ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年03月10日 (水)

乾燥・強風 火災に注意

og_kuraten_2020.jpg

気象予報士の森本まりあです。
先週も火事のニュースがありましたが、春は、乾燥や強風により火災が増える時期です。
今回は火災の発生状況や注意点などをお伝えします。

20210310-1.jpg

まずは、令和元年の北九州の月別の火災発生件数です。
最も火災の発生が多かったのは12月ですが、
次いで多いのが5月、3月で、春の時期には合わせて67件の火災が発生しています。

全国で見ても、春の火災発生件数が最も多く、今の時期は火災に一層の注意が必要です。
その原因の1つは、この時期の天気傾向にあります。

20210310-2.jpg

こちらは、去年の飯塚の月別最小湿度をグラフにしたものです。
見ていただくとわかるように春にグッと低くなっていて、4月と5月は10%台を観測しました。
移動性高気圧に覆われやすいことで、空気が乾燥しやすくなるのが理由です。

20210310-3.jpg

さらに、風が強まるのも、いまの時期です。
グラフは飯塚で風速10m/s以上の強風が吹いた日数を月別にまとめたものですが、
冬から春先に数字が高くなっていることが分かります。

20210310-4.jpg
 
空気の乾燥と強風が重なると、発生した火災は燃え広がりやすくなります。
先月栃木県で発生した山火事も、乾燥と強風が重なったことで、
100ヘクタール以上の山林が焼ける大きな被害となりました。

20210310-5.jpg
 
山火事というのは、特にいまの時期、
春に集中的に起こりやすい傾向があります。

上のグラフは令和元年までの5年の山火事件数を平均したものですが、
3~5月は平均でも毎月200件以上の火災が発生していて、
年間を通して見ると、この時期の火災が半数以上を占めていることが分かります。
 
20210310-6.jpg

春の山火事は、乾燥や強風といった要因に加えて、
行楽や山菜取りのため山に入る人が増加したり、
農作業による枯れ草焼きなどが山林に飛び火したりして起こることがあります。

去年発生した平尾台の火災も、野焼き中の飛び火が原因とされています。
また、たき火による火災も非常に多く発生していて、
火事の原因のほとんどは、人の不注意によるものです。

20210310-7.jpg
 
山火事を防ぐため、
枯れ草があるなど火災が起こりやすい場所や、強風・乾燥時にたき火をしないこと、
たき火をする場合はそばを離れず、終わったら完全に消火すること、
たばこは指定された場所で喫煙をするなど、火の取り扱いに十分注意をするようにしてください。