ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年06月09日 (水)

連日真夏日に 熱中症に注意

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。
今週は梅雨の晴れ間が続き、夏のような暑さとなっています。
きょう正午までの最高気温は、北九州で31.4度を観測しています。

20210609-1.png

暑さの原因は、強い日射と九州付近に流れ込んでいる暖気です。
あすにかけて同じような気圧配置が続き、晴天と暑さが続くでしょう。

20210609-2.jpg

梅雨の晴れ間は、熱中症になりやすい条件が重なります。
雨が降った先週と比べると気温は10度ほど高くなっていて、急に暑くなっています。
さらに、この時期は体が暑さに慣れていないため、より一層の注意が必要です。

20210609-3.jpg

北九州市内では、先週までに13人の方が熱中症で救急搬送されています。
特に子どもや高齢者の人数が多くなっている状況です。

北九州市は、公園など屋外では、周りの人とできるだけ2m離れ、
十分な距離がとれる時はマスクを外すよう呼び掛けています。
また、市の教育委員会は市立の小中学校などに対し、体育の授業では、
実際に運動するときはマスクを外すように通知しているということです。

屋外で運動や作業をされる際は、適宜マスクを外すことも対策につながります。

20210609-4.jpg

また、室内でも我慢をせず、必要に応じてエアコンを使うようにしてください。

エアコンの試運転がまだという方は、できるだけ今のうちにしておきましょう。
手順としては、まず電源やリモコン、室外機などを確認し、フィルターの清掃を行います。
冷風が出るかは、温度を16~18度に設定し、10分程度運転してみて確認しましょう。
さらに30分運転をして、動作に問題がなければ大丈夫です。

ことしも、新型コロナウイルス対策で、家で過ごす時間が長くなるかと思います。
ぜひ今のうちに確認し、家で過ごす際も熱中症対策を心掛けてください。