ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2019年12月26日

2019年12月26日 (木)

北九州 年末年始の天気は?

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
今年も残すところ後わずか、一年もあっという間ですね。

今回は、年末年始の天気を詳しくお伝えします。
年末にかけて、そして年始の予想をそれぞれ見ていきましょう。

191226-1.jpg

まずは年末、天気は短い周期で変わる予想で、日ごとの気温の変化も大きくなりそうです。

191226-2.jpg

26日(木)は断続的に雨が降る予想ですが、
27日(金)から28日(土)は天気が回復し、概ね晴れそうです。
天気の大きな崩れもない見込みで、
年末の買い出しや大掃除にもぴったりの天気となりそうです。

ただ、29日(日)の天気は早くも下り坂で、30日(月)にかけて雨が降りやすくなります。
31日(火)は冬型の気圧配置が強まって、沿岸部ほど雲が出やすくなるでしょう。
今の所、内陸部中心に晴れ間も出そうですが、
冬型ということで、北風がかなり冷たく吹きそうです。

191226-3.jpg

そして、年末にかけての気温の予想、こちらも変化が大きくなりそうです。
27日(金)は前日より大幅に気温が下がり、日中も10℃の予想です。
その後は、いったん寒さが緩みますが、31日(火)は再び寒気が流れ込んで寒くなります。
大みそかの最低気温は3℃と、朝晩中心にかなり冷え込みそうです。
除夜の鐘をつきに行かれるという方は、万全の寒さ対策をなさってください。

寒い年越しとなりそうですが、年始はどうなるのか見ていきましょう。

191226-4.jpg

元日は晴れ間がありますが、次第にぐずついた天気となる見込みです。

191226-5.jpg

1日(水)は内陸部を中心に晴れる予想となっていて、
初日の出を見られるチャンスがありそうです。
2日(木)にかけても晴れの天気が続き、初詣にもぴったりでしょう。
3日(金)は傘マークがついていますが、晴れ間の出る可能性があります。
そして、4日(土)以降は、曇りや雨のぐずついた天気となるでしょう。

191226-6.jpg

気温の予想も見ていきますと、1日(水)は日中も9℃とかなり寒くなりそうです。
ただ、その後はだんだんと気温が上がっていく予想です。
この時期の平年の最高気温は10℃くらいですから、
2日(木)以降は平年よりも高く、寒さの緩む日が多くなるでしょう。

年末年始は天気や気温の変化が大きくなりそうです。
何かと忙しい時期ではありますが、
体調管理に気をつけて、元気に新年を迎えられると良いですね。