ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

og-20210420.jpg

こんにちは、気象予報士の森本まりあです。
2年前から毎週更新しているブログ記事、きょうの投稿が100回目です!
いつも読んでくださる皆様、本当にありがとうございます。

今回は、いつもと趣向を変えて、
ニュースブリッジ北九州の天気予報の裏側をちょこっとお伝えします。

20210420-1.jpg

こちらは、毎日の天気を把握するために行っている天気図解析の様子です。
3色の色鉛筆をお供に、注意が必要な気象現象はないかを探します。

上のくじらは、ただの落書きのように見えますが、
実は「くじらの尾形」と呼ばれる猛暑になりやすい気圧配置です。

20210420-2.jpg

他にも、衛星画像やコンピューターの予想など、見る資料は様々です。
あすのポイントや、どんな流れで解説するか、
伝わり方をイメージしながら、その日お伝えする内容を考えています。

20210420-3.jpg

伝えたい内容が決まったら、放送で出す画面の作成に取りかかります。
画面のイメージをイラストや文字で書いて、それを元に画面を作って貰っています。
上の写真は、画面のイメージイラスト作成中の一コマです。

「教えて!まりあの暮らしと天気」のコーナーは、
天気予報の他にネタをたくさん盛り込むことが多く、
構成を考えたり画面を考えたりするのに、かなり時間をかけています。

20210420-4.jpg

使っているネタ帳は今3冊目、
少しでも楽しんで見て頂けたら嬉しいなと日々勉強中です。

番組でお天気予報をお伝えしているのはたった数分ですが、
その前に天気図を解析したり、
喋ることを考えたり、画面を用意したり、
ネタを探したり、取材に出たり、本番前にリハーサルをしたり、、、
天気予報は意外と地道な作業の繰り返しで出来ています。

20210420-5.jpg

放送中はとても緊張しますが、
穏やかな時は笑顔で、荒天時は冷静にお伝えできるよう心掛けています。

これからも、より身近でより分かりやすい気象情報を
お伝え出来るよう精進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

2021年04月14日 (水)

梅雨・夏の天候は?

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
桜の季節が終わり、今は色鮮やかな若葉が綺麗ですね。
今回は長期予報をもとに、夏にかけての天気の傾向を紹介します。

20210414-1.jpg

まず、この夏(6~8月)のポイントとなるのが、
「夏は厳しい暑さ 梅雨は雨が多い」ということです。

気温は平年並みか高く、降水量は平年並みか多い予想で、
猛暑や梅雨時の大雨に警戒が必要です。

20210414-2.jpg

高温傾向のベースにあるのは地球温暖化です。
近年は夏の高温傾向が続いており、
九州北部の夏の平均気温平年差は、過去5年平年並みか高くなっています。
特に2018年は久留米で39.5度を観測するなど記録的高温となりました。

ことしも平年より気温が高くなる可能性があり、猛暑に注意が必要です。

20210414-3.png

また、夏にかけての天候に大きく関係するのが太平洋高気圧です。
ことしは例年よりも西側に張り出す予想となっていて、
高気圧の縁を回るようにして暖かく湿った空気が流れ込みやすくなります。
梅雨時は前線が刺激され、大雨が起こりやすくなりそうです。

20210414-4.jpg

さらに、長期の予報に大きく影響するのが、
世界的な規模で発生するエルニーニョ現象やラニーニャ現象です。

去年の夏からはラニーニャ現象が発生しています。
日本付近では冬に寒気が流れ込みやすくなるのが特徴ですが、
この冬は県内にも何度か強い寒波が襲来し、筑豊地方を中心に記録的な大雪となりました。

ただ、このラニーニャ現象もこの春に終息する見通しで、
夏には平常な状態へと戻りそうです。

20210414-5.jpg

長期予報では台風の予測は行っておらず、
ラニーニャ現象が終息した年は必ずこうなるという傾向も出ていません。

ただ、調べてみると、
ラニーニャ現象が春に終息した年に、
台風が大きな爪痕を残したケースもありました。
例えば2018年の台風21号は、25年ぶりに非常に強い勢力で上陸した台風で、
近畿地方に大きな被害をもたらしました。
関西空港の水没や閉鎖のニュースは、覚えている方も多いのではないでしょうか?

去年は幸いにして台風の上陸はありませんでしたが、
2年連続で上陸なしというのは、これまでありません。
ことしは去年以上に台風に注意・警戒が必要となりそうです。

こんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

20210408-1.jpg

4月、春らんまんですね~。
小倉城の桜や、勝山公園の花が咲き誇り、本当にいい季節です。
こうした中、「ニュースブリッジ北九州」も心機一転!

20210408-2.jpg

セットが変わったんです。

左側には、関門海峡や番組ロゴをイメージした青い波、
右側には、北九州伝統の織物・小倉織の柄、
さらに、鉄の街ということで、溶鉱炉の窓をイメージした複数の丸窓と、
北九州らしさが満開!
地面も、あたたかみのある木の柄などがあしらわれ、カラフルになりました。

先日、新セットも使い、番組をご紹介する動画のロケを行いました。

20210408-3.jpg

私と緒方キャスターは、北九州のシンボル、関門海峡で撮影。

20210408-4.jpg

その後5人そろって、勝山公園で撮影しました!

20210408-5.jpg

撮影中、赤塚キャスターがなんと四つ葉のクローバーを見つけました…
人生で初めて四つ葉が生えているのを見ました…まさに「発見!小さな幸せ」です。。

※新年度もお便り募集中!
https://www4.nhk.or.jp/P2877/26/

20210408-6.jpg

せっかくなので、四つ葉を発見した記念写真を撮りました!(鈴木アナはロケの真っ最中!)

撮影した映像は、これからどんどん流れる予定です。ぜひご覧ください^^

さらに、新年度はNHK北九州開局90年を記念し、様々な特別企画をお送りします。

まず、4月から新コーナーが始まります。
その名も…「ぐるっと」!

毎月1週間をキャンペーンとして、
北九州・遠賀・筑豊・京築から1つの地域を選び、その地域に特化した話題をお届けします。

第一弾は4月19日(月)からの5日間。特集する地域は、「筑豊」です。

▼月曜日は【ふるさと産地 味自慢!】。
地域の旬の食材をお伝えする企画です。夕飯時にはたまりません!

▼火曜日は【コロナ時代の私たち】。
昨年度からお伝えしているコーナーですが、
「ぐるっと」では、毎月、ある地域に特化し、その地域でのコロナ禍の営みを見つめます。

▼水曜日は【わたしの筑豊】。
NHK北九州に残されている過去の映像を使用しながら、
当時を知る地元の人などを通して、
時代の移り変わり、あるいは変わらないものを描きます。
その月ごとに、1つの地域を特集します。今回は、わたしの「筑豊」です。

▼木曜日は【特集】。
毎週木曜日にお届けしているコーナーですが、
「ぐるっと」では、テーマとなる地域に特化し、いっそう詳しくお伝えします。

▼金曜日は【中継】。
その地域の旬の話題を、生中継でお届けします。

20210408-7.jpg

このように、新年度は、いっそう北九州・遠賀・筑豊・京築に向き合う番組作りに取り組みます。
「ニュースブリッジ北九州」、これからもよろしくお願いします!

 

2021年04月07日 (水)

寒暖差や紫外線に注意!

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
今週は穏やかな陽気で、日中は春のポカポカ陽気ですね。

良く晴れる日は1日の寒暖差が大きく、紫外線にも要注意です。
今回は、今の時期に気を付けたい寒暖差や紫外線についてお伝えします。

20210407-1.jpg

まずは、あす8日(木)の寒暖差です。
あすも広く晴れる見込みで、穏やかに晴れた風の弱い夜は、
地表の熱が奪われる放射冷却現象が強まります。
朝は冷え込みが強まり、日中はたっぷりの日ざしで暖かくなるでしょう。

20210407-2.jpg

1日の寒暖差は、内陸の飯塚市や田川市で15度くらいの見通しです。
体感的には服装3枚分くらい変わる見込みで、服装選びや体調管理に注意が必要です。

20210407-3.jpg

また、寒暖差が大きくなるのはこの時期の特徴でもあります。
年間を通しての平年の最高気温・最低気温の差をグラフにすると、
4月の気温差が最も大きいことが分かり、その差は平均で9.4度となっています。

耳鼻咽喉科、アレルギー科の専門医によると、
7度以上の気温差があると、人によっては
鼻水や鼻づまり、くしゃみと言った症状が出ることがあるそうです。

対策には、冷たい空気を吸い込むのを防ぐためにマスクをしたり、
マフラーやスカーフなどで首元を温めたりするなど、体を冷やさないことが大切です。

また、バランスのとれた食生活や十分な睡眠、
適度な運動を心掛け、ストレスをためないようにすることも対策につながります。

新学期や新生活のスタートで環境が大きく変わった方もいらっしゃると思いますが、
なるべく規則正しい生活を心がけて、体調を崩さないようお気をつけください。

20210407-4.jpg

そしてもう1つ、この時期に対策を始めたいのが紫外線です。
上の図は、福岡の月別の紫外線量を表したものです。
4月は残暑が厳しい9月と同じくらいの強さの紫外線が降り注いでいています。
冬と同じようなケアをしていると、肌にダメージを与えてしまうため注意が必要です。

20210407-5.jpg

紫外線が気になる方は、ぜひ4月から対策を始めましょう。
日傘や帽子を活用したり、日焼け止めを塗り始めたりするのも良いでしょう。

ちなみに、日焼け止めは未開封なら3年使用することができ、
半年ぶりの使用でも、分離や沈殿、変色が無ければ使う事ができます。
開封したらなるべく早めに、目安としては1年以内の使用がオススメです。

穏やかな晴天が続きますが、寒暖差や紫外線対策はしっかりとしていきましょう。

20210121-1-1.jpg

3月の「防災チェック」は、「障害のある人の避難」を考えました。

障害のある人も、災害に対して、自ら備える意識が必要だ、と語るのは
北九州市障害福祉団体連絡協議会の会長・林芳江さんです。

20210402-1.jpg

脳性麻痺で、ふだん電動車いすを利用しています。

この日は、林さんが代表を務める、NPO法人が運営する施設で避難訓練。
施設の一帯は、近くの河川が氾濫すると3m以上の浸水が想定されています。

20210402-2.jpg

林さんは、雨の時に滑りやすい階段など、
避難経路の危険個所を確認しながら移動していました。

さらに、被災した時の状況を具体的にイメージする取り組みも。

20210402-3.jpg

林さんが考案した「災害時に身をまもるおぼえがき」。
地震や水害の際に慌てないよう、行動を具体的に記しておくのです。

林さんは、3年前の西日本豪雨の際、避難の難しさに直面しました。
マンション1階の自宅で、玄関付近まで冠水して、
自力では部屋から出られなくなってしまったのです。

その経験から、

20210402-4.jpg

避難のタイミングを逃さないように、防災情報により早くから注意するようにしたり、
緊急時には抱えてもらえるよう、軽い、手動の車いすを使って避難したりすることなど、
自身の備えを再確認しました。

20210402-5.jpg

林さんは、「災害時のことを可能な範囲で、自分たちで話しあってきめておくことが大事」と話していました。

さらに、林さんが頼りにするのは、周囲の助け。
ふだんから、地域住民とのつながりを作っておこうと意識しています。
地域の役員を務めたり、避難訓練などの行事に積極的に参加したり。

20210402-6.jpg

自治会長の滝水莞爾さんも、日常的なつながりが災害時の助け合いにつながると考えています。

災害時に取り残される人がないよう助け合うために、
障害のある人もない人もかかわりを持つ意識が大切だという、林さん。
「障害があることを知らせると、偏見を持たれるほうが怖いという方の割合が、まだ高いのかなと思います。
本当に身近な話題からコミュニケーションとってみると、
少しずつ顔見知りになっていけると思います。」と話していました。


障害のある人など、避難で支援が必要な人を地域で支える仕組みが
「避難行動要支援者名簿」です。

20210402-7.jpg

名簿の作成には「住む場所や障害の程度」などの条件がある場合がありますが、
これを満たさなくても、自ら手をあげて名簿に含めることもできます。
北九州市では、各区役所の総務企画課に相談をしてほしいということです。

また、北九州市では、障害のある人の支援のポイントをまとめた
「災害時障害者サポートマニュアル」も5年前に制作しました。

北九州市障害福祉団体連絡協議会も制作に協力し、当事者の声も反映したものです。
市の障害福祉企画課のHPで見ることができます。

災害時に、みんなで助け合うために、ポイントを知っておきたいですね。

2021年03月31日 (水)

桜満開の白野江植物公園へ!

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
3月もきょうで最後、通勤途中に見る桜もこぼれ桜となっていて、
季節の進みはあっという間だなと感じます。

4月からもニュースブリッジ北九州で
より充実した天気予報をお伝え出来るよう頑張りますので、
みなさま、どうぞよろしくお願い致します!


さて、3月ラストの暮らしと天気では、
白野江植物公園で満開を迎えた桜をリポートしました。
春爛漫でパワーを貰ったロケでした!ブログでは写真でご紹介します。

20210331-1.jpg

白野江植物公園は、63種類およそ800本の桜が植えられている桜の名所です。
ことしは例年よりやや早い咲き始めで、見頃の時期も早くなっています。

20210331-2.jpg

園内で一番多く植えられているのがソメイヨシノです。
今が満開となっていて、今週いっぱいが見頃だそうです。

20210331-3.jpg

こちらは紅豊(ベニユタカ)です。
八重咲で赤い大振りの花が美しいですよね。

20210331-4.jpg

同じく八重咲のこちらは白妙(シロタエ)です。
つぼみの時は薄いピンク色ですが、開花すると真っ白な花を咲かせます。

20210331-5.jpg

一方、まだつぼみが多く、これから見頃を迎えるのが鬱金(ウコン)です。
あと1週間ほどで満開となり、10日前後楽しめます。

20210331-6.jpg

そして、ここでしか見られないのが「白野江のサトザクラ」です。
幅はおよそ8.5m、樹齢は400~500年と言われています。
県の天然記念物に指定されている珍しい桜です。

こちらは今が満開で、あと2~3日楽しむことが出来るそうです。

20210331-7.jpg

公園の管理をしている中嶋さんによると、
白野江植物公園では、ソメイヨシノが終わった後に八重桜が咲き始め、
4月下旬まで様々な桜を楽しめるそうです。

コロナ対策をしたうえで、ぜひ散策を楽しんでみてください。

2021年03月24日 (水)

桜咲き進む暖かさ

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
春の暖かさが続き、北九州でも順調に桜が咲き進んでいます。
皆さんは、ことしの桜をご覧になりましたか?

20200324-1.jpg

今回は最新の桜情報と、この先の天気や気温の傾向をお伝えします。
まずは、全国の開花状況から見ていきましょう。

20200324-2.png

先週から今週にかけて、東日本や西日本で続々と開花の発表があり、
桜の開花前線は、現在関東まで北上しています。

福岡は開花から10日以上たち、早くも満開です。

20200324-3.jpg

福岡管区気象台の桜は3月22日に満開を迎え、平年より10日早くなりました。
ことしは開花・満開ともに、1953年の統計開始以来最も早くなっています。

県内は、いまが見頃という所も多く、満開の桜の写真も頂きました。

20200324-4.jpg

こちらは、英彦山の中腹付近にある守静坊のしだれ桜です。
江戸時代に、英彦山の山伏が京都の祇園から持ち帰ったと言われ、樹齢はおよそ200年です。
春の暖かさが影響し、ことしは去年より10日ほど早い満開となりました。

20200324-5.jpg

また、北九州市の標本木がある小倉城の桜も順調に咲き進んでいます。
小倉城を囲むように、約150本の桜が植えられ、きょうの時点で7分咲きです。

20200324-6.jpg

また、ソメイヨシノはまだ咲き始めですが、
他の品種が見頃を迎えているのが、門司区の白野江植物公園です。
上の写真は、大振りの花と鮮やかなピンク色が美しい「陽光」です。

20200324-7.jpg

白い花と赤い新芽のコントラストが美しい「佐野桜」も、いまが見頃です。
白野江植物公園では、いまおよそ10品種の桜を楽しむことができます。

20200324-8.png

この先も暖かい日が続き、広い範囲で今週が見頃のピークとなりそうです。
ほかより開花が遅い白野江植物公園のソメイヨシノは、来週がピークでしょう。

季節は足早に進んでいきそうです。ことしの桜は早めにお楽しみください。

みなさんこんにちは。
アナウンサーの 鈴木聡彦 です。
3月18日の「きたきゅーラジオ」は、
実ににぎやかな放送になりました!

20210309-1-1.jpg

電話ゲストは、俳優・野間口徹さん。
連続テレビ小説「エール」 で、主人公やヒロインがたびたび訪れる
「喫茶バンブー」の店主を演じたときのお話や、
ふるさとである、北九州市・八幡西区への
愛情たっぷりのお話を伺いました。


20210322-2.jpg

さらに、今回は初めての試みとして、
「ギター侍」こと、タレントの波田陽区さんが、
北九州市・小倉北区の「到津の森公園」から、生中継!
動物たちが思い通りに反応してくれないハプニングも
ありましたが、とても楽しい時間になりました。


20210322-3.jpg

スタジオでは、 江崎裕子さん と、
おなじみのマスク姿で番組を進行しました。

聞き逃してしまった、とか
放送エリア外だった、というみなさんは
ぜひ、らじるらじるの 聴き逃しサービス を
チェックしてみてください。
3月26日(金)の正午まで配信しています。

番組では、引き続き メッセージや質問を募集中 です。
ツイッターの場合は、「#きたきゅーラジオ」とつけて投稿してください。
FAXは、093-583-0735
郵便の場合は、〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係まで
どしどしお寄せください。

また、 ニュースブリッジ北九州 との共同投稿企画、
発見!小さな幸せ でも、動画や写真の投稿をお待ちしています!

新年度も、「きたきゅーラジオ」を
どうぞごひいきに!

 

oshiete.pngのサムネイル画像

気象予報士の森本まりあです。
きのうは北九州市で桜の開花発表がありました。
去年よりも7日早い開花で、例年と比べても早い開花です。

20210317-1.jpg

今回は見ごろの予想などを詳しくお伝えします。
まずは開花日について、改めて見ていきましょう。

20210317-2.jpg

こちらは、北九州市が独自観測を始めた、2019年からの開花日をまとめたものです。
2019年は3月24日で、2020年は3月23日となっていますが、
ことしは、去年・おととしより約1週間早い3月16日となりました。

近くの下関でも同じく3月16日の開花で、平年より11日も早い開花です。

20210317-3.jpg

さらに、1953年から観測が続いている
福岡管区気象台の桜も、記録的に早い開花となっています。

これまで最も早い開花は2009年と2013年の3月13日でしたが、
今年は先週3月12日に開花し、観測史上最も早い開花となりました。

各地でこれだけ開花が早まったのは、冬から春の気温が大きく関係しています。

20210317-4.jpg

桜の開花には、冬の寒さと春の暖かさが重要になりますが、
この冬は強い寒波が何度か襲来したことで、
桜が目覚めて活動を始める「休眠打破」がしっかりと行われ、
2月以降の記録的な高温が桜の成長を後押ししました。

20210317-5.jpg

こちらは2月~3月半ばの最高気温のグラフになりますが、
点線で表している平年よりも高い日が多くなっていて、
2月の北九州の平均気温は、観測史上最も高くなりました。

こうした暖かさで桜のつぼみがほころび、記録的な早咲きとなったんです。
高温傾向はこの先も続く予想で、満開日も例年より早くなりそうです。

20210317-6.jpg

こちらは、民間の気象会社ウェザーマップの予想を元に作った、
福岡の桜の開花状況をカレンダーにしたものです。

今週末には、桜が五分咲きとなりそうで、
来週の月曜日には福岡管区気象台の標本木が満開を迎えるでしょう。
見頃のピークは3月下旬となりそうで、4月に入る頃には花ふぶきに変わる見込みです。

ことしの桜は見ごろの時期も例年より早くなります。
しっかりとコロナ対策をしたうえで、桜を楽しんでみてください。

2021年03月10日 (水)

乾燥・強風 火災に注意

og_kuraten_2020.jpg

気象予報士の森本まりあです。
先週も火事のニュースがありましたが、春は、乾燥や強風により火災が増える時期です。
今回は火災の発生状況や注意点などをお伝えします。

20210310-1.jpg

まずは、令和元年の北九州の月別の火災発生件数です。
最も火災の発生が多かったのは12月ですが、
次いで多いのが5月、3月で、春の時期には合わせて67件の火災が発生しています。

全国で見ても、春の火災発生件数が最も多く、今の時期は火災に一層の注意が必要です。
その原因の1つは、この時期の天気傾向にあります。

20210310-2.jpg

こちらは、去年の飯塚の月別最小湿度をグラフにしたものです。
見ていただくとわかるように春にグッと低くなっていて、4月と5月は10%台を観測しました。
移動性高気圧に覆われやすいことで、空気が乾燥しやすくなるのが理由です。

20210310-3.jpg

さらに、風が強まるのも、いまの時期です。
グラフは飯塚で風速10m/s以上の強風が吹いた日数を月別にまとめたものですが、
冬から春先に数字が高くなっていることが分かります。

20210310-4.jpg
 
空気の乾燥と強風が重なると、発生した火災は燃え広がりやすくなります。
先月栃木県で発生した山火事も、乾燥と強風が重なったことで、
100ヘクタール以上の山林が焼ける大きな被害となりました。

20210310-5.jpg
 
山火事というのは、特にいまの時期、
春に集中的に起こりやすい傾向があります。

上のグラフは令和元年までの5年の山火事件数を平均したものですが、
3~5月は平均でも毎月200件以上の火災が発生していて、
年間を通して見ると、この時期の火災が半数以上を占めていることが分かります。
 
20210310-6.jpg

春の山火事は、乾燥や強風といった要因に加えて、
行楽や山菜取りのため山に入る人が増加したり、
農作業による枯れ草焼きなどが山林に飛び火したりして起こることがあります。

去年発生した平尾台の火災も、野焼き中の飛び火が原因とされています。
また、たき火による火災も非常に多く発生していて、
火事の原因のほとんどは、人の不注意によるものです。

20210310-7.jpg
 
山火事を防ぐため、
枯れ草があるなど火災が起こりやすい場所や、強風・乾燥時にたき火をしないこと、
たき火をする場合はそばを離れず、終わったら完全に消火すること、
たばこは指定された場所で喫煙をするなど、火の取り扱いに十分注意をするようにしてください。