ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
3月に入り、福岡ではウグイスの初鳴きが観測されました。
早咲きの桜も咲き、春らしさを感じます。

さて、今回のテーマは春の空気の乾燥ですが、
その前にこの冬の天候を振り返って見ていきましょう。

この冬は、東日本や西日本で記録的な暖冬となりました。
九州北部もかなり気温が高く、県内で冬の気温の統計を取っている福岡市と飯塚市の気温は、
以下のようになっています。

200305-1.jpg

いずれも統計開始以来最も高く、福岡市では、130年近く続いている観測の中で
最も高い記録的な暖冬となりました。
3月にかけても、この気温の高い傾向は続く見通しです。

200305-2.jpg

一方で、3月は「空気が乾燥する季節」にもなってきます。
飯塚市の去年の月別の最小湿度を見ていきましょう。

200305-3.jpg

春は1年で湿度が最も低く、3~5月は10%台となっています。
天候によっては湿度が一桁まで下がることもあり、空気が乾燥しやすいです。

200305-4.jpg

というのも、春は大陸から乾いた空気を持った高気圧が日本付近によくやってくるからです。
こうした移動性高気圧に覆われると、日本付近は晴れて気温が上がり、湿度が低くなります。

200305-5.jpg

こうした中で注意が必要なのが「火事」です。
春は空気の乾燥に加え、強い風も吹きやすい季節です。
つまり、発生した火災が燃え広がりやすくなってしまいます。

200305-6.jpg

こちらは、全国の火災発生件数のデータをまとめたものです。
消防庁によると、平成30年は、1年の中で3月が最も火災発生件数が多くなりました。
3月に火事が最も多いというのは、4年連続のこととなります。

200305-7.jpg

また、北九州市内の去年の火災発生件数も見ていくと、
最も多かったのは12月ですが、3月も年間で3番目に火災の発生が多くなっています。
3月は火災に注意が必要な時期と言えそうです。

200305-8.jpg

そこで、今週3月1日から3月7日にかけては、全国で「春の火災予防運動」が行われています。
標語は「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」です。

200305-9.jpg

出火の原因は、たばこやコンロが多いそうですから、寝たばこはせず、
ガスコンロや仏壇のろうそく、ストーブなどの火は、消したことを必ず確認してから
そばを離れるようにしてください。

「ひとつずつ いいね!で確認」ということで、火の取り扱いには十分お気をつけください。

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
22日(土)には春一番が吹いたと発表があり、
25日(火)は20℃を超える地点が出てくるなど、春らしさを感じる日が増えてきました。

200227-1.jpg

今回は、今年の桜の開花予想について書いていこうと思います。
まずは全国の開花予想から見ていきましょう。

200227-2.jpg

こちらは民間の気象会社、ウェザーマップが発表した「さくら開花前線」の予想です。
今年の桜は平年より大幅に早く咲く見通しで、記録的に早くなる所もありそうです。
福岡の開花予想は3月15日で、平年より1週間くらい早くなるでしょう。

200227-3.jpg

九州各地は例年ですと、ほぼ同じくらいの時期に開花となりますが、
今年は北部の方が1週間くらい早く咲く予想となっています。
というのも、桜の開花には「冬の寒さ」が必要なため、
暖冬の影響を大きく受けた九州南部の地域ほど、桜の成長が鈍くなっていると考えられるからです。

開花の仕組みで詳しく見ていきましょう。

200227-4.jpg

まず夏には花芽の形成といって、気温の高いこの時期に翌年に咲く花の芽が成長を始めます。
そして、秋になって次第に気温が下がってくると、その桜の芽は一旦休眠に入ります。

その桜を目覚めさせるのが冬の寒さです。
「休眠打破」といって、厳しい寒さをきっかけに桜が再び活動を始めるようになります。

そして、春に向けて気温が上がっていくと、つぼみの成長が進んで、一気に開花となります。

200227-5.jpg

寒さが十分でないと、この「休眠打破」が鈍くなります。
今年は九州南部など、温暖な地域ほど暖冬の影響を大きく受けることになりそうで、
桜の目覚めが悪く、花芽の成長も鈍くなっています。

200227-6.jpg

改めて福岡の予想を見ていくと、開花は3月15日で平年より一週間早くなりそうです。
福岡も暖冬の影響で休眠打破は多少鈍くなっていますが、それ以上に春先が暖かいということで、
桜のつぼみが一気に成長していくと見られているからです。

そして、満開の予想は3月27日です。
五分咲きを迎える3月25日ごろから、4月2日ごろにかけて見頃が続くと予想されています。

さて、こうした桜の開花発表は、各地の気象台にある「標本木」が基準となっています。
福岡の標本木は福岡市内の気象台にあり、気象台が開花発表を行っています。
一方で、北九州市では去年から、独自の標本木を決めて市が開花発表を行っています。

200227-7.jpg

北九州市の標本木は、小倉城の敷地内にある樹齢およそ35年の桜の木です。
市の職員が目で見て確認し、去年は3月24日に開花となりました。
今年はそれよりも早まるのではということで、3月の第2週目あたりから観察を始めるそうです。

予想ですと、あと2週間余りで開花ですから、今年はお花見シーズンも早くやってきそうです。
桜の季節が楽しみですね!

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
17日(月)は福岡でも初雪となりましたね。
私は雪が気になって夜中に何度も目が覚めてしまい、そのたびに窓の外を確認しました。

200220-1.jpg

18日(火)も真冬のような寒さが続いていましたが、
19日(水)以降は、日差しに春の暖かさを感じられるような陽気です。
まるで、冬と春を行ったり来たりの天気となっていますが、
今回はこの先の天気の移り変わりと、「春一番」についてお伝えします。

200220-2.jpg

まずは、九州の初雪から振り返ってみましょう。
17日(月)は九州各地で雪が降り、福岡以外にも、大分・熊本・長崎・宮崎で初雪となりました。
そして18日(火)の未明には鹿児島でも初雪が観測されています。

200220-3.jpg

このうち、福岡は明治24年の統計開始以来、最も遅い初雪で、
これまでに最も遅かった明治42年2月6日の記録を111年ぶりに更新する遅さとなりました。

200220-4.jpg

この先の気温の予想を見ていくと、雪が降るような寒さはなさそうですが、
気温の変化は大きくなりそうです。

21(金)予想最高気温は17℃と4月並みですが、23日(日)は12℃で冬の寒さです。
ただ、その後は再び気温が上がり、25日(火)は20℃が予想されています。
三寒四温という感じで、気温の変化を繰り返しながら春へと向かっていきそうです。

そして、気温の変化が大きいということは、天気も周期的に変わるということです。
こうしたタイミングで吹く可能性があるのが「春一番」です。

200220-5.jpg

春一番とは、季節が冬から春に移り変わる時に最初に吹く、強い南風のことを言います。
春一番には様々な条件があるのですが、九州北部ではまだ発表がありません。
では、その条件を見ていきましょう。

200220-6.jpg

期間は立春から春分までで、日本海に低気圧があることが条件です。
さらに、東南東から西南西の風が7メートル以上吹いて、
前日より気温が高くなることが必要となります。
これらの条件を満たす必要があるため、過去には春一番の発表がない年もありました。

200220-7.jpg

春一番というと、春らしい暖かさをイメージするかもしれませんが、
実は注意が必要なものとなります。
というのも、春一番は発達した低気圧によってもたらされますから、
強風が吹くおそれがあり、前線が通過するタイミングで雨が強まることもあります。
また、春一番の後は寒の戻りで寒くなることも多いです。

この先は、天気や気温の変化を繰り返しながら、春へと向かっていきます。
寒暖差も大きくなりそうですから、体調管理には十分お気をつけください。

こんにちは。キャスターの赤塚安莉です。

2月14日はバレンタインデーですね!
ということで!14日のニュースブリッジ北九州では、
恋人たちでにぎわう皿倉山のようすを中継でお伝えします♪

200214-1.jpg

(皿倉山から見える工場夜景)

新日本三大夜景に選ばれた皿倉山では
今、「バレンタイン大作戦」というイベントが行われています。
カップルで行くとケーブルカーの料金が割引になったり、
お星さまのような金平糖がもらえたり(限定100個)…と
バレンタインならではのサービスが受けられるんです。
詳しい内容は14日の中継でたっぷりお届けします!

200214-2.jpg

(赤塚がリポーターです!)

当日の天気予報は今のところ雨となっています…
皿倉山へ来られる方は足元に気を付けてお越しください。
こちらのイベントは午後10時まで行われていますが、
ケーブルカーの上りの最終は午後9時20分になっていますので、お早めに!

恋人同士だけでなく、夫婦、友人、家族…
みなさんで遊びに来ていただけると嬉しいです♡

お問い合わせは
皿倉登山鉄道株式会社 ☏(093)971-4761まで。

200214-3.jpg

(ハートポーズに照れる三奈さん♡)

今回は、ニュースブリッジ北九州とロクイチ福岡の2回にわたって
お届けしますので、2月14日の午後6時から7時までぜひ、ご覧ください♪

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
先日、北九州市門司区にある白野江植物公園を訪ねてきました。

200213-4.jpg

寒いこの時期にも綺麗に咲いている花がたくさんありましたので、ご紹介します。

植物公園に入って最初に迎えてくれたのが、1~2月が見頃の冬牡丹です。

200213-5.jpg

別名「百花の王」と称される豪華な牡丹の花。
園内では約50株の冬牡丹が、菰(こも)をかぶって園内の冬を彩っていました。

200213-6.jpg

こちらは、白と黄色のコントラストが綺麗な日本水仙です。
園内に約50,000株植えられており、とっても優しい香りがしました。

そして、暖冬の影響で例年より早く開花していた花もありました。

200213-7.jpg

こちらのしだれ梅は、例年より1週間ほど早く開花しており、
今月いっぱい見ごろが続きます。小さな花がとても可愛らしかったです。

200213-8.jpg

そして、こちらは早咲きの河津桜です。
梅と同じく例年より1週間ほど早い開花で、芝生広場の木は既に8~9分咲きでした。
ソメイヨシノよりも濃いピンク色の花びらが特徴で、色鮮やかな桜です。

公園を管理している梶山さんに、桜のオススメの楽しみ方を教えて貰いました!
それがラッキー桜探しです。実は下の桜の写真に、とってもレアな1輪が隠れています。

200213-9.jpg

正面を向いている桜の花に、花びらが6枚付いているのがわかりますか?
桜は通常5枚の花びらをつけますが、まれに5枚以上の花びらを付ける花があるそうです。
1本の桜に1~3輪ほどしかないため、ラッキー桜と呼ばれているそうです。
皆さん、ぜひ探してみてはいかがでしょうか?

園内では、梅をはじめ早咲きの桜や水仙、チューリップも咲き始めています。
暖冬の影響で、この時期に多くの花が見頃を迎えています。
一足早い春の訪れを感じに、出かけてみてはいかがでしょうか?

こんにちは!キャスターの赤塚安莉です。

今週末(16日)は今年で7回目となる北九州マラソンです。
ニュースブリッジ北九州でも何度かお伝えしましたが今年は私、赤塚も参加します!
11月からの3か月間練習してきて、ついに本番!すでにドキドキしています…
一昨日(11日)は門司駅から門司港までの往復12キロを走ってきました。

200213-1.jpg

(門司港折り返し点からみえる関門橋)

北九州マラソンでは私がフルマラソン初心者ということで
GMRCという市民ランナーのグループに所属する中野敦さんが伴走してくださいます。
この方、フルマラソン完走回数61回というベテランランナーさんで
今まで、10キロ、ハーフマラソンと合わせて7人を完走させてきたすごい人!     
アドバイスも分かりやすくて心強い味方です。

200213-2.jpg

(走る前に中野さんと♪)

大会当日もこのコンビで走っていますので
たくさん声をかけていただけると嬉しいです!頑張れます!!

本番もこのくらい良い天気だとよかったのですが、
今のところ雨予報です…
北九州マラソンを走るみなさん体調管理お互いに気を付けていきましょうね。

北九州マラソンの様子は
来週のニュースブリッジ北九州でお伝えする予定です。
ぜひ、ご覧ください♪

200213-3.jpg

(気象予報士のまりあちゃんも応援に来てくれるんです♡)

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
北九州でも花粉の飛散が始まりました。花粉症の私は、すでに目も鼻も辛いです。

200206-1.jpg

今回は、今年の花粉の予想について詳しくお伝えします。
まずは飛散量から見ていきましょう。

200206-2.jpg

民間気象会社が発表した予想によると、東北南部から九州で緑色の所が多く、
花粉飛散量は広い範囲で例年より少なくなりそうです。
特に九州は、福岡県を含めた全ての県で濃い緑色、非常に少ない予想となっています。
これには、去年の夏の天候が大きく関係しています。

200206-3.jpg

花粉が飛ぶのは春ですが、その元となる雄花の花芽は、前年の夏に準備されます。
九州では夏、特に7月の気温が高く、日照時間が長いほど、
翌年の花粉の飛散が多くなる傾向にあります。

200206-4.jpg

そこで、北九州市八幡西区の去年7月の気温と日照時間を見てみます。
気温は平年より0.4℃低く、日照時間も平年の75%と短くなりました。
九州全体で見ても、去年の夏は気温が平年よりやや低く、
日照時間も短い所が多いです。

200206-5.jpg

こうしたデータをもとに、福岡の今年の花粉の予想を見ると、
飛散量は例年の40%程度、前年と比べても30%程度にとどまる予想です。
いずれも非常に少なくなるでしょう。

とは言え、すでに飛び始めている花粉。気になるピークも見ていきます。

200206-6.jpg

スギ花粉はすでに飛散が始まっていますが、ピークは2月下旬~3月上旬ごろです。
そして、ヒノキ科の花粉が飛び始めるのは、3月中旬ごろからでしょう。
ピークは3月下旬から4月上旬ごろとなりそうです。

200206-7.jpg

この先の予報を見ていくと、週末からは晴れ間も戻り、
寒さも次第に和らいでいきそうです。
特に来週は日ごとに気温が上がり、11(火)は14℃と3月中旬並みの陽気です。

花粉は、気温が高くなったり、空気が乾燥したりする日に多く飛びますから、
来週は花粉の飛ぶ量が少し増えてくるかもしれません。

例年よりは少なくなりそうですが、花粉症の方はマスクや眼鏡をしたり、
花粉が付きにくい綿やポリエステルの服を選ぶなど、対策をなさって下さい。

2020年01月30日 (木)

季節外れの長雨に

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
このところ、ずっと雨が続いていますね。まるで梅雨のようだという声も聞こえてきます。

200130-1.jpg

1月22日からの1週間の天気を振り返ってみると、この1週間はずっと雨で、
29日(水) 30日(木)も雨を観測しています。
また、雨量が多くなっているのも特徴の一つです。

200130-2.jpg

こちらは1月の平年の降水量と、今年の1月(28日まで)の降水量を比較したものです。
今年は各地とも平年を上回っており、特に行橋では平年の2倍以上の雨が降っています。
季節外れの長雨となっていますが、原因は停滞を続けた前線にありそうです。

200130-3.jpg

この冬は偏西風が北へ蛇行している影響で、強い寒気がなかなか本州付近に降りてこない状況が続いています。
一方で、南からは暖かい空気が流れ込みやすく、西日本ではかなりの暖冬です。
前線というのは、冷たい空気と暖かい空気の境目にできるものですから、
今回は西日本付近に前線が長く停滞する状態が続きました。

3月中旬から4月頃、菜の花が咲く頃に「菜種梅雨」と呼ばれる長雨になることがありますが、
今年は気温の様子から見ても、その「菜種梅雨」が早くやってきたと言えそうです。

また、季節を先取りしているのは長雨だけではありません。

200130-4.jpg

福岡管区気象台は、先週、うめとたんぽぽの開花を発表しました。
うめは1月20日で平年より13日早い開花、
たんぽぽは1月21日で平年より41日も早い開花となりました。
たんぽぽは昭和28年の統計開始以来、最も早い開花となります。
やはり暖冬の影響で、気温がかなり高くなっていることが関係していると言えそうです。 

200130-5.jpg

この先も、基本的には暖冬傾向が続く見通しです。
平年だと2月上旬は日中も1桁の気温が続きますが、今年は11度前後の予想となっています。
晴れ間が戻り、寒さは緩んでくるでしょう。

200130-6.jpg

高温傾向はしばらく続く見通しで、2月下旬にかけても気温の高い状態は続きそうです。
また、低気圧や前線の影響を受けやすく、降水量も平年より多くなる予想が出ています。
この冬は、暖冬の影響が大きくなるかもしれません。

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
この冬は気温が高く、23日(木)も桜が咲く頃の暖かさとなっています。
今回は暖冬の影響や、今後の見通しをお伝えしていきます。

200123-1.jpg

暖冬の影響の一つは「遅い初雪・雪不足」です。
九州の初雪の平年日から見ていきましょう。

200123-2.jpg

九州北部では12月中旬から下旬ごろには初雪が観測され、福岡でも12月15日が平年日となっています。

200123-3.jpg

ただ、この冬は福岡を含む九州全域で、まだ初雪が観測されていません。
そこで、最も初雪が遅かった日の記録も見ていきましょう。

200123-4.jpg

初雪が最も遅かったのは、佐賀や熊本で1月25日、福岡では2月6日です。
佐賀や熊本では25日までに雪の降る予想は出ていませんから、最も遅い記録を更新する可能性があります。
また、福岡もしばらく初雪の兆しはなく、
2月6日までに雪が降らなければ111年ぶりに、この記録を更新することになるかもしれません。

200123-5.jpg

雪不足は全国的に見ても深刻です。
先月の日本海側の降雪量(平年比)は、北日本で47%、西日本は0%と、
統計が残る昭和36年以降、12月最少となりました。

また、今月上旬の降雪量も、北日本28%、東日本1%、西日本0%と、
1月上旬としても、過去最少を記録しています。

この雪不足は、冬のイベントやスキー場に深刻な影響をもたらしています。    
また、農業にも大きな影響が出ているようです。

200123-6.jpg

こちらは、農林水産省がまとめた野菜価格の平年比です。
特に葉物野菜を中心に、平年を大きく下回っており、
キャベツは平年の66%、レタスは65%、そして白菜は78%となっています。
気温が平年を上回ったことにより生育・出荷が前進し、価格が下がっているようです。

200123-7.jpg

北九州の青果市場によると、やはり北九州でも同じ傾向だということで、
野菜の価格は全体的に例年よりも安くなっているそうです。
このまま暖冬傾向が続けば、生産者にとってはかなり深刻な問題だと言います。

200123-8.jpg

この先も、上空の偏西風が北へと蛇行し、
日本付近には暖かい空気の流れ込みやすい状況が続く見通しです。
23日の九州付近は平年より10℃くらい高い暖気に覆われる予想で、季節外れの暖かさでしょう。

200123-9.jpg

この先の気温の予想を見ていきますと、
最高気温は24日(金)にかけて15℃を超え、その後も2桁の気温が続く見込みです。
この時期の最高気温は平年だと1月下旬で8.9℃、2月上旬で9.5℃ですから、高い傾向は続くでしょう。
そして、最低気温も平年だと2℃前後ですから、かなり高い状態が続きます。

200123-10.jpg

気象台からは、高温に関する早期天候情報が出ています。
1月26日以降もかなりの高温が続き、農作物の管理などに注意が必要でしょう。
農家にとっては、この暖冬の影響が、かなり深刻になってしまうかもしれません。

2020年01月16日 (木)

小正月の行事や習わし

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
新成人の皆様、おめでとうございます!
先週末に成人式を迎えたところも多く、
街で華やかな晴れ着姿の方を見かけました。
これからの人生が幸多き日々でありますよう、心からお祈りいたします。

さて、今回のブログのテーマは「小正月」です。
 
200116-5.jpg

小正月は旧暦の1月15日、日本の古代のお正月にあたります。
今では1月15日、あるいは1月14~16日の3日間をさすこともあります。

この小正月には、様々な行事が行われますが、
その一つが「どんど焼き」です。
 
200116-2.jpg

こちらは、15日に北九州市の篠崎八幡神社で行われたどんど焼きの様子です。
どんど焼きでは、門松や正月飾りなどを持ち寄って燃やし、
焼き上がる炎や煙で、正月にお迎えした年神様を天高くお見送りします。
 
200116-3.jpg

また、どんど焼きの火にあたることで1年間の無病息災を願い、
この火で焼いたものを食べると風邪をひかないとも言われています。

このどんど焼きは、私の地元である関東でも行われていて、
私にとっても身近な行事です。
一方で、九州に来て初めて知る行事もありました。
それが「もぐら打ち」です。
 
200116-4.jpg

こちらは、14日に桂川町の土居二区で行われた、もぐら打ちの様子です。
早朝、地域の家々をまわり、竹の先端にわらを巻き付けた棒で地面を叩きます。
地面のもぐらを追い出し、五穀豊穣や家内安全などを願う行事です。

200116-5.jpg

他にも、小正月には1年の健康を願って小豆粥を食べたり、
五穀豊穣を願って餅花を飾る習わしがあります。
小豆粥は、小豆の赤色が魔よけの色とされているそうです。

こういった様々な行事が行われる小正月、
日本の伝統が後世まで長く伝われば良いなと思います。
暮らしと天気のコーナーやブログでも時々紹介していきますので、
ぜひ楽しみにしていてください。