ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2019年10月10日

oshiete.png

191010-1.jpg

台風19号は、10日午前9時現在、中心気圧が915hPaまで下がっていて、
最高ランクの猛烈な勢力に発達をしています。
衛星画像で見ても、台風の眼は明瞭で、中心付近の雲がかなり発達している様子が分かります。
風速15m/s以上の強風域は直径1350㎞と、大型の危険な台風です。

191010-2.jpg

台風は今後も北上を続け、多少勢力は落とすものの、
それでも非常に強い勢力で、12日(土)から13日(日)にかけて
東海や関東など東日本に接近し、上陸する恐れがあります。
※台風進路は最新の情報をご確認ください。(気象庁HP:https://www.jma.go.jp/jp/typh/

この台風の勢力は、吹く風の強さによって分けられます。

191010-3.jpg

今回は、非常に強い勢力を維持して接近・上陸する恐れがあり、
12日(土)9時に予想される最大風速は45m/s、最大瞬間風速は65m/sとなっています。

191010-4.jpg

最大瞬間風速60m/sを超える風が吹くと、走行中のトラックが横転したり、
住宅が倒壊するなどの被害が出たりする恐れがあります。
台風15号の際は、千葉で住宅への被害など大きな影響が出ましたが、
その時、千葉で観測した最大瞬間風速が57.5m/sです。
今回はそれに匹敵するような暴風が、15号の時より広い範囲で吹く恐れがあります。

191010-5.jpg

現在、日本付近の海面水温は平年よりも高くなっています。
台風が勢力を維持する目安となる27℃以上の海域が、日本のすぐ南まで広がっている状況です。
接近してくる12日(土)9時の時点の中心気圧は940hPaと予想されており、
過去最強クラスの勢力で近づいてきそうです。

191010-6.jpg

勢力が強く大型の台風ということで、雨と風の影響は広範囲に及ぶ見込みです。
全国的に、暴風や警報級の大雨、猛烈なしけとなる可能性があります。
台風からは離れている北九州でも、暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。

191010-7.jpg

気象庁の発表する早期注意情報でも、12日(土)は広範囲で警戒が必要となっています。
北九州の方も、風への備えをお願いします。

台風接近前に確認しておく内容をまとめました。

□進路など最新情報の確認
□側溝や雨どいの掃除
□飛ばされやすいものを家の中に仕舞う
□窓や雨戸の補強
□停電対策
□浴槽に水をためるなど断水対策
□避難経路の確認
□防災グッズの準備

今後の気象情報に十分注意をし、台風に備えるようにして下さい。