ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2022年01月26日 (水)

ことしの花粉は?

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。

すでに花粉を感じている方、いらっしゃいますでしょうか?
私は目がかゆく感じます。
花粉情報を書いているからなのか、すでに飛び始めているのか…

20220126m-1.jpg

まだ花粉を感じていない方も、そろそろ対策が必要です。
今回は、花粉の飛び始めやピークの時期、飛散量の予想を詳しくお伝えします。

20220126m-2.jpg

まずは飛び始めの時期についてです。
スギ花粉の飛散開始時期は、全国的にほぼ例年並みを見込んでいます。
九州や中国・四国、関東周辺から花粉の飛散が始まるでしょう。

福岡の飛散開始日は2月9日の予想になっていますが、
もう少し早くから影響が出てくるかも知れません。

20220126m-3.jpg

というのも、予測や発表に使われている花粉の飛散開始日には定義があり、
「1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を
2日連続して観測した最初の日」と決まっています。

この定義を満たす前から花粉はわずかに飛び始め、
来週には九州北部の広い範囲で次第に花粉の影響が出てくる見通しです。

20220126m-4.jpg

福岡のピークの時期は、スギ花粉が2月下旬~3月上旬にかけて、
ヒノキ科の花粉は3月下旬~4月上旬にかけてと予想されています。
例年と同じ時期にピークを迎えるでしょう。

20220126m-5.jpg

また、花粉の飛散量は、福岡で例年よりもやや多くなる見通しです。
7月の梅雨明けが早く、日照時間が多くなったことで、
花粉のもととなる雄花の量が多くなっていると見られます。
周辺の佐賀や長崎でも飛散量が多くなるでしょう。

20220126m-6.jpg

花粉が多く飛ぶ日は、晴れて気温が高い日、雨上がりの晴れた日、
そして乾燥して風が強い日になります。
こうした日は、万全の対策が必要です。

まもなく花粉シーズンに入りますから、花粉症の方は薬の準備など、
早めの対策を心がけておくと良さそうです。