ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年3月 9日

2021年03月09日 (火)

10年の時を思う

北九州局では、「東日本大震災 北九州の10年」と題したサイトを開設しました。

20210309-4-1.jpg

あの巨大な地震の時、みなさんはどこで何をしていましたか?
被災された方、遠くから心配されていた方、
10年という月日には、人それぞれ、いろいろな感じ方があると思います。

北九州・筑豊地方にも、震災で避難された方、移り住んだ方がいます。
救援や支援にあたった方もいます。
『ニュースブリッジ北九州』のなかで、本日9日から3日間、
そうした方々の10年の歩みや想いをご紹介していきます。

また、「東日本大震災 北九州の10年」のサイトでは、
北九州局の職員・スタッフがつづった手記も公開していきます。
震災の発生以降、NHKでは全国から、職員が被災地で業務にあたりました。
当時は学生で、ボランティア活動にあたっていた職員もいました。
それぞれが向き合った、あの時、そしてその後について、書いています。

「10年」ということに、それほど大きな意味はないのかもしれません。
日々の生活、復興の歩み、支援の想い、そうしたものは続いていきますから。
それでも、一度、立ち止まって考えてみたいと思ったのです。

私にとっても、震災は大きな出来事でした。
微力ながらも、防災の啓発を、仕事のひとつの軸にしていこうと思ったきっかけです。
(つたない手記にまとめました。)

ほかの人たちは、どんな思いで、10年を過ごしてきたのだろう。
それを知りたくて、この取り組みを提案したところ、
何人もの職員・スタッフが、思いをつづってくれました。
みなさんが、ふと、この10年を思う時の、きっかけになれば幸いです。

20210309-4-2.jpg

みなさんこんにちは。

アナウンサーの鈴木聡彦です。

きょうは、またまたうれしいご報告です。
今年度最後のきたきゅーラジオは、
メインゲストが、北九州市出身の俳優・野間口徹さんに決まりました!

20210309-1-1.jpg

野間口さんといえば、今年度は
NHKの連続テレビ小説・エール
物語にたびたび登場した、「喫茶バンブー」の店主・梶取保役で出演されました。
主人公の古山裕一を演じた窪田正孝さんや、
その妻、音を演じた二階堂ふみさんなどが、仲間とともに集まる
おなじみの場所というイメージがありましたよね。

3月18日(木)午後0:20から放送の
きたきゅーラジオでは、
そんな野間口さんとともに、ふるさと北九州市の魅力を
掘り下げます。乞うご期待!

みなさんからは、
野間口徹さんへの質問・メッセージなどをお待ちしています。
どしどしお寄せください。

さらに、今回の放送では、
春めく到津の森公園からの中継も予定しています。
リポーターは、この方!

20210309-1-2.jpg

山口県下関市出身で、
いま県内を拠点に活動する、
タレントの波田陽区さんです。

20210309-1-3.jpg

波田陽区さんといえば、
「ギター侍」としておなじみですよね。
どんなトークやハプニングが飛び出すのか、
番組を担当する私自身も、
正直、先が読めません…。

というわけで、いままで以上に
にぎやかにお送りすることになりそうな、
きたきゅーラジオ。
放送は、いつもの月末よりも早く、
3月18日(木)午後0:20からです。

くれぐれも、お聞き逃しなく、
どうぞよろしくお願いいたします!!