ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年05月12日 (水)

新茶の季節 豊前茶を訪ねて

og_kuraten2021.jpg
気象予報士の森本まりあです。
八十八夜を過ぎ、新茶の季節がやってきました。
今回は地域特産の豊前茶を育てている豊前市才尾地区を訪ね、
なぜおいしいお茶ができるのか、気象との関わりを取材しました。

20210512-1.jpg

才尾地区は豊前市の山あいにある地域です。
先月下旬は、一番茶の摘み取り作業が最盛期を迎えていました。

20210512-2.jpg

才尾地区は昭和40年代から、お茶作りが盛んに行われています。
温暖な気候と適度な降雨があることで、肥料の効きが良いそうです。

また、茶畑は約10%くらいの傾斜がついていて、自然と風の流れが生まれるといいます。

20210512-3.jpg

風の流れを生み出しているのが、
茶畑から10キロほど離れた所にある犬ヶ岳と求菩提山です。

この山から吹き降ろす風が、空気の対流を生み出します。
冷え込みを和らげるため、霜が降りにくいのだそうです。

霜は新芽を枯らしてしまう大敵です。
この地域の風が、その被害を和らげてくれていました。

20210512-4.jpg

今回取材をさせて頂いた松本修さんは、
半世紀にわたり豊前でお茶を作り続けています。

地域の特性を持ったお茶を作って、
消費者の方にまた飲みたいと思ってもらいたいと話していました。

私も飲ませていただいた豊前茶は、
とてもまろやかで、飲んでいると甘みを感じる、ほっとする一杯でした。
飲むとすっと気持ちが落ち着くのもお茶の魅力だそうです。

豊前の豊かな自然に育てられ、農家さんたちの思いがたくさん詰まった新茶、
いろいろ教えていただいてから飲むと、いつもの何倍も美味しく感じました。