ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

番組情報

こんにちは!!
アナウンサーの藤重博貴です。

8月20日(火)、「おはよう日本」で、
北九州市在住の世界的なイラストレーター、黒田征太郎さんの企画を放送しました。
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/08/0820.html

太平洋戦争末期、自宅に爆弾が直撃したものの、不発弾で奇跡的に命を救われた黒田さん。
ライフワークとして、命の尊さや平和の大切さを作品に込めてきました。

190920f-1.jpg

80歳になったことしは、漫画家・手塚治虫さんの代表作「鉄腕アトム」をテーマに選び、
アトムを“18歳” とし、9歳だったアトムのその後の物語を描くことで、
現代の若者に命の大切さを訴えようとしています。
黒田さん自ら、手塚治虫さんの事務所や、手塚さんのご遺族と話し合いを重ね、
構想を語り、許諾を得たといいます。

190920f-2.jpg

番組では、特別に、絵本「18歳のアトム」の文章の朗読を、
初代の鉄腕アトムの声を務められた、声優の清水マリさんにお引き受けいただきました。
時をこえて、まさに「18歳のアトム」が現代にあらわれました…!

実は、黒田さん、
手塚治虫さんの漫画に出会ったことが、イラストレーターを志すきっかけでした。
そして、ライフワークとしてきた「戦争」関連のアートには、
「火垂るの墓」で直木賞に輝いた、
作家・野坂昭如さんの存在が大きく影響していたのです。

こうした、テレビではお伝え出来なかった内容も含め、
およそ40分のロングインタビューを放送します。

9月24日(火)午前4時台の「ラジオ深夜便 明日へのことば」
(全国、ラジオ第一・NHK-FM)
『アートで問い続ける“命” イラストレーター・黒田征太郎』です。

放送後、一定期間、インターネットで聞き逃し配信もされる予定です。
https://www.nhk.or.jp/shinyabin/kikinogashi.html

黒田さんは、取材の中で、
「話を聞いてくれてありがとうございます。手塚さんや野坂さんから僕が学んだ
たくさんのことを、自分だけのものにせず、若い人に伝えたいんです」と、
非常に丁寧な口調で、お話になりました。
私自身、27歳の一人の若者です。
果たして、”生きるとは何か”、真剣に向き合い、考えていただろうか。
戦争で命を奪われかけた黒田さんから、問われている思いでした。


また、もう一つ、いま、ラジオドキュメンタリーを制作しています。

9月23日(月・祝)(ラジオ第一、22:05-22:55)
ラジオ特集「虐待された少女たちの“その後”」です。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=P000144_01

ナレーションは、俳優・歌手の、上白石萌音さん。

190920f-3.jpg

7月に「NHKジャーナル」で放送した企画を追加取材し、
50分の番組にするものです。
https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/detail/nhkjournal20190716.html


余談ですが、取材のひそかな楽しみは、取材先に向かう途中にある稲穂の成長でした。

取材を続けた夏から秋にかけて、稲穂は

190920f-4.jpg

190920f-5.jpg

どんどん成長していきました。

休むことなく伸びていく稲穂の姿に、何だか元気をもらっていました。
黒田征太郎さんの「18歳のアトム」では、
アトムが、草花の姿から、生きていることの喜びに気づかされるという
重要な場面があります。
思えば、黒田さんが描いたメッセージの一端を、私自身、
稲穂の姿から受け取っていたようなものです。
不思議な縁を感じました。

このラジオ特集についても、聞き逃し配信される予定です。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

23日、祝日の秋の夜長。
まずは午後10時5分からの特集。
そしてその5時間後、「ラジオ深夜便」での黒田征太郎さんのインタビューと、
ラジオに耳を傾けていただけると嬉しいです。

こんにちは。
ディレクターの中川です。
先週(9月13日)のニュースブリッジ北九州で放送した
「角打ち放浪記・佐藤酒店(豊前市)」の制作を担当しました。
この「放浪記」制作は、
8月に北九州局に着任したばかりの私にとって初仕事となりました。
また、前任地の高松局では記者だったので、
ディレクターとしても初仕事になりました。
居酒屋でもバーでもない、角打ちという不思議な空間でのロケ。
アナウンサーはお客さんに交じってお酒を飲み語らう。
この設定を最初に聞いた時は、驚くとともに、
北九州らしいなとしみじみ思いました。
制作を通して、角打ちならではの味わいがある場面にいくつも出会えました。
カウンター越しの何気ない会話や、冗談を言い合って大笑いしたあとの表情…。
編集では、そういう細部に出てくる人間臭さを大切にしようと心がけました。
取材に快くご協力いただいた店主の元昭さんやご家族の皆さん、
そして常連の皆さん、本当にありがとうございました。

190920k-1.jpg

こんにちは!
キャスターの中島三奈です。
本日放送の中継のお知らせです。
去年4月に閉館し、およそ1年5か月かけて改装してきた
北九州市門司区にある関門海峡ミュージアム。
9月21日(土)、いよいよ、リニューアルオープンします。
関門海峡ミュージアムがどう変わったのか、
その魅力をオープン前日の20日(金)、午後6時30分からの
ニュースブリッジ北九州で中継でお伝えする予定です。
操船シミュレーターや、関門海峡にまつわるゲームなど盛りだくさんです!

190920n-1.jpg

担当の古賀ディレクターが手描きでイラストを描いてくれました♪
ぜひご覧くださいね!!

190920n-2.jpg

こんにちはー!!藤重です。

暑いですね…。蒸し風呂みたい。笑
以前の暑さは単に暑い!ってだけでしたが、いまはすっかり「蒸し」暑いです。
前のブログを書いた時点ではつけていた加湿器をさすがに消し、
エアコンの除湿機能を使う日々です。

190815-1.jpg

リバーウォーク北九州周辺の緑も日を浴びてますます青々と輝き、草も元気よく伸びています。
自然の生命力をひしひしと感じています。
また、人間にとっても、夏祭りで力強い勇壮な演技を繰り広げたり、
お盆の集まりなどでおなか一杯食べたり飲んだりと、
夏はいつも以上に力があふれているように感じます。

祭りと言えば、先日、わっしょい百万夏祭りが行われましたよね!

190815-2.jpg

私も生中継してきました!
北九州のヒーロー、キタキュウマンとも初対面です。
放送ではマスクを脱いでくれました!
北九州ではおなじみでしょうが、中の人、イケメンですね…。笑

190815-3.jpg

夏祭り大集合も見てきましたよ~。
去年は転勤直後でバタバタして行けず、一年ごしのお祭り見物です。
小倉祇園太鼓も、初めてきちんと見ることができました。
5市合併でできた北九州らしく、地域ごとに異なる文化をまざまざと感じ、面白かったです。

さて、先日、「NHKジャーナル」「三宅民夫のマイあさ!」に出演しました。
テーマは、「虐待を受けた少女たちの居場所」。

https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/detail/nhkjournal20190716.html

詳しくは上記の「読むらじる。」を見ていただきたいのですが、
世の中に居場所を見つけられず、生きづらさを抱える人へ
何かメッセージを届けられればと考え、取材しました。

どういう支えの中で、人は生きていけるのか。
春にセンバツ甲子園でリポーターをしたときのブログにも書きましたが、改めて考えさせられました。
また別番組でもお伝えすべく、いま、取材を続けています。

 

他人の命に関心を持たず、どことなく不寛容。こんな時代が行きつく先はどこなんだろう。
そういう思いを持ち、いまの時代に響く平和へのメッセージを
「アート」で描こうとしている方の取材も行っています。

190815-4.jpg

大阪出身で、10年前から北九州市門司区にアトリエを構える、イラストレーターの黒田征太郎さん。
いま、漫画家・手塚治虫さん原作の「鉄腕アトム」を題材に、
平和へのメッセージを若い世代に伝えようとしています。

先日北九州では放送しましたが、
8月20日(火)「おはよう日本」午前7時台で全国に放送することになりました。
そのロケで、黒田さんのギャラリーがある大阪へ行ってきました。

190815-5.jpg

場所は心斎橋。1983年に黒田さんが描いた壁画が街のシンボルです。

 

黒田さん自身、太平洋戦争末期、自宅が空襲に遭い、
不発弾だったため奇跡的に命を救われたという経験があります。
そこから、命とは何か、生きることの意味について深く考えるようになったと話します。

「地球上に戦後は一度も訪れたことがない。戦争は人間の性である」と語る黒田さん。
だからこそ、命とは何か、生きることの意味って何だろう、と常に問い続けないと、
人間は簡単に戦争を起こしてしまうといいます。
ことし80歳になった黒田さんが、新たに「アトム」に託す平和への思いとは何か。

 

190815-6.jpg

私も東京で制作作業にあたります。
8月20日(火)、全国放送「おはよう日本」午前7時台、ぜひご覧いただけると嬉しいです。

お互い暑い夏を乗り切りましょう!!

こんにちは。キャスターの中島三奈です。

北九州の夏の風物詩、「小倉祇園太鼓」の季節がやってきました。
「小倉祇園太鼓」が今年で400周年を迎えるのにあわせて、
祭りの担い手を育成しようという催しが、今月7日に開かれました。
この催しは、小倉祇園太鼓400周年行事実行委員会が開いたもので、
初心者を中心に小学生から最高齢は66歳までおよそ70人が集まりました。
私、中島も太鼓に初挑戦しました。

太鼓を教えてくださった、小倉祇園太鼓保存振興会・副会長 樽井敬三さんと
190709-01.jpg
とても親切に教えてくださいました。ありがとうございました!!

この催しに参加して、太鼓を初めて叩いた参加者の皆さんの感想や、
主催した小倉祇園太鼓400周年行事実行委員会の方の思いなどを
7月11日(木)午後6時40分からの「ニュースブリッジ北九州」の中でお伝えする予定です。
ぜひご覧ください!!

こんにちは\(^〇^)/!アナウンサーの藤重です。
やっと九州北部が梅雨入りしました!!
じめじめしますね~。蒸し暑い。

190628-1.jpg

せめて除湿をするとすっきりするのでしょうが、
ことばを扱う職業柄、のどのことを考えると乾燥は大敵。
家では加湿器を使っています。
のどをとるか。快適な生活環境をとるか。悩ましいです…。

さて、6月26日(水)、九州工業大学戸畑キャンパスで、
英語にまつわるセミナーの司会を担当しました!!

190628-2.jpg

「パックンマックンの英語にThank you!」です。
九工大の創立110周年を記念したセミナーで、
日本人とアメリカ人のお笑い芸人、パックンマックンが、
ユーモアを交えて英語を身近に感じるコツを教えてくれました。

2人が言っていたのは、「英語は実はしゃべれるんだ!」ということ。

190628-3.jpg

英語を交えたコントでは、会場全体が笑いに包まれました。
また、英語をしゃべってみるゲームでは、見事に学生が短文を完成!
会場全体が、「実は英語は十分しゃべれるし、理解できている」と認識しました。

私も、せっかく英語ということばを知っているのに、聞いたり、話したり、
十分に使っていないことのもったいなさに気づかされました。

190628-4.jpg

これから、外国語に、もっと意識して触れていきたいと思います。


一方で、外国人が相手でなくても、「ことば」は、
うまく発することができないと、日常生活に支障が出ることがあります。

中には、ことばの発達が遅れ、思っていることをうまく話せず、
ストレスからかんしゃくなどを起こしてしまう「発達障害」の子どももいます。
いま、小中学生の15人に1人にその可能性があるといわれています。

190628-5.jpg

こうした子どもたちに、絵の描かれたカードなどを使って、
ことばの発し方の訓練を行うのが、言語聴覚士です。
筑豊地域で、発達障害の子どもに向き合いながら、社会に対しても、
もっと発達障害について知ってほしいと団体を立ち上げた言語聴覚士の方に
先日、インタビューを行いました。

「ニュースブリッジ北九州」で、7月1日(月)放送予定です。

NHK北九州のツイッターでもお知らせします、
ぜひご覧ください!

https://twitter.com/nhk_kitakyu

 

部活動に打ち込む若者たちの姿をご紹介する「本気×部活」のコーナー。
本日、24日(金)は豊前市の福岡県立青豊(せいほう)高校

190524-2-5.jpg

ダンス部ポン部門の皆さんをご紹介します。
とっても元気で笑顔が素敵な皆さんです!!
写真をお願いしたらこの笑顔!!可愛いですよね~!!

可愛いだけでないんです。青豊高校ダンス部ポン部門は、
去年、全国大会2連覇を果たした強豪校。
今回はポンダンスの魅力と強さの秘密をお伝えします!!

190524-2-4.jpg

ポン部門!?ポンってなに??初めて聞いたわ~という方。
ポン部門とは、ポンポンを使ったダンスのことです。

青豊高校のダンスの魅力は、表現力と動きの一体感。

190524-2-1.jpg

そして強さの秘密、それは基礎練習にありました。
実は、ペットボトルを使った練習を行っているんです。
わたしも練習に参加させていただきました。

190524-2-2.jpg

「どうして、こんなにきれいに足があがるのぉ!?き、きつい!!」

190524-2-6.jpg

彼女たちを指導するのが、顧問で体育教師の亀田栄里佳さんです。
「わたしたち顧問が見ていないところでも
しっかり練習できる自主性のある生徒を育ててきました。
部員が、きつい練習を頑張れているのは周りの人のおかげで
ダンスができているという感謝の気持ちがあるからだと思います。」
と話してくださいました。

華麗なダンスですが、1曲踊るだけでかなりの体力を消費します。
そんな中、毎回、全力、かつ笑顔で踊る皆さんを見ていると感動で思わず涙が・・。
取材後、カメラマンも「心が清くなった・・」と話していました。
一生懸命頑張るって素晴らしいですね!!

担当した木原ディレクター

190524-2-7.jpg

「彼女たちの頑張りを、ぜひ放送でご覧くださいね!!」

 


◆木原ディレクターより◆

しなやかな身のこなし、芯の強さ、いつも絶やさない笑顔。
そんな部員の皆さん、県立高校で部活の時間も限られているなか、
全国2連覇とトップにのぼりつめたのは、地道な陰の努力があったから。
自宅でも自主練をしたり、普段の立ち居振る舞いも心がけているそうです。
栄光は、やはり、努力の総量なんですね。
部員の皆さんのキラキラした姿がとてもまぶしかったです。
3連覇目指されている皆さんを全力応援しています!


2019年04月19日 (金)

続!角打ち放浪記

以前、吉松欣史アナウンサーが担当されていた人気コーナー、
「ヨッシーの角打ち放浪記」。
吉松さんが転勤されてもご心配なく!コーナーは続きますよー!

さて、新年度1回目の今日(4月19日)は、廣瀬雄大アナウンサーが、長年、地元の人たちに愛され続ける
若松の老舗角打ちを訪ねます。

廣瀬さん、お酒に飲まれずに地元の方と仲良くなったのでしょうか?!
その模様は、ぜひ今日の「ニュースブリッジ北九州」  総合・午後6時30分~をご覧くださいね!

190423-1.jpg

190423-2.jpg

190423-3.jpg


 ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵

みなさん今年度最初の角打ち放浪記はご覧頂けましたか?

初リポートの廣瀬アナウンサー、
若松のお母さんとして慕われる店主の
あたたかさを肌で感じたようです!

地元の方に長年に愛される角打ち・・
ぜひ行ってみたいものです!

今回ご紹介したお店はこちら!
野村商店
住所:北九州市若松区浜町1-4-14
角打ち:17時~19時30分(定休・日曜祝日)
電話:093-761-2751

皆さま初めまして!気象予報士の森本まりあです。
4月から「ニュースブリッジ北九州」で気象情報を担当しています。
北九州の皆様の生活に役立つ天気予報を、しっかりお伝えしていきたいと思います。


さて、今回ははじめての投稿になりますので、簡単に自己紹介をさせて頂きます。
出身は東京都で、この春大学を卒業したばかりです。
空が大好きで、高校生の時から天気の勉強を始め、
大学1年生の時に気象予報士の資格を取得しました。
大学時代は天気漬けの毎日で、
テレビ局の夜勤で夜~朝番組の天気予報の原稿を書いたあと大学に行ったり、
授業に出たあとネット配信される天気予報動画に出演したりしていました。


気象キャスターは、私にとって憧れの仕事だったので、北九州でキャスターとして
皆さまにお天気をお伝えできることをとても嬉しく思っています。
この地域ならではの天気の特徴を肌身で感じて、毎日の天気と真摯に向き合い、お伝えしていきたいです。
また、北九州の色んな所を巡り、季節のネタを探しに行きたいと思っています。


まだまだ未熟な私ですが、分かりやすい気象情報をお伝えできるように日々精進してまいります。
これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

20190408.jpg

 

アナウンサーの廣瀬です。

今年度、故郷・北九州市の市民文化賞を受賞した、松尾スズキさん。
俳優としてことしのNHKの大河ドラマ「いだてん」にも出演しているほか、
作家、演出家、映画監督、脚本家などなど、マルチに才能を発揮されています。

さらに、松尾さんと言えば、阿部サダヲさんや宮藤官九郎さんなど、
そうそうたるメンバーが揃う「大人計画」主宰。
30年以上にわたり、この劇団をひっぱりながら、さまざまな表現の場で、「笑い」を追求してきました。

なぜ、「笑い」にこだわるのか。
ふるさと北九州にはどんな思いを抱き続けてきたのか。
松尾さんが、この先、目指す姿とは・・・。
たっぷりとうかがいました。

190325-1.jpg

インタビューの模様は
3/28(木)午後6:10の「ニュースブリッジ北九州」で放送します。
ぜひ、ご覧ください!