ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2022年02月18日 (金)

"ヨカン"です

アナウンサーの田中秀喜です。
暦の上では春ですが…寒いですね、寒すぎます。
花粉症の方には申し訳ないのですが、「春よ、来い」と願うばかりです。

ちなみに、この時季の寒さを「余寒(よかん)」と言います。
“ヨカン”と聞くと、子どもの頃にテレビで見ていた人形劇の
「予感です、予感がします」というセリフを思い出します。
私事ですが、そんな余寒の候に誕生日を迎えました。
心の片隅にでも「おめでとう」の感情が浮かんだみなさん、ありがとうございます!

本題に戻りましょう。
今月の「きたきゅーラジオ」のお知らせです。
16日、寒さに震えながら小倉駅前で撮った写真がこちら。

20220218-1.jpg

ことし生誕160年・没後100年の節目を迎える文豪・森鷗外の住居跡の碑です。
鷗外は、陸軍の軍医部長として小倉に赴任、約3年を過ごしました。
この京町の住居の前に住んでいたのが、小倉北区鍛冶町に残されている森鷗外旧居です。

20220218-2.jpg

無料で見学できますが、塀の改修工事のため、残念ながら3月末まで休館しています。
さらにNHK北九州放送局の近くに建てられているのがこれ。

20220218-3.jpg

六角柱の文学碑には、鷗外が小倉時代に書いた文章や「小倉三部作」と呼ばれる
小説の一節などが刻まれています。
すぐ横にもその名を冠する橋が架かっていて、鷗外は地元ゆかりの文豪として
北九州のみなさんの誇りになっているのだと感じます。

ということで、今回の「きたきゅーラジオ」は、森鷗外と北九州・小倉の関わりなどについてお伝えします。
鷗外にとって小倉で過ごした期間はどう位置付けられるのか、
一方で北九州の文学・文化にとってどんな影響を与えたのか、
北九州森鷗外記念会理事の養父克彦さんに話を伺います。

放送は、R1(ラジオ第1)で、北九州・筑豊エリア向けに、25日(金)午後0時20分からです。
ぜひお聴きください。

そして、お便りのテーマは「春よ、来い」です。
「あまりの寒さにこんなことがありました」というエピソードや
「寒さのなかで発見した“小さな春”」、
「春が近づくと気になってしかたのないこと」などなど、どしどしお寄せください。
投稿はこちらからか、
〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係、
FAXは、093-583-0735、
ツイッターは「#きたきゅーラジオ」とつけて投稿してください。
お待ちしております。