ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年5月31日

みなさんこんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

5月28日(金)放送の「きたきゅーラジオ」。
お聴きいただけましたでしょうか。

210531-1.jpg

ゲストは、「52ヘルツのクジラたち」で本屋大賞を受賞した、
京都郡出身の作家・町田そのこさん!
生電話で、小説や、ふるさとへの思いをお話しいただきました。

ご自身も子育てをする中で、ニュースなどで「虐待」について報じられるたび、
なぜ虐待が起こるんだろう、社会には何ができるんだろうと、
日々、思いをめぐらせていたといいます。

作家としての問題意識を10数年間熟成させ、発酵させて、生み出された作品なのだと知り、
小説で描かれる世界の魅力や奥深さを、改めて感じることができました。

また、小説を書く中で、舞台である小倉や大分といった地元のよさに
どんどん気づいていったとのこと。
「あれも書きたい、ここも書きたい!でも本筋からそれてしまう…」という
試行錯誤を繰り返していたというお話を伺って、
シビアな内容の中で、楽しみつつ書かれた部分もあったんだと、
ご様子が目に浮かぶようでした。

臨場感のある貴重なお話は、来週月曜日まで聞き逃し配信中です!


210531-2.jpg

続いては、「なんしよん?遠賀」のコーナーでした!

今年度、NHK北九州放送局は開局90年を迎えることから、
放送エリア28市町村に共通する方言“なんしよん?”を使い、
キャッチコピーにしました。

▼視聴者のみなさんにとっては、「知りたい」がそこにある、知恵袋のような存在のNHK。
▼NHKにとっては、もっと地域のことを知って、身近なメディアになっていきたい。

お互いに「なんしよん?」とあいさつできるような関係で、
地域とつながっていたいという願いが込められています。

210531-3.jpg

そんな意味も込めた、「なんしよん?遠賀」!

赤塚キャスターが、遠賀町にあるキャンピングカーの製造販売会社を取材。
いま、時代にあったさまざまな形で活用でき、注目を集めているとリポートしてくれました。

▼1人でも存分に楽しめる軽自動車のキャンピングカーや、
▼コロナ禍、密を避けたオフィスにも変身。
▼さらに、災害時は、避難所での更衣室や授乳室に早変わり。

キャンピングカーって、ちょっとぜいたくな旅の仕方だとばかり思っていましたが、
今や時代に応じてここまで変わっていたとは…知りませんでした~。

例えば地域で複数台備えておくと、地域の防災力の向上にもつながるかもしれませんし、
これからもさらなる活用が期待できると感じました。


そして、いますぐ役立つ防災情報をお届けする「なるほど防災」!
今月、大幅に変更された、
災害時に自治体が発表する避難の情報についてお伝えしました。

全国のNHKでは、いま、「水害から命を守る」と題したキャンペーンを行い、
様々な防災情報をインターネットでも発信しています。
こちらのページでは、ご紹介した「新たな避難情報」を動画で解説しています。

大雨に備えて、ぜひ、ご覧ください!


最後は、「きいて、みて、NHK」!
「聴いて」、「見て」、さらに、このコーナーを「聞いてみて!」ということです^〇^

ご紹介したのは、6月26日(土)に放送を予定しているテレビ番組について。

210531-4.jpg
出演した行正ディレクターが取材したのは、
香春町(かわらまち)に住む80歳の画家・田中操さんです。

210531-5.jpg
田中さんは半世紀の間、地元の山、香春岳の絵を描き続けてきました。
冬から約半年間、取材をさせていただき、
人生の集大成として取り組み始めた作品の制作の日々を追いかけています。

放送では取材先にいた行正ディレクターですが、
帰ってきた後、話を聞くと、「完成した絵のお披露目会、とても感動的でした…」とのこと。
どんな番組になるか、楽しみです!


また、コーナー間の曲は、朝ドラ主題歌特集をお届けしました。
ちなみに、私は5月に終わった「おちょやん」をずっと見ていたので、ややロス気味です。。
強く生きるにはやはり人の助けが欠かせないし、
氷のように心に固まった辛い過去も、人と関わり、次第に溶かしながら生きていく…。
どことなく町田さんの小説とも重なるなあ、なんて思っています。


さてさて、今回も内容もりだくさんでお届けした「きたきゅーラジオ」!

次回は6月25日(金)の予定。
コロナ禍のみなさんのお悩みに、八幡東区の僧侶・松﨑智海さんがお答えします。
みなさんからのお悩みや相談、松﨑さんへのメッセージなど、お待ちしています。

お便りは、
▼NHK北九州のHP「きたきゅーラジオ」のページ
https://www4.nhk.or.jp/P6080/
▼FAX・093-583-0735。
また郵送でも。
▼〒803-8555(住所不要) NHK北九州放送局『きたきゅーラジオ』係まで!

それでは、今回もお聴きいただき、ありがとうございました!!