ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年10月13日

2021年10月13日 (水)

ことしの紅葉は?

og_kuraten2021.jpg
気象予報士の森本まりあです。
今週も暑いですね。湿度が高く、ムシッと感じます。

ただ、週末には寒気が入り、一気に秋めいてきそうです。
そろそろ葉の色づきが始まるかもしれません。

20211013-1.png

週間予報で、天気と気温の傾向を見ていきましょう。
あさって15日(金)にかけて晴れ間が出る見込みで、気温は30度近くまで上がる予想です。
平年よりも3~4度ほど高く、季節外れの暑さになるでしょう。

ただ、16日(土)に前線が通過して雨が降ったあとは、急激に気温が下がる見込みです。
この時期としては強い寒気が流れ込み、17日(日)は日中も20度を下回る予想となっています。
朝晩の冷え込みも強まり、一気に秋が深まるでしょう。

20211013-2.jpg

朝晩の強い冷え込みは、紅葉が始まるスイッチとなります。
落葉広葉樹の葉は8度以下で色づき始めるとされていますが、英彦山などの山沿いでは、
来週になると、気温がひと桁台となる冷え込みが続くようになりそうです。
8度を下回り2週間程度で、紅葉は見ごろを迎えます。

20211013-3.jpg

また、葉がきれいに色づくかどうかは夏~秋にかけての気象条件が重要で、ポイントは上の3つとなります。

ことしはどうかというと、台風に関しては14号が県内に上陸しているものの、
勢力が比較的弱かったこともあり、葉が落ちたり塩害で枯れてしまうような被害はほぼ出ていないそうです。

日照は8月9月と平年を下回りましたが、10月に入ってからは晴れの日が増えています。
これから寒暖差が大きくなってくると、きれいに色づくことも期待できそうです。

20211013-4.jpg

気になる各地の紅葉の時期ですが、厳しい残暑の影響もあり、
スタートは例年よりやや遅いと見られています。

1番早いのは英彦山で来月上旬から、小倉城や秋月城跡が来月中旬ごろから、
白野江植物公園ではもう少し遅い12月上旬からと予想されています。

今後の天気や気温次第となりますが、早いところでは、
あと2週間ほどで紅葉が見ごろとなってきそうです。

きれいな紅葉が見られるのを期待して、楽しみに待ちたいと思います。