ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年8月

2021年08月25日 (水)

8月ラストは青空復活?

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。
きょうも不安定な空模様となっていて、
所々で雨が降っています。

あす木曜も同じような傾向が続く見込みで、
変わりやすい天気に注意が必要です。

20210825-1.jpg

天気急変のサインは、
空が急に暗くなったり、雷の音が鳴ったり、
冷たい風が吹いたりしてきた時です。

こうした前触れがある時は、
ザッと降る雨や、落雷や突風、ひょうに注意をしてください。

20210825-2.png

不安定な天気はあす・あさってまで続きますが、
週末以降は晴れ間の出る日が多くなりそうです。

この週末は、土曜日を中心に安定して晴れる見込みで、
土日ともに晴れるのは、今月に入ってから初めての予想です。

晴れると暑さが厳しくなりますので、
熱中症には十分注意をするようにしてください。

20210825-3.jpg

特に、お子さんやペットの体調変化には注意が必要です。

通常、気温は高さ1.5メートルの高さで測っていて、
予想気温が32度の場合は、50センチの高さで35度くらい、
さらに地面に近い5センチでは36度以上になるとされています。

大人が暑いと感じている時は、
お子さんやペットはさらに高温にあるということですから、
より気を配ってあげることが必要です。

週末以降は日差しが照り付け、
まさに上の図のような気温の感じ方となりそうです。
熱中症対策は万全になさってください。

2021年08月18日 (水)

記録的な大雨に

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。
停滞する前線の影響で、きょう18日で8日連続の雨となっています。

 20210818-1.jpg

上の図は、先週11日からの気圧配置をまとめたものです。
紫色で書かれている雨をもたらした前線は
長期間九州に停滞を続け、
この時期としては異例の長雨をもたらしました。

20210818-2.jpg

前線はあす19日も対馬海峡付近に停滞する見込みで、
前線に向かって暖かく湿った空気が入り、
大気の状態が非常に不安定となりそうです。

あすにかけても、局地的な激しい雨に注意をしてください。

20210818-3.jpg

北九州・筑豊地方の降り始め(11日)から、きょう18日正午までの雨の量です。

添田町では700ミリを超えていて、平年の8月1か月分の雨量の3.3倍、
そのほか、飯塚で618ミリ、行橋で531ミリと平年の3倍前後の雨が降っています。

また、八幡でも411ミリの雨を観測し、平年の2倍以上となりました。

20210818-4.png

広い範囲での雨のピークは超えていますが、
これだけ大雨が降ったということで、
まだ土の中にはたっぷりと水がしみ込んでいます。

上の図は、土の中の水分量を表した土壌雨量指数です。
色が濃い赤に近い所ほど、水分量が多いことを表しています。

県内はまだ赤色の表示の所も多く、水分量はかなり多い状態です。
15日の未明には添田町で土砂崩れが発生しましたが、
土砂災害は大雨のピークを過ぎてから発生することもあります。

山や崖など、急な斜面や危険な場所には、
念のため、まだ近づかないようにしてください。

20210818-5.png

向こう1週間の予報を見ると、
大気の不安定な状態はこの先もしばらく続く見込みで、
週末にかけても所々で雨が降るでしょう。

来週は太平洋高気圧が勢力を強めると
晴れ間が出る予想ですが、
比較的、雲の広がりやすい状態が続く見込みです。

引き続き、今後の気象情報にご注意ください。

2021年08月04日 (水)

体温並みの暑さに警戒

og_kuraten2021.jpg
気象予報士の森本まりあです。
8月に入り、毎日うだるような暑さとなっています。

きょうは昼前から35度以上の猛暑日となっている所もあり、
熱中症に厳重な警戒が必要です。

20210804-1.png

猛烈な暑さのピークは、あす・あさってとなりそうです。
県内の予想最高気温を見ていくと、
あさって(金)にかけて広く猛暑日となる見込みで、
久留米では40度と記録的な暑さが予想されています。
八幡でも35~36度と、今年初の猛暑日になるでしょう。

県内には連日「熱中症警戒アラート」が発表されています。

20210804-2.jpg

熱中症警戒アラートが出ている時は、
外出はなるべく控え、暑さを避ける行動をとることが大切です。
高齢者や小さなお子さんは熱中症になりやすいですから、一層の注意をしてください。

20210804-3.jpg

また、室内で過ごす場合も油断はできません。
北九州市では先週一週間で53人の方が熱中症で救急搬送されていますが、
半数以上は室内での熱中症となっています。

部屋の温度が28度を超えないようエアコンを使用し、
1時間にコップ1杯など、こまめな水分補給を心掛けてください。

20210804-4.jpg

熱帯夜も続いていますから、夜の熱中症にも注意が必要です。
暑い時は無理をせず、適宜エアコンを使用するようにしてください。

連日の暑さで疲れが溜まっている頃かと思いますが、
熱中症には引き続き注意をしてお過ごしください。