ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年2月24日

2021年02月24日 (水)

スギ花粉がピークに

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
先日、赤塚キャスターがリポートをしていた、
小倉南区にある総合農事センターの梅を見に行ってきました!

20210224-1.jpg

写真は満開のしだれ梅です。
先週は青空とポカポカ陽気とで、いつまでも見ていられるくらい。

20210224-2.jpg

甘い香りと小さなお花に、とっても癒されました。

20210224-3.jpg

だんだん暖かくなるこの季節は、
花がほころび、鳥たちが鳴き、思わずワクワクしてしまいます。
ただ、この時期にピークを迎えてくるのがスギ花粉です。つらいですね…。
今回は花粉情報や今後の見通しをお伝えします。

20210224-4.jpg

今年は季節先取りの暖かさという日が多く、ピークは例年よりやや早いです。
スギ花粉は2月下旬にかけてということで今が最盛期となっています。

また、スギ花粉が終わる頃には、ヒノキ科の花粉が飛び始めます。
ヒノキ科の花粉のピークは3月中旬~4月上旬頃で、
あと1か月以上は花粉シーズンが続いていきそうです。

20210224-5.jpg

ただ、飛散量の予測を見ると、今年はほぼ全国的に例年より少ない予想です。
上の図は、例年と比べた花粉飛散量の予測になりますが、
九州は濃い緑色の表示で、例年よりも非常に少ない見通しとなっています。

とはいっても、花粉症の方は対策が必要です。
天気や時間帯によって花粉が多くなるタイミングがあるので見ていきましょう。

20210224-6.jpg

まず天気ですが、花粉が飛びやすいのは、
晴れて気温が高い日、雨上がりの晴れた日、そして乾燥して風が強い日です。

晴れて気温が高いと木が盛んに花粉を飛ばし、
雨上がりの晴れた日には、雨の日の分も花粉が飛ぶとされています。
さらに風が強い時ほど花粉は遠くまで飛び、特に山の方から風が吹く日ほど注意が必要です。

20210224-7.jpg

そして、時間帯によっても、花粉の飛びやすいタイミングがあります。
まず最初にやってくるピークが昼前後で、
朝、林や森で舞った花粉が昼前後に都市部に飛んできます。

さらに、夕暮れ時にも、もう1回ピークがあり、
気温が下がる夕方は、昼に空に舞っていた花粉が地上付近に落ちてきます。

コロナ対策で部屋の換気をすることも多いかと思いますが、
花粉がピークとなるタイミングを避けて行ったり、
カーテンをしたまま少しだけ窓を開けるようにするなど、対策を心掛けると良さそうです。

この先は曇りや雨の日が増えて、ここ数日よりは花粉の飛散が少なくなりそうですが、
日差しが少ないわりには気温の高い日が多く、スギ花粉は引き続き多く飛ぶ見通しです。
花粉症の方は対策をしてお過ごしください。