ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年03月31日 (水)

桜満開の白野江植物公園へ!

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
3月もきょうで最後、通勤途中に見る桜もこぼれ桜となっていて、
季節の進みはあっという間だなと感じます。

4月からもニュースブリッジ北九州で
より充実した天気予報をお伝え出来るよう頑張りますので、
みなさま、どうぞよろしくお願い致します!


さて、3月ラストの暮らしと天気では、
白野江植物公園で満開を迎えた桜をリポートしました。
春爛漫でパワーを貰ったロケでした!ブログでは写真でご紹介します。

20210331-1.jpg

白野江植物公園は、63種類およそ800本の桜が植えられている桜の名所です。
ことしは例年よりやや早い咲き始めで、見頃の時期も早くなっています。

20210331-2.jpg

園内で一番多く植えられているのがソメイヨシノです。
今が満開となっていて、今週いっぱいが見頃だそうです。

20210331-3.jpg

こちらは紅豊(ベニユタカ)です。
八重咲で赤い大振りの花が美しいですよね。

20210331-4.jpg

同じく八重咲のこちらは白妙(シロタエ)です。
つぼみの時は薄いピンク色ですが、開花すると真っ白な花を咲かせます。

20210331-5.jpg

一方、まだつぼみが多く、これから見頃を迎えるのが鬱金(ウコン)です。
あと1週間ほどで満開となり、10日前後楽しめます。

20210331-6.jpg

そして、ここでしか見られないのが「白野江のサトザクラ」です。
幅はおよそ8.5m、樹齢は400~500年と言われています。
県の天然記念物に指定されている珍しい桜です。

こちらは今が満開で、あと2~3日楽しむことが出来るそうです。

20210331-7.jpg

公園の管理をしている中嶋さんによると、
白野江植物公園では、ソメイヨシノが終わった後に八重桜が咲き始め、
4月下旬まで様々な桜を楽しめるそうです。

コロナ対策をしたうえで、ぜひ散策を楽しんでみてください。