ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年12月25日 (金)

年末年始の天気は?

oshiete_santa.png

メリークリスマス!気象予報士の森本まりあです。
今年も早いものであと1週間、ニュースブリッジ北九州の放送もきょうが最後です。
日々お伝えしてきた天気予報が、少しでも皆様の生活に役立っていたら嬉しいです。

さて、年内最後のブログでは年末年始の天気を詳しくお伝え致します。
ポイントは【天気の周期変化と年末年始の寒波襲来】、さっそく見ていきましょう。

20201225-1.jpg

まずは年末にかけての天気です。
あす26日(土)は晴れますが、27日(日)は雨が降るでしょう。

27日(日)の雨は午後が中心で、この時期としてはまとまった雨量になりそうです。
28日(月)は未明から明け方まで雨が残りますが、日中は天気が回復して晴れるでしょう。

29日(火)もはじめ晴れますが、次第に天気が下り坂に向かいます。
30日(水)以降は強い冬型の気圧配置となり、
山沿いを中心に平地でも雪の降る所がありそうです。

20201225-2.jpg

その寒気のピークですが、12月30日(水)から1月1日(金)にかけての見通しです。
雪は30日(水)が中心で、山地で積雪となる恐れがあり、市街地でも注意が必要です。
年始にかけても寒気の影響が残り、元日も一時雪の舞う所があるでしょう。

また、全国的にはもう少し影響が長引く見通しで、
1月5日(火)頃にかけて注意・警戒が必要です。

20201225-3.jpg

では、北九州の年始にかけての天気の傾向です。
年始は寒気が残る影響で雲が広がりやすく、一時雪の舞う所もあるでしょう。
ただ、天気は変わりやすく、晴れ間の出る時間もあると見ています。

寒さも続き、元旦は0℃、その後も1℃から2℃台の冷え込みです。
また、最高気温も元日は平年より5℃低い6℃で、
その後も8℃から9℃と真冬並みの寒さが続くでしょう。

年末年始は全国的に寒波の影響を受けそうです。
寒さが厳しくなりますが、どうぞお体に気を付けて良いお年をお迎えください。