ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年7月 7日

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。

夜は25度以上の熱帯夜、昼は30度以上の真夏日、湿度も高い…
連日、嫌になるほどの蒸し暑さですね。私もついにエアコンデビューしました。

北九州市内では、4日(日)までの1週間で15人の方が熱中症で救急搬送されていて、
室内での熱中症や、夜間の熱中症も発生しています。
家で過ごす時や夜寝る時も、油断せず対策をすることが必要です。

210707-1.jpg

家で過ごす場合、室内の温度は28度を超えないように心がけましょう。
暑い日は無理せずエアコンを使い、風を送るようにしてください。
そして、1時間ごとにコップ1杯など、こまめに水分をとることも大切です。

210707-2.jpg

また、夜寝る前や朝起きた時の水分補給もポイントの1つです。
熱帯夜の蒸し暑い夜は、適宜エアコンを使用して暑さを避けるようにしてください。
この先も気温の高い日が続きますので、熱中症対策は万全にお願いします。

210707-3.jpg

さて、蒸し暑さの原因は梅雨前線に向かって流れ込む暖かく湿った空気にありますが、
この前線が週末にかけて対馬海峡を南下する予想です。

210707-4.png

福岡では、9日(金)から11日(日)にかけて、警報級の大雨となるおそれがあります。
活発な雨雲の掛かる位置や雨量の予測にはまだ幅があり、最新の予報に注意が必要です。
こまめに気象情報を確認し、いまできる備えをなさってください。

210707-5.jpg

側溝や雨どいなどの掃除は、雨が降っていないタイミングで行いましょう。
また、避難用品の準備や避難経路の確認も大切です。
自分の住む地域の災害リスクを確認し、
いざという時はすぐ行動できるように、ぜひ、いまのうちに備えをお願いします。