ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年03月24日 (水)

桜咲き進む暖かさ

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
春の暖かさが続き、北九州でも順調に桜が咲き進んでいます。
皆さんは、ことしの桜をご覧になりましたか?

20200324-1.jpg

今回は最新の桜情報と、この先の天気や気温の傾向をお伝えします。
まずは、全国の開花状況から見ていきましょう。

20200324-2.png

先週から今週にかけて、東日本や西日本で続々と開花の発表があり、
桜の開花前線は、現在関東まで北上しています。

福岡は開花から10日以上たち、早くも満開です。

20200324-3.jpg

福岡管区気象台の桜は3月22日に満開を迎え、平年より10日早くなりました。
ことしは開花・満開ともに、1953年の統計開始以来最も早くなっています。

県内は、いまが見頃という所も多く、満開の桜の写真も頂きました。

20200324-4.jpg

こちらは、英彦山の中腹付近にある守静坊のしだれ桜です。
江戸時代に、英彦山の山伏が京都の祇園から持ち帰ったと言われ、樹齢はおよそ200年です。
春の暖かさが影響し、ことしは去年より10日ほど早い満開となりました。

20200324-5.jpg

また、北九州市の標本木がある小倉城の桜も順調に咲き進んでいます。
小倉城を囲むように、約150本の桜が植えられ、きょうの時点で7分咲きです。

20200324-6.jpg

また、ソメイヨシノはまだ咲き始めですが、
他の品種が見頃を迎えているのが、門司区の白野江植物公園です。
上の写真は、大振りの花と鮮やかなピンク色が美しい「陽光」です。

20200324-7.jpg

白い花と赤い新芽のコントラストが美しい「佐野桜」も、いまが見頃です。
白野江植物公園では、いまおよそ10品種の桜を楽しむことができます。

20200324-8.png

この先も暖かい日が続き、広い範囲で今週が見頃のピークとなりそうです。
ほかより開花が遅い白野江植物公園のソメイヨシノは、来週がピークでしょう。

季節は足早に進んでいきそうです。ことしの桜は早めにお楽しみください。