ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年12月15日 (水)

大掃除は天気を味方に!

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。
ことしも残すところ2週間余り、大掃除は進んでいますか?

この先は天気が周期的に変わるということで、
天気に合わせた大掃除のポイントをご紹介します。

20211215-1.jpg
(いつもの差し棒をはたきにして貰いました!)

まずは、この先の天気から見ていきましょう。
きょうは晴れ間の出たところが多いですが、
あす(木)は西から前線が近づく影響で天気が下り坂です。

20211215-2.png

あす(木)はまとまった雨となり、雨の後は寒気が流れ込む見込みです。
17日(金)~19日(日)は雲が多く、平野部でも雪の舞う可能性があります。
一方、週明け20日(月)以降は晴れ間が戻るでしょう。

20211215-3.jpg

コロコロ変わる天気に合わせて、掃除場所も変えていきましょう。
雨の降るあす(木)は、湿度の高さをいかした掃除をオススメします。

玄関やベランダのお掃除は、砂やほこりが舞いにくい雨の日が効率的です。

また、雨が強い日は網戸を外し、雨にさらしておきましょう。
雨が網目の汚れを落としてくれます。

障子の張替えも、湿気の多い時にしておくと、
晴れて乾燥した時に、しわが取れてパリッときれいに仕上がります。

20211215-4.jpg

同じく湿度が高めのくもりの日には、窓やサッシの掃除がオススメです。

くもっていると、ふだんは日ざしの反射で見えにくい汚れも目立って見えるうえ、
汚れが湿気を含み、落としやすくなるからです。

20211215-5.jpg

一方で、湿度が低い晴れの日は、
空気の乾燥をいかして、床掃除やお洗濯などがオススメです。

フローリングの水ぶきは、水分が残ると床が傷んでしまうため、
すぐに乾燥する晴れた日がよいでしょう。
ほかにも湿気を残したくないクローゼットや押入れ、靴だなの掃除にも適しています。

そして、カーテンやラグ、お布団など大きな物の洗濯も晴れた日がいいですよね。

週末まではくもりや雨の日が多いですが、来週は晴れ間が出てきます。
ぜひ天気に合わせて、大掃除を進めてみてください。