ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2019年9月20日

こんにちは!!
アナウンサーの藤重博貴です。

8月20日(火)、「おはよう日本」で、
北九州市在住の世界的なイラストレーター、黒田征太郎さんの企画を放送しました。
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/08/0820.html

太平洋戦争末期、自宅に爆弾が直撃したものの、不発弾で奇跡的に命を救われた黒田さん。
ライフワークとして、命の尊さや平和の大切さを作品に込めてきました。

190920f-1.jpg

80歳になったことしは、漫画家・手塚治虫さんの代表作「鉄腕アトム」をテーマに選び、
アトムを“18歳” とし、9歳だったアトムのその後の物語を描くことで、
現代の若者に命の大切さを訴えようとしています。
黒田さん自ら、手塚治虫さんの事務所や、手塚さんのご遺族と話し合いを重ね、
構想を語り、許諾を得たといいます。

190920f-2.jpg

番組では、特別に、絵本「18歳のアトム」の文章の朗読を、
初代の鉄腕アトムの声を務められた、声優の清水マリさんにお引き受けいただきました。
時をこえて、まさに「18歳のアトム」が現代にあらわれました…!

実は、黒田さん、
手塚治虫さんの漫画に出会ったことが、イラストレーターを志すきっかけでした。
そして、ライフワークとしてきた「戦争」関連のアートには、
「火垂るの墓」で直木賞に輝いた、
作家・野坂昭如さんの存在が大きく影響していたのです。

こうした、テレビではお伝え出来なかった内容も含め、
およそ40分のロングインタビューを放送します。

9月24日(火)午前4時台の「ラジオ深夜便 明日へのことば」
(全国、ラジオ第一・NHK-FM)
『アートで問い続ける“命” イラストレーター・黒田征太郎』です。

放送後、一定期間、インターネットで聞き逃し配信もされる予定です。
https://www.nhk.or.jp/shinyabin/kikinogashi.html

黒田さんは、取材の中で、
「話を聞いてくれてありがとうございます。手塚さんや野坂さんから僕が学んだ
たくさんのことを、自分だけのものにせず、若い人に伝えたいんです」と、
非常に丁寧な口調で、お話になりました。
私自身、27歳の一人の若者です。
果たして、”生きるとは何か”、真剣に向き合い、考えていただろうか。
戦争で命を奪われかけた黒田さんから、問われている思いでした。


また、もう一つ、いま、ラジオドキュメンタリーを制作しています。

9月23日(月・祝)(ラジオ第一、22:05-22:55)
ラジオ特集「虐待された少女たちの“その後”」です。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=P000144_01

ナレーションは、俳優・歌手の、上白石萌音さん。

190920f-3.jpg

7月に「NHKジャーナル」で放送した企画を追加取材し、
50分の番組にするものです。
https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/detail/nhkjournal20190716.html


余談ですが、取材のひそかな楽しみは、取材先に向かう途中にある稲穂の成長でした。

取材を続けた夏から秋にかけて、稲穂は

190920f-4.jpg

190920f-5.jpg

どんどん成長していきました。

休むことなく伸びていく稲穂の姿に、何だか元気をもらっていました。
黒田征太郎さんの「18歳のアトム」では、
アトムが、草花の姿から、生きていることの喜びに気づかされるという
重要な場面があります。
思えば、黒田さんが描いたメッセージの一端を、私自身、
稲穂の姿から受け取っていたようなものです。
不思議な縁を感じました。

このラジオ特集についても、聞き逃し配信される予定です。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

23日、祝日の秋の夜長。
まずは午後10時5分からの特集。
そしてその5時間後、「ラジオ深夜便」での黒田征太郎さんのインタビューと、
ラジオに耳を傾けていただけると嬉しいです。

こんにちは。
ディレクターの中川です。
先週(9月13日)のニュースブリッジ北九州で放送した
「角打ち放浪記・佐藤酒店(豊前市)」の制作を担当しました。
この「放浪記」制作は、
8月に北九州局に着任したばかりの私にとって初仕事となりました。
また、前任地の高松局では記者だったので、
ディレクターとしても初仕事になりました。
居酒屋でもバーでもない、角打ちという不思議な空間でのロケ。
アナウンサーはお客さんに交じってお酒を飲み語らう。
この設定を最初に聞いた時は、驚くとともに、
北九州らしいなとしみじみ思いました。
制作を通して、角打ちならではの味わいがある場面にいくつも出会えました。
カウンター越しの何気ない会話や、冗談を言い合って大笑いしたあとの表情…。
編集では、そういう細部に出てくる人間臭さを大切にしようと心がけました。
取材に快くご協力いただいた店主の元昭さんやご家族の皆さん、
そして常連の皆さん、本当にありがとうございました。

190920k-1.jpg

oshiete.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

19日(木)に台風17号が発生しました。9月になって5つ目の台風発生です。

190920m-1.jpg

この台風は今後発達しながら北上し、21日(土)に沖縄付近を通過、
22日(日)には、暴風域を伴ったまま九州に接近する見込みです。
その後、温帯低気圧の性質を帯びつつ、勢力を保ったまま、
23日(月)から24日(火)に北日本や北陸地方に接近するおそれがあります。

190920m-2.jpg

※こちらの画像は20日9時に発表された情報です。
最新の進路予想はこちらでご確認ください。
気象庁HP:https://www.jma.go.jp/jp/typh/

北九州への最接近は22日(日)夜となりそうですが、
今回は台風が近づく前から雨が強まりそうです。
その理由が、今回の特徴でもある「台風+秋雨前線」です。

190920m-3.jpg

20日(金)夜の予想天気図を見ていくと、台風の北側には
秋雨前線が停滞している様子が分かります。
これは大雨をもたらす典型的なパターンです。

190920m-4.jpg

日本付近に前線が停滞している場合、台風から湿った空気が前線を刺激し、
台風本体が近づく前から雨が強まる恐れがあります。
今回も、台風が近づく前、21日(土)から激しい雨が降りそうです。

190920m-5.jpg

北九州市の雨の予想を見ていくと、
20日(金)の夕方頃から広く雨が降り始め、
21日(土)は朝晩を中心に激しく降る見込みです。
台風本体が近づく22日(日)は断続的に雨が強まるでしょう。

また、台風の影響で風が強まり、波も高くなる見込みです。
県内は、早い所で21日(土)夜遅くに、
風速15m/s以上の強風域に入るでしょう。

190920m-6.jpg

こちらは、台風が接近する22日(日)の早期注意情報です。
暴風警報と波浪警報の発表される可能性が高く、暴風や高波に警戒が必要でしょう。
特に、北九州・遠賀地区や福岡地方を中心に、暴風が吹いて大荒れの天気となりそうです。

最後に、台風への備えを改めて確認しておきましょう。

190920m-7.jpg

まずは、暴風対策です。
自転車や植木鉢など外に置いてあるものは固定をしたり、家の中にしまったりして下さい。
また、以前台風が接近した際、強風の影響で停電が発生した地域もあります。
停電に備えて、懐中電灯の用意やスマートフォン・携帯電話を充電しておくことも大切です。
また、雨が降る前に側溝などを掃除して水はけを良くし、
念のため避難経路の確認や防災用品の準備をしておくことも大切です。

連休という方もいらっしゃると思いますが、
最新の台風情報には十分注意してお過ごしください。

こんにちは!
キャスターの中島三奈です。
本日放送の中継のお知らせです。
去年4月に閉館し、およそ1年5か月かけて改装してきた
北九州市門司区にある関門海峡ミュージアム。
9月21日(土)、いよいよ、リニューアルオープンします。
関門海峡ミュージアムがどう変わったのか、
その魅力をオープン前日の20日(金)、午後6時30分からの
ニュースブリッジ北九州で中継でお伝えする予定です。
操船シミュレーターや、関門海峡にまつわるゲームなど盛りだくさんです!

190920n-1.jpg

担当の古賀ディレクターが手描きでイラストを描いてくれました♪
ぜひご覧くださいね!!

190920n-2.jpg