ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

oshiete.png
気象予報士の森本まりあです。

今夜(6日夜)から雪が降り出し、7日(木)~9日(土)にかけて、
北九州・筑豊地方でも、大雪や暴風雪に警戒が必要です。

20210106-1.jpg
7日9時の予想天気図

あす7日(木)は、急速に発達する低気圧が日本付近を通過する見込みで、
上空には非常に強い寒気が流れ込む予想です。

20210106-2.png
7日の上空1500m付近の寒気

あす7日(木)には、北九州の上空1500m付近を-12℃以下の寒気が覆う予想で、
年末よりもさらに強い、数年に1度レベルの大寒波となりそうです。

20210106-3.png
雪と風の予想 上段7日、下段8日

北九州・筑豊地方では、7日(木)~9日(土)にかけて、
断続的に雪が降り、山沿いだけでなく平地でも大雪となる恐れがあります。

24時間予想降雪量は、
7日朝~8日朝に▼山地で5~10センチ ▼平地で1~5センチ
8日朝~9日朝に▼山地で10~20センチ▼平地で5~10センチ となっています。

さらに、7日(木)を中心に風も強まり、
予想される最大瞬間風速は、海上・陸上ともに30メートルです。

大雪や暴風雪に警戒をしてください。

20210106-4.jpg

注意点を改めてまとめました。まずは積雪や路面の凍結です。
慣れない雪道の運転はスリップ事故のリスクが高まるため、なるべく控え、
もし雪道を運転される際には、冬用タイヤやタイヤチェーンを用意してください。

また、各交通機関にも影響が出る恐れがあります。
年末の寒波では、JR各線で運転見合わせが相次いだほか、
飛行機や旅客船の欠航も出ました。
今回も影響が広がる可能性がありますので、時間に余裕を持った行動をお願いします。

さらに、電線や樹木への着雪、
低温による水道管の凍結などにも十分注意が必要です。
今後も最新の気象情報を確認し、雪への備えをなさってください。