ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

番組情報

アナウンサーの田中秀喜です。
今回の「きたきゅーラジオ」は、
4月19日に大火事に見舞われた“北九州の台所”旦過市場を特集しました。
同日夜放送の総合テレビの特番
「もう一度、この場所で~旦過市場火災 1カ月~」で
被害を受けた店主の側にスポットを当てていたことや、
「きたきゅーラジオ」という番組の性格を考え、
旦過のまちを愛する市民の側からのエールを届ける時間にしました。
今回ご紹介した“わたしの旦過市場”のメッセージは
総合テレビ「ニュースブリッジ北九州」で随時ご紹介するとともに、
北九州WEBにも一部掲載しています。
引き続き募集していますので、
みなさんの旦過市場に関するメッセージをお寄せください。

20220601-1.jpg

写真中央は、テレビ特番の取材班のひとりで、
火事で営業できなくなっている老舗精肉店の店主・松田さんに密着した
木原清華ディレクター。
去年、総合テレビ「小さな旅」の取材で出会って以来、
松田さんの人柄にほれこんでいるひとりです。
今回のテレビ特番でナレーションを担当した私も
「やりますよ!」と力強く語る松田さんの笑顔に魅了されました。

なお、今回の「きたきゅーラジオ」、
【らじる★らじる】の聴き逃し配信は6月6日の正午までですので、
よろしかったらお聴きください。

2022年05月18日 (水)

20年前の思い出

アナウンサーの田中秀喜です。
早いもので、この仕事に就いて30年過ぎてしまいました。
その間、おもに九州・山口を転々としてきました。
前回北九州局に転勤したのが20年前!
“十年ひと昔”と言ったりしますから、“ふた昔”前の話です。
当時は旦過でモノレールを降りて、大門にある昔の局舎に通っていました。
旦過市場を歩いていると、「いつも見てるよ」と声をかけていただきました。
それまで街なかで話しかけられることなどなかったので、
旦過のまちのみなさんのフレンドリーさがうれしかったのを覚えています。
出勤時に通ることが多くてあまり買い物はできなかったのですが、
あの活気とノスタルジックな雰囲気が良いんですよねぇ。
じつは、去年再び北九州勤務が決まって家を探しに来た際、
真っ先に行ったのも、旦過市場内の飲食店でした。

そんな旦過のまちで起きた大火事から約1か月たちました。
旦過市場の北側入口の立ち入り禁止は解かれましたが、

20220518-1.jpg

焼け残った建物が火事のすさまじさを物語っています。

20220518-2.jpg

一方で、南側のエリアを中心に賑わいが戻ってきました。

20220518-3.jpg

耳を傾けると、
店の人の声とともにお客さんのお見舞いのことばが聞こえてきます。
“北九州の台所”と言われ親しまれているのだと実感しました。

今月の「きたきゅーラジオ」は、旦過市場を特集することにしました。
復興に向けた最新情報とともに、
旦過のまちへのメッセージをご紹介します。
できるだけ多くの声を届けたいと考えていますので、
ぜひ、みなさんひとりひとりの
“わたしの旦過市場”への思いをお寄せください。
今回の「きたきゅーラジオ」や
「ニュースブリッジ北九州」で放送します。
投稿はこちらからか、
〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係、
FAXは、093-583-0735、
ツイッターは「#きたきゅーラジオ」とつけて投稿してください。
お待ちしております。

放送は、R1(ラジオ第1)で、
北九州・筑豊エリア向けに、27日(金)午後0時20分からです。
ぜひお聴きください。

アナウンサー生活31年目の田中秀喜です。

日々のニュースの他、さまざまな仕事をしていますが、
中でも特別な思いを持って取り組んでいるのが、朗読です。

きっかけは、前回の北九州勤務時に担当した、“聴く短編小説”「ラジオ文芸館」。
故・佐木隆三さんがアマチュア時代に書いた短編「野いちご」の読み手として参加し、
演出を担当した大先輩のアナウンサーの特訓を受けて、本番に臨みました。
ちなみに、実際に起きた犯罪をテーマに数多くの小説を著し、ノンフィクション・ノベルというジャンルを確立した佐木さんですが、
この作品は甘く切ない恋愛小説でした。
番組は、幸いなことにそれなりにご好評いただき、以後20年近く朗読に挑み続けています。
朗読番組を作るたびに自分の拙さを反省することにはなるのですが、
「放送を聴いてその本を読んでみたくなった」とか「自分で読んだときより内容が伝わった」
というご意見をいただくと、周りに気づかれないように小さくガッツポーズをしてしまいます。

そんな私が、またまた「ラジオ文芸館」を担当しました。
地元・北九州のアナウンサーとして、没後30年を迎えることし絶対実現したいと思っていた、松本清張作品の朗読です。
今回は「白梅の香」という時代小説を取り上げます。
「眉目優れた津和野藩の若侍・白石兵馬が、初めての江戸勤めで芝居見物に夢中になり…」と、
ひとつの出会いから思わぬ方向へと話が展開していく、清張らしいお話です。
今回は、本来ラジオでは伝わらないはずの「香り」を音響効果で表現してみました。
ご堪能いただけたら幸いです。

22020512-1.jpg

放送は、今度の日曜日の「ラジオ深夜便」、日付が変わって16日(月)午前1時台です。
リアルタイムで聴けなくても、「らじる★らじる」などの聴き逃し配信なら放送後1週間、
パソコンやスマートフォンでお聴きいただけます(「日曜日放送分を聴く」をクリックorタップしてください)。

ページをめくる手間もいりませんし、私のように小さい文字を目で追う苦労もありません。
ぜひお聴きください!

みなさんこんにちは。
アナウンサーの 鈴木聡彦 です。
4月22日の「きたきゅーラジオ」は、
「春の味!合馬たけのこ」をメインテーマに
放送しました!

20220426-1.jpg

たけのこが合馬で生産されるようになった
きっかけから、今年の出来まで、
合馬たけのこ体験園園長の
三村訓章さんと電話を結んでご紹介しました。

20220426-2.jpg

地元ならではのたけのこ料理の話も登場。
三村さんのイチオシは、
写真の「床漬け」だとか。
たけのこをぬか床に漬けたもので、
ほんのりとした酸味と、
シャキシャキ感がたまりません!

20220426-3.jpg

今回は、写真右の 江崎裕子さん に加え、
写真中央・営業担当の竹田有稀職員が出演。
NHK北九州放送局が作った、
「ドライバーのための防災手帳」を紹介しました。

20220426-4.jpg

今回の「きたきゅーラジオ」をもういちど聴きたい、
または、生放送では聴けなかった、というみなさんにも
聴き逃しサービス があります。
インターネットの「らじるらじる」で
5月2日(月)の正午まで配信しています。
ぜひ、お聞きください!

番組では引き続き、みなさんからの
メッセージを募集中 です。
ツイッターの場合は、「#きたきゅーラジオ」とつけて投稿してください。
FAXは、093-583-0735
郵便の場合は、〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係まで
どしどしお寄せください。

また、 ニュースブリッジ北九州 との共同投稿企画、
発見!小さな幸せ でも、動画や写真の投稿をお待ちしています!

これからも、番組をどうぞ、どうぞごひいきに!

2022年04月15日 (金)

"私の好きな春!"大募集

みなさん、こんにちは!
アナウンサーの 鈴木聡彦 です。
すっかり春らしくなってまいりましたが、
いかがお過ごしでしょうか?

さて、4月22日放送の きたきゅーラジオ では、
みなさんからの メッセージ を大募集中です!
テーマは「私の好きな春!」

いろいろあると思いますが、
私が大好きなのは、今回番組でも紹介する
春の味、「たけのこ」です!

20220415-1.jpg

特に北九州市小倉南区は、
地元のみなさんおなじみの
「合馬たけのこ」の産地ですよね!

20220415-2.jpg

定番のたけのこごはんはもちろん、
地元ではいろんな食べ方で楽しんでいます。
たけのこだけに、とっておきの情報を
どんどん「掘り起こして」ご紹介しますよ~!!

みなさんも、「私の好きな春!」
ぜひ、教えてくださいね!
きたきゅーラジオ 放送は、22日(金)午後0時20分から。
「たけのこ」についての
メッセージや質問もお待ちしています!!

11年ぶりの出場で初優勝を目指す
北九州市の九州国際大付属高校。
強力な打線に注目が集まりがちですが、
その攻撃にリズムを生み出しているのは
堅い守りにありました。

20220318-1.jpg

【武器は強力な打線】
センバツ開幕前までの公式戦のチーム打率は3割3分8厘。
優勝した去年秋の九州大会では
4試合で43点を奪い各県の強豪を力でねじ伏せました。

【打線を引っ張る2年生】

20220318-2.jpg

強力打線の中軸を担うのが2年生の佐倉侠史朗選手です。
身長182センチ、体重104キロ。
腰を落としてバットを高く構える独特なバッティングフォームは、
プロ野球西武の森友哉選手やヤクルトの村上宗隆選手を参考にしているといいます。
パワーだけに頼るのではなく、
腕をしなやかに使うバッティング技術は楠城徹監督が「天才」と評価。
秋の公式戦では5本のホームランを打ちました。
ただ佐倉選手は、
「チャンスではホームランというよりも
 チームのためになる一打を心におきたい」と述べ、
甲子園でチームを勝利に導く一打を心がけています。

【最大の武器は鉄壁の守備】
そんな強力打線を持つ九州国際大付属高校ですが
楠城監督にチーム作りの信条は何かと聞くと
「守備」という答えが返ってきました。

20220318-3.jpg

楠城監督は、
「いいピッチャーにかかったら
 打てない。
 その時に
 接戦をものにし
 勝ち進むすべが守備だ」。

中でも
守備の機会が多いキャッチャー、セカンド、
ショート、センターの
いわゆる「センターライン」は、
プロ野球でヘッドコーチの経験もある楠城監督をして「これ以上はない」と絶対の自信を持っています。

20220318-4.jpg

チームは
九州大会4試合でエラーゼロ。
鉄壁の守りが攻撃に良いリズムを生み出していました。

【選手も守備を重要視】
この意識は選手にも浸透しています。

20220318-5.jpg

「打撃が注目されるが、
エラーが少ないことも
 注目してほしい」と話すのは
キャプテンの野田海人選手。
高校屈指の強肩が売りの
キャッチャーですが、
最速146キロのストレートと
多彩な変化球を投げる
本格派の右ピッチャーとして
マウンドにのぼることもあります。
”守備の二刀流”でチームを支えています。

九州・福岡の代表として日本一を目指すと宣言している野田選手。
この言葉どおり、北九州の地に優勝旗を
持って帰ってきて欲しいと思います。

(北九州局 記者 石井直樹)

みなさんこんにちは。

アナウンサーの鈴木聡彦です。

みなさんからいただいた投稿を、
ニュースブリッジ北九州」などでご紹介している「発見!小さな幸せ」。
このほど、スペシャル番組として放送します!

ゲストは、小倉北区出身の、
ものまね芸人・原口あきまささんと、

20220308-1.jpg

北九州市在住で、
SNSや本で節約レシピを発信している
料理家で、インスタグラマーの
RINATYさんです!

22020308-2.jpg

みなさんからは、1年あまりで
2000を超える投稿をいただきました。
番組では、これまでに放送してきた
選りすぐりの投稿に、
まだご紹介していない秘蔵の作品も加え、
ゲストとともに、にぎやかにご紹介します!

22020308-3.jpg

放送は、3月25日(金)午後7:30からと、
再放送が、4月2日(土)午前10:55からです。
投稿された方も、そうでない方も、
ぜひ、さまざまな「小さな幸せ」を
発見してみてくださいね!!

動画や写真の投稿はこちらから
お待ちしています。
どしどしお寄せください!

アナウンサーの田中秀喜です。
今回の「きたきゅーラジオ」では、
ことし生誕160年・没後100年の節目を迎えた文豪・森鷗外と
北九州の関わりについて取り上げました。
じつは、前回の北九州勤務時、
自分が渡っている橋に鷗外の名が付いていることに驚いたのです。
丸3年も住んでいないのに森鷗外に対するリスペクトがすごい!
「なぜ、そこまで?」という、当時からの素朴な疑問が
今回の特集のきっかけと言っても過言ではないかもしれません。

ということで、
鷗外にとって小倉での日々はどう位置付けられるのか、
一方で、当時の小倉の人々にとって、
北九州の文学・文化にとってどんな影響を与えたのか、など
北九州森鷗外記念会理事の養父克彦さんに電話でお話を伺いました。
鷗外がこの地に「近代文化の種をまいた」とも言われるゆえんを
圧倒的熱量でお話しいただきました。
3月7日(月)の正午まで
【らじる★らじる】の聴き逃し配信を行っておりますので、
ぜひお聴きください。

ちなみに、下の写真で江崎キャスターが持っているのが、
北九州森鷗外記念会のみなさんが編集されたリーフレット。
鷗外の小倉時代を中心にコンパクトにまとめられたもので、
現在は、改良を重ねた第4版が配布されています。
私も、1月に森鷗外旧居(3月末まで休館)でいただきました。
私が手にしているのは、北九州市立文学館が発行した
小倉三部作と小倉日記が収められた文庫本ですが、
すでに品切れなんだそうです。
図書館などで借りることができるかもしれませんので、
小倉三部作などに興味のある方は探してみてください。

20220301-1.jpg

なお、藤重アナウンサーが取材・制作に携わった
黒田清太郎さんのドキュメンタリーも
NHKプラスで3月11日(金)まで配信中です。
こちらもぜひご覧ください。

さて、「きたきゅーラジオ」は、3月の放送はありません。
が、番組が終了するわけではなく、次回は4月末の放送予定です。
メイン企画や募集するお便りのテーマは改めてお知らせします。
今後取り上げてほしい
北九州や筑豊、京築などに関するテーマがありましたら、
こちらの投稿フォームか、
〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係、
(FAX)093-583-0735までお寄せください。
お待ちしております。

こんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

きょう、北九州局開局90年記念の特別番組として、43分のドキュメンタリー
「ぼくが今、伝えたいこと ~イラストレーター・黒田征太郎さん~」が放送されます。

20220225-1.jpg

黒田さんは、昭和14年、大阪生まれの83歳です。
昭和44年にデザイン事務所「K2」(ケーツー)を設立し、イラストやポスター、
壁画などで数多くの国際的な賞に輝き、
日本のグラフィックデザインをけん引してきた第一人者です。
13年前からは北九州市の門司港にアトリエを構え、活動の拠点としています。
例えば北九州では、北九州空港のトイレの壁に描かれた鳥の絵などで有名ですよね。

20220225-2.jpg

私が黒田さんの取材を始めたのは、3年前の夏。
当時、黒田さんが、
若者に向けて平和の大切さを伝える新作の絵本を描いたタイミングでした。
黒田さんが、実はライフワークとして、
長年にわたり命の尊さや平和の大切さを絵で訴え続けていることを知り、
その原点は何か、知りたいと思ったのです。
その後も、子どもたちと一緒に絵を描いて交流する様子などを取材し、
黒田さんが絵を通して伝えたいことを、さまざまな角度から見つめてきました。

折を見て取材を続けていた、おととしのこと。
「2021年冬、田川市美術館で、『黒田征太郎展』と銘打った
集大成となる展覧会を開く予定がある」という情報を知りました。
田川市は、黒田さんの父親がかつて炭鉱で働いていた、縁の深い土地です。
80歳を超えてもなお命や平和の大切さを訴え続ける黒田さん。
いま、自身の命のルーツでもある田川と向き合うのはなぜなのか。
そして絵を描く意味とは何なのか。
展覧会に向けた創作の日々を見つめたいと、
ドキュメンタリー番組を制作することになりました。

そんな、命の尊さを訴え続けてきた黒田さんにも、
新型コロナの感染拡大という未曽有の状況が襲い掛かります。
黒田さんは、命がおびやかされるコロナ禍に直面し、
絵で何ができるのか、今の時代に何を描けばいいのか思い悩み、
さまざまな人や場所からヒントを得ます。

20220225-3.jpg

そして、黒田さんが展覧会で挑むと決めたのは、縦2m、横10mの巨大なキャンバス。
次の世代を担う子どもたちへの切実な思いを込めたといいます。

絵を通して、いったいどんなメッセージを黒田さんは伝えようとしたのか。
ふだんは明かされない、創作の現場に密着しました。
若い世代はもちろん、今を生きるどの世代の方にとっても、
忘れてはいけない大切なメッセージを感じていただけるのではないかと思います。

今回、取材・制作・ナレーションまで、一貫して担当させていただきました。
3年間の継続取材の記録です。ぜひ、ご覧いただけると嬉しいです。

 

本放送:2月25日(金)午後7時59分~(総合、北九州・筑豊)
再放送:2月26日(土)午前10時5分~(総合、北九州・筑豊)
NHKプラス:2月28日(月)お昼ごろ~3月11日(金)まで配信

2022年02月18日 (金)

"ヨカン"です

アナウンサーの田中秀喜です。
暦の上では春ですが…寒いですね、寒すぎます。
花粉症の方には申し訳ないのですが、「春よ、来い」と願うばかりです。

ちなみに、この時季の寒さを「余寒(よかん)」と言います。
“ヨカン”と聞くと、子どもの頃にテレビで見ていた人形劇の
「予感です、予感がします」というセリフを思い出します。
私事ですが、そんな余寒の候に誕生日を迎えました。
心の片隅にでも「おめでとう」の感情が浮かんだみなさん、ありがとうございます!

本題に戻りましょう。
今月の「きたきゅーラジオ」のお知らせです。
16日、寒さに震えながら小倉駅前で撮った写真がこちら。

20220218-1.jpg

ことし生誕160年・没後100年の節目を迎える文豪・森鷗外の住居跡の碑です。
鷗外は、陸軍の軍医部長として小倉に赴任、約3年を過ごしました。
この京町の住居の前に住んでいたのが、小倉北区鍛冶町に残されている森鷗外旧居です。

20220218-2.jpg

無料で見学できますが、塀の改修工事のため、残念ながら3月末まで休館しています。
さらにNHK北九州放送局の近くに建てられているのがこれ。

20220218-3.jpg

六角柱の文学碑には、鷗外が小倉時代に書いた文章や「小倉三部作」と呼ばれる
小説の一節などが刻まれています。
すぐ横にもその名を冠する橋が架かっていて、鷗外は地元ゆかりの文豪として
北九州のみなさんの誇りになっているのだと感じます。

ということで、今回の「きたきゅーラジオ」は、森鷗外と北九州・小倉の関わりなどについてお伝えします。
鷗外にとって小倉で過ごした期間はどう位置付けられるのか、
一方で北九州の文学・文化にとってどんな影響を与えたのか、
北九州森鷗外記念会理事の養父克彦さんに話を伺います。

放送は、R1(ラジオ第1)で、北九州・筑豊エリア向けに、25日(金)午後0時20分からです。
ぜひお聴きください。

そして、お便りのテーマは「春よ、来い」です。
「あまりの寒さにこんなことがありました」というエピソードや
「寒さのなかで発見した“小さな春”」、
「春が近づくと気になってしかたのないこと」などなど、どしどしお寄せください。
投稿はこちらからか、
〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係、
FAXは、093-583-0735、
ツイッターは「#きたきゅーラジオ」とつけて投稿してください。
お待ちしております。