ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年4月28日

og_kuraten2021.jpg

気象予報士の森本まりあです。
きょうは約10日ぶりの雨、翠雨(すいう)となっています。
翠雨とは青葉に降る雨で、今は濡れてヒスイ色に輝く葉が綺麗な季節です。

この雨は、祝日29日(木)の昼頃にかけて降るでしょう。
特に今夜~あす朝にかけては、雨脚の強まる所がありそうです。
30日(金)も大気の状態が不安定で、にわか雨や雷雨に注意が必要です。

20210428-1.jpg

5月1日(土)も、引き続きにわか雨や雷雨が起こりやすいですが、
2日(日)~3日(月)は、高気圧に覆われて広く晴れるでしょう。

ただ、4日(火)~5日(水)にかけては、天気が下り坂となりそうです。
次第に雨が降りやすくなり、少しムシっと感じるかもしれません。

20210428-2.jpg

連休中は後半ほど気温の高い日が多く、
特に晴れ間が出る日は熱中症に注意が必要です。
喉が渇く前のこまめな水分補給を心がけ、室内や車内でも油断しないようにしてください。
特に締め切った車内は気温が上がりやすいですから、
例え短時間でも、お子さんやペットを車に残して離れることは絶対にしないでください。

20210428-3.jpg

また、熱中症に関して、きょうから全国で運用が始まるのが熱中症警戒アラートです。
これは熱中症の危険度が極めて高いと判断された時に発表される情報です。

20210428-4.jpg

熱中症警戒アラートの発表基準となるのは、暑さ指数です。
気温だけでなく、湿度や地面や建物から出る輻射熱(ふくしゃねつ)が考慮されています。

暑さ指数が基準値を超え、極めて危険と予想された場合、
前日の夕方5時と、当日の朝5時に熱中症警戒アラートが発表されます。

20210428-5.jpg

アラートが発表されたら外出は出来るだけ控え、外での運動は原則中止してください。
また、こまめな水分・塩分補給を心がけ、
高齢者や子供、持病のある方、など熱中症のリスクが高い方への声がけをお願いします。


連休中は暑い日も増えてきます。
まだ体が暑さになれていない時期ですから、
必要に応じてエアコンを活用するなど、熱中症対策は十分になさってください。