ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年04月09日 (木)

春から紫外線対策を

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
このところは気持ちの良い晴天が続き、日差しも力強さを増しています。
皆さんは紫外線対策を始めていますか?

200409-1.jpg

不要不急の外出を控えるといった中で、通勤や通院、
日用品の買い出しなどで、外出しなければならない機会もあるかと思います。
紫外線対策はまだという方は、そろそろ始めた方が良さそうです。
今回は、私が取得している化粧品検定1級の資格も活かして、対策など丁寧にお伝えしていきます。

まずは、こちらのグラフをご覧ください。

200409-2.jpg

こちらは、福岡の月別の紫外線量を表したものです。
4月は紫外線量が増える時期で、初夏、あるいは残暑が厳しい9月と同じくらいです。
この紫外線は、肌にもっとも悪い影響を及ぼすとされていて、
米国皮膚科学会では、老化の約80%が紫外線による影響だと考えられています。

そんな肌に影響する紫外線に、UV-A・UV-Bという種類があることはご存知でしょうか?

200409-3.jpg

UV-Aというのは紫外線の約9割を占め、真皮と呼ばれる肌の奥深くまで届きます。
肌にある繊維を変化させ、しわやたるみの原因になると言われています。
一方、UV-Bはエネルギーが強く、主に肌の表面に影響します。いわゆる日焼けを引き起こす紫外線です。

UV-Bは、夏の7~8月頃に強くなる特徴がありますが、
UV-Aは、4~9月まで強い時期が続き、年間を通しての変動は比較的少ない紫外線です。
ただ、UV-Aが最も強くなるのは5月で、今の時期から対策が必要です。

200409-4.jpg

対策として、日焼け止めを使っている方もいらっしゃると思いますが、選び方にもポイントがあります。
日焼け止めにはSPF・PAといったサンケア指数の表示がありますが、
PAはUV-Aの防止効果を、SPFはUV-Bへの防止効果を表しています。
選ぶ際には、この表示と「いつ・何に使用するか」を照らし合わせると良さそうです。

200409-5.jpg

こちらは、生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方を表した図になります。
日常生活で洗濯物を干したり、買い物をしたりするためであれば、指数がそれほど高いものを選ぶ必要はありません。
SPFは10~20、PAは+~++で十分でしょう。

表示されている効果を最大限に発揮するには、2~3時間おきを目安に、何度か塗り直すことが大切です。
さらに、日焼け止めを塗った後、ファンデーションなどの粉体を重ねると、さらに紫外線をカットすることが出来ます。

他にも、環境省はこのような紫外線対策を推奨しています。

200409-6.jpg

ぜひ、日ごろから対策を心掛けてみて下さい。