ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年9月22日

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。
先日真っ白なコスモスが咲いているのを見かけました。
コスモスは漢字で書くと「秋桜」。風に揺れる花に秋を感じます。

20210922-1.jpg

あすは秋分の日、いまは秋の彼岸にあたります。
秋彼岸は、彼岸の中日である秋分の日と前後3日を含む7日間です。
祖先を敬い亡くなった人の霊をしのぶ日とされ、
この期間にお墓参りに行く方もいらっしゃるかと思います。

20210922-2.png

週間予報を見ると、この先はしばらく秋晴れが続く見込みで、
気持ちのよい爽やかな陽気となりそうです。
朝晩を中心に、空気がヒンヤリとするでしょう。

一方で、最高気温は平年を上回る28度前後が予想されています。
日中は半袖一枚で過ごせる暑さとなりそうです。

20210922-3.jpg

この時期としてはかなりの高温になるとして、

気象台は「高温に関する早期天候情報」を発表しています。
農作物の管理などに注意が必要です。

20210922-4.jpg

また、最新の1か月予報を見ると、
気温の高い状態は10月半ばにかけて続く見通しです。
ことしは残暑が長引くでしょう。
熱中症など体調管理には十分注意をしてお過ごしください。

さて、季節の進みはゆっくりですが、
夕暮れの時刻はどんどん早くなっています。

20210922-5.jpg

北九州の日の入りの時刻は、秋分の日のあすが午後6時12分。
さらに1か月経つと午後5時半ごろとなってきます。

夕暮れになると暑さが和らぎ過ごしやすくなりますが、
辺りが一気に暗くなるため、交通事故には注意が必要です。

20210922-6.jpg

こちらは、時間帯別の死亡事故件数(福岡県・去年)をまとめたものですが、
暗くなってくる午後6時~8時の時間帯が最も多くなっていることが分かります。

20210922-7.jpg

「秋の日はつるべ落とし」とも言いますが、
いまの時期は夕暮れ時になると、あたりが一気に暗くなり、
周囲が見えにくくなってしまいます。

ドライバーの方は早めにライトを点灯し、
速度を落とした慎重な運転を心掛けてください。