ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2021年2月 3日

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
きょうは寒さが厳しかったですが、暦の上では春が始まっています。
私は元気に飛び回るメジロや、咲き始めた梅の花に、春の気配を感じています。

20210203-1.jpg

春の訪れは日の長さからも感じられるかも知れません。
この時期は段々と日脚が伸び「春の光」を感じられる頃です。

春は「光・音・気温」の順でやってくるとされ、
きょうのような寒い日でも、日ざしには春の暖かさを感じられるようになってきます。

20210203-2.jpg

また、光の次にやってくるのは「音の春」です。
鳥たちの鳴き声や、雪の多い地域では、
雪解けの音や、解けた雪で増水した川の音が聞こえてきます。

そして、最後にやってくるのが「気温の春」です。
暖かくなり、いよいよ桜の季節がやってきます。

一般的に「気温の春」を迎えるのは、3月下旬から4月頃ですが、
ことしは季節先取りで、一足早く春の陽気を感じられそうです。

20210203-3.png

北九州の週間予報を見ていくと、
あす以降は段々と気温が上がり、週末からは15度前後の日が多くなる見通しです。
平年より5度前後高く、春の陽気となるでしょう。

20210203-4.jpg

そして、気温の高い状態は長く続く見込みで、
1か月予報では、2月下旬にかけて気温が高くなることが予想されています。

一時的に寒気が入るタイミングもありそうですが、
季節の進みは早く、春の訪れも早くなるでしょう。

20210203-5.jpg

また、春の訪れが早いということで、
桜の開花は、全国的に平年よりもやや早くなりそうです。

福岡は3月21日の予想で、全国トップで開花となりそうです。
なお、桜の開花から満開までは、だいたい10日前後かかります。

まだまだ先ではありますが、桜の時期が楽しみですね。