ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年11月30日

20201130-1.jpg

今月も「きたきゅーラジオ」お聴きいただきありがとうございました!
写真中央は営業部の加藤太一職員。
「教えて!NHK」のコーナーで、
受信料の値下げと、感染防止対策を行った上での営業活動について話してくれました。

そして、「なるほど防災」のコーナーでは、
外出時の突発的な災害に備えてカバンの中に入れておく「防災ポーチ」について特集。
何を入れるかは、人それぞれ。
自分が災害時にどんな状況になって、
どんなものが必要かを考えて準備することが大切だといいます。

20201130-2.jpg

ということで、江崎さんの防災ポーチがこちら!
北九州伝統の織物、小倉織のポーチです。
中身は…

20201130-3.jpg

放送でもご紹介した、縫い針やハサミなどのソーイングセット。
仮に服などが破れた際に、縫ったりピンでとめたりできるとのことでした!

その他、
防災マニュアル、カイロ、ナッツ、コットン、綿棒、シップ、化粧水、常備薬、歯のフロス!
確かにふだんから使えるものが多いので、持っていくにもおっくうになりにくそうです。

20201130-4.jpg

私のポーチはこちら!
B6サイズで、チャックも2カ所だけ。シンプルにしました。
こちらも中身は…

20201130-5.jpg

消毒液、ラジオ、乾電池、充電器、常備薬、ビニール袋、
ばんそうこう、カイロ、コンタクトレンズ、笛、耳栓、ようかん!

避難先でもぐっすり寝たいので耳栓や、
緊急時に助けが呼べるよう笛なども入れてみました。

こちらも、日ごろから持ち歩いているものがほとんど。
やはり防災って、日常の延長線上で無理なく取り組むものなのかもしれませんね。
みなさんも、ぜひゲーム感覚で楽しんでみてください^^
カバンの中に散らばっていたものが1つにまとまるという嬉しい効果もあります(笑)

20201130-6.jpg

特集は、やがて寝たきりになる難病を患いながら、
命の尊さや生きる喜びなどを全国で訴える活動に取り組んでいる、
八幡西区の落水洋介さんへのインタビューでした。

落水さんは、営業マンとして働いていた31歳の頃、
全身の筋肉が徐々に動かなくなり、やがては寝たきりになる原因不明の難病、
PLS(原発性側索硬化症)を発症。
次第に仕事もできなくなり、何度も死を考えたといいますが、
その後、生きる希望を再び取り戻し、
4年前から講演活動で自身の経験を語るようになりました。
去年は170回以上にのぼり、全国から共感の声が寄せられています。

番組では、どのように絶望の淵から立ち直ったのか、
病気を経て、いまどのようなメッセージを伝えようとしているのか、お話を伺いました。

生きていく上で人の支えがどれほど大きな力になるか、改めて考えさせられましたし、
「僕にだって生きている意味はある」と強く語るその姿は、
障害の有無にかかわらず、生きづらさを抱える多くの人にとって、
あたたかな希望の光のように感じました。

20201130-7.jpg

その他、番組の最後には、「まろのSP日記」の告知も行いました。
NHK交響楽団第一コンサートマスターで、「まろ」こと篠崎史紀さん(写真中央)と、
100年ほど前の名演奏を現代によみがえらせる「SPレコード」の世界を堪能する番組。

今回は、北九州がふるさとのまろさんが、
「北九州をイメージさせるクラシック曲」をテーマに、SPレコードを選定。
さらに、まろさんと、北九州出身のピアニスト・谷昂登さん(写真右)による
スペシャルコンサートまで!

みなさん、先日29日(日)のテレビ番組はご覧いただけましたでしょうか~?

見逃した!と言う方は、ぜひ、ラジオでの放送もありますので、
12月28日(月)午後9時から午後11時まで、NHKFMでお聴きください!


また、番組へのお便りも頂き、本当にありがとうございました。
私たちスタッフ一同、励みになっています。

内容盛りだくさんの「きたきゅーラジオ」11月号、
11月30日(月)正午から12月7日(月)正午まで
こちらのページで聞き逃し配信されます!
ぜひ、通勤や通学時、料理や掃除中など、お気軽に聞いてみてください。


さてさて次回は12月25日(金)、クリスマスの放送です!
メッセージテーマは、「私のこの1年」。

個人的には、ことしは新型コロナウイルスに翻弄された一年だった…と感じています。
2月にはクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」が横浜港に停泊。
次第に国内でも感染が本格化。
5月には全国的には感染者が減少した一方で、北九州で感染確認が相次ぎ、
「きたきゅーラジオ」でも急遽内容を変更し、
専門家へのインタビューを番組冒頭で詳しくお届けするなどしました。
その後も、コロナは夏にはおさまる。いや秋だ、などと言われつづけ、ついには年を越す勢いです…。

誰もが想像もしなかった1年になりましたが、みなさんのさまざまな思い、
▼番組ホームページや、
▼FAX(093-583-0735)、
▼郵送(〒803-8555 NHK北九州放送局『きたきゅーラジオ』係)、
▼Twitterでは、「#きたきゅーラジオ」でお寄せ下さい。
番組の感想もお待ちしています。
https://www4.nhk.or.jp/P6080/22/

ご投稿、お待ちしています!!