ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年5月19日

2021年05月19日 (水)

10年ぶりに平年値が更新

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。
ことしは平年よりも早く梅雨を迎えています。平年より雨量が多くなるかも知れません。

20210519-1.jpg

さて、梅雨入りの時期や雨量などを平年と比べて表現することがありますが、
この平年値が、きょう10年ぶりに更新されました。
今回は、新しくなった平年値についてご紹介します。

20210519-2.jpg

そもそも平年値とは、気温や降水量などその時々の気象や、
桜の開花日、梅雨入り・梅雨明けなどの現象を評価する基準として使われているものです。
天気を見る際の物差しのようなもので、値は過去30年のデータを平均しています。

20210519-3.jpg

これまで使われていた平年値は、1981年~2010年までの30年間のデータを平均したものです。
一方で、きょうから使われる平年値は、1991年~2020年までの平均値。
近年の天気のデータが含まれるようになり、より私たちの実感に近い数字に変わっています。

20210519-4.jpg

新しい平年値の特徴としては、
気温が高くなること・降水量が多くなること・そして降雪量が少なくなることです。
地球温暖化や都市化などの影響が現れる形となりました。
では、北九州周辺の天候はどう変わったのか、具体的なデータで見ていきましょう。

20210519-5.jpg

まずは、年間の夏日と猛暑日の日数です。
旧平年値だと、最高気温が25度以上の夏日の日数は、
行橋で124日、最も多い飯塚で135.4日でした。
これが新平年値になると、それぞれ2~4日ほど多くなり、行橋では128.1日となっています。

そして、35度以上の猛暑日の日数も増加傾向です。
特に内陸部で2日以上増えていて、飯塚で6.8日、添田町で5.8日となりました。

20210519-6.jpg

続いて、降水量も見ていきましょう。
梅雨時にあたる6~7月の雨量は、八幡でやや少なくなったものの、
行橋や添田町では30ミリ前後増える結果となりました。
県東部を中心に雨量が多くなっています。

新しくデータが反映された2011年以降は、「九州北部豪雨」や「西日本豪雨」など、
大規模な豪雨災害が発生しています。
近年の雨の降り方が、全体的な雨量の増加につながったと見ています。

今後も極端な雨の降り方には注意が必要です。
ことしは平年より早く大雨シーズンを迎えていますので、早めの備えをなさってください。