ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

こんにちは。
アナウンサーの藤重博貴です。

20210121-1-1.jpg


家庭や地域での災害への備えをご紹介する「防災チェック」。
今回は【雪道での注意点】をお伝えします。

20210121-2-2.jpg

今月初めの大雪の影響で、福岡県によると、
県内では107人が転倒するなどしてけがをしました。
今後も雪の恐れがあります。

20210121-2-3.jpg

そこで、国などが注意を呼びかけている、
雪道で転倒しやすい場所を覚えておきましょう。

▼例えば、横断歩道。雪が踏み固められて路面がでこぼこし、転びやすくなっています。
特に白線の上は氷の膜ができやすいため、注意が必要です。

▼また、歩道橋は、上り下りの際、凍った雪で非常に滑りやすいです。
上りより下りの方が滑りやすいため注意をして下さい。

その他、
▼バスの乗降場所
▼車が出入りする歩道
▼駅の出入口なども、
人や車で雪が踏み固められていて、滑りやすい場所です。

歩く際は、滑り止めのある靴をはき、靴の裏をしっかり地面につけて歩幅は小さく。
また、手袋をつけ、ポケットからは手を出して下さい。

今後も、雪の降る可能性があります。
最新の気象情報をこまめに確認するようにしましょう。