (水)

冬型強まる 週末は暖か

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
きょうは冬型の気圧配置が強まり、雪や風が強まっています。
一方で、あさって以降はまた気温が上がり、春の陽気となりそうです。

まずは、あすにかけての予想から詳しく見ていきましょう。

20200217-1.png

北九州・筑豊地方では、あす昼頃にかけて断続的に雪が降る見込みです。
山沿いではきょう昼過ぎ以降、平地では今夜から雪の降り方に注意をしてください。

24時間予想降雪量は、
あす朝までに、山沿いで10センチ、平地で5センチ、
さらにあさって朝にかけて、山沿い・平地ともに1~5センチとなっています。

雪による視程障害や路面の凍結などにご注意ください。

20200217-2.png

また、あすまで厳しい寒さも続く見込みで、
八幡では、あす予想最低気温が0度、最高気温も3度止まりとなっています。

昼頃までは風がやや強く、
体感的には氷点下の寒さとなりそうですから、万全の防寒をなさってください。

20200217-3.png

さて、19日(金)以降はガラッと気温の傾向が変わっていきそうです。
上空の寒気と暖気の様子を見ると、
19日(金)には寒気が北へと退き、南から暖かい空気が流れ込んでくる予想です。

19日(金)以降は日ごとに気温が上がり、春の陽気となるでしょう。

20200217-4.png

八幡の予想気温を見ていくと、21日(日)~22日(月)にかけて、
気温は20度を超える見通しで、気象台からは高温に関する早期天候情報も出ています。

寒さの底はいったんあすまでで、
19日(金)以降は急激に暖かくなっていく見通しです。

寒暖差で体調を崩さないよう、十分お気をつけください。