ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

きたきゅーラジオ

みなさんこんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

5月28日(金)放送の「きたきゅーラジオ」。
お聴きいただけましたでしょうか。

210531-1.jpg

ゲストは、「52ヘルツのクジラたち」で本屋大賞を受賞した、
京都郡出身の作家・町田そのこさん!
生電話で、小説や、ふるさとへの思いをお話しいただきました。

ご自身も子育てをする中で、ニュースなどで「虐待」について報じられるたび、
なぜ虐待が起こるんだろう、社会には何ができるんだろうと、
日々、思いをめぐらせていたといいます。

作家としての問題意識を10数年間熟成させ、発酵させて、生み出された作品なのだと知り、
小説で描かれる世界の魅力や奥深さを、改めて感じることができました。

また、小説を書く中で、舞台である小倉や大分といった地元のよさに
どんどん気づいていったとのこと。
「あれも書きたい、ここも書きたい!でも本筋からそれてしまう…」という
試行錯誤を繰り返していたというお話を伺って、
シビアな内容の中で、楽しみつつ書かれた部分もあったんだと、
ご様子が目に浮かぶようでした。

臨場感のある貴重なお話は、来週月曜日まで聞き逃し配信中です!


210531-2.jpg

続いては、「なんしよん?遠賀」のコーナーでした!

今年度、NHK北九州放送局は開局90年を迎えることから、
放送エリア28市町村に共通する方言“なんしよん?”を使い、
キャッチコピーにしました。

▼視聴者のみなさんにとっては、「知りたい」がそこにある、知恵袋のような存在のNHK。
▼NHKにとっては、もっと地域のことを知って、身近なメディアになっていきたい。

お互いに「なんしよん?」とあいさつできるような関係で、
地域とつながっていたいという願いが込められています。

210531-3.jpg

そんな意味も込めた、「なんしよん?遠賀」!

赤塚キャスターが、遠賀町にあるキャンピングカーの製造販売会社を取材。
いま、時代にあったさまざまな形で活用でき、注目を集めているとリポートしてくれました。

▼1人でも存分に楽しめる軽自動車のキャンピングカーや、
▼コロナ禍、密を避けたオフィスにも変身。
▼さらに、災害時は、避難所での更衣室や授乳室に早変わり。

キャンピングカーって、ちょっとぜいたくな旅の仕方だとばかり思っていましたが、
今や時代に応じてここまで変わっていたとは…知りませんでした~。

例えば地域で複数台備えておくと、地域の防災力の向上にもつながるかもしれませんし、
これからもさらなる活用が期待できると感じました。


そして、いますぐ役立つ防災情報をお届けする「なるほど防災」!
今月、大幅に変更された、
災害時に自治体が発表する避難の情報についてお伝えしました。

全国のNHKでは、いま、「水害から命を守る」と題したキャンペーンを行い、
様々な防災情報をインターネットでも発信しています。
こちらのページでは、ご紹介した「新たな避難情報」を動画で解説しています。

大雨に備えて、ぜひ、ご覧ください!


最後は、「きいて、みて、NHK」!
「聴いて」、「見て」、さらに、このコーナーを「聞いてみて!」ということです^〇^

ご紹介したのは、6月26日(土)に放送を予定しているテレビ番組について。

210531-4.jpg
出演した行正ディレクターが取材したのは、
香春町(かわらまち)に住む80歳の画家・田中操さんです。

210531-5.jpg
田中さんは半世紀の間、地元の山、香春岳の絵を描き続けてきました。
冬から約半年間、取材をさせていただき、
人生の集大成として取り組み始めた作品の制作の日々を追いかけています。

放送では取材先にいた行正ディレクターですが、
帰ってきた後、話を聞くと、「完成した絵のお披露目会、とても感動的でした…」とのこと。
どんな番組になるか、楽しみです!


また、コーナー間の曲は、朝ドラ主題歌特集をお届けしました。
ちなみに、私は5月に終わった「おちょやん」をずっと見ていたので、ややロス気味です。。
強く生きるにはやはり人の助けが欠かせないし、
氷のように心に固まった辛い過去も、人と関わり、次第に溶かしながら生きていく…。
どことなく町田さんの小説とも重なるなあ、なんて思っています。


さてさて、今回も内容もりだくさんでお届けした「きたきゅーラジオ」!

次回は6月25日(金)の予定。
コロナ禍のみなさんのお悩みに、八幡東区の僧侶・松﨑智海さんがお答えします。
みなさんからのお悩みや相談、松﨑さんへのメッセージなど、お待ちしています。

お便りは、
▼NHK北九州のHP「きたきゅーラジオ」のページ
https://www4.nhk.or.jp/P6080/
▼FAX・093-583-0735。
また郵送でも。
▼〒803-8555(住所不要) NHK北九州放送局『きたきゅーラジオ』係まで!

それでは、今回もお聴きいただき、ありがとうございました!!

みなさんこんにちは。
アナウンサーの 鈴木聡彦 です。

コロナ禍で、福岡県内にも
3回目の緊急事態宣言が継続して出されています。
先の見えない、不安な世の中ですよね。
日々の暮らしに、お悩みを抱えていらっしゃる方も、
多いのではないでしょうか?

そこで、6月の きたきゅーラジオ では、
そんなみなさんの お悩みや相談 
番組内でやさしくお答えします。

ご出演は、八幡東区にある
永明寺の住職・松﨑智海さんです!

20210528_1.jpg

松﨑さんは、インターネットのSNSなどで
仏教の教えをわかりやすく紹介する活動を続けています。
ツイッターのフォロワーは2万9千人、
最近では、ユニークなタイトルの本も
相次いで発表されました。

20210528_2.jpg

「鬼滅の刃」と「仏教」!?
さらに、「ゆる仏教入門」!?
気になりますね~。

番組でも、いまの時代をどう生きるか、
ヒントをたくさんご紹介しようと思っています。

みなさんからは
 お悩みや相談 を募集します。
どんなささいな内容でもかまいません、
もちろん、匿名での相談も大丈夫です。
またお悩み以外にも、
松﨑さんへの 質問やメッセージ 
ぜひ、お気軽にお送りください。

放送は、6月25日(金)午後0:20からです。

お悩みがある方も、
そうでない方も、ぜひ、お聞き逃しなく!
どうぞよろしくお願いいたします!!

こんにちは。
アナウンサーの藤重博貴です。

新型コロナウイルスの感染が急拡大していますね。
いわゆる変異株の影響でしょうか、北九州市でも大型連休明けに過去最多を更新。
3度目の緊急事態宣言も出され、不安な方も多いかと思います。

私も不安ないまを生きる一人です。
どうすれば、こうした事態に対し、より適切に情報をお届けできるだろうか。
事態の切迫感を伝えるには、何を呼びかければいいのか。
日々、相方の緒方キャスターとも相談しながら、緊張感を持って、
ニュースブリッジ北九州に臨んでいます。

こうした中、先日、嬉しいニュースがありましたね。

210514-1.jpg

京都郡出身の作家、町田そのこさん。

210514-2.jpg

全国の書店員たちが「いちばん売りたい本」を選ぶことしの「本屋大賞」に、
「52ヘルツのクジラたち」が選ばれました。
いまの社会を反映した、地元を舞台にした小説です。
そんな町田そのこさんが、
5月28日(金)の「きたきゅーラジオ」に、ご出演いただけることになりました!!

「52ヘルツのクジラたち」で描かれるテーマは、
いま大きな社会問題になっている、「虐待」です。

声を上げようとしても上げられない人や、
そうした声を聞き逃してしまっている実態が数多くあるはずだと、
町田さんは、そうした声を「52ヘルツのクジラの声」に例えました。

52ヘルツのクジラとは、他のクジラが聞き取れない周波数で歌うクジラのこと。
いくら歌っても、他のクジラに、自分の声は届きません。

そうした52ヘルツのクジラに自らを重ね合わせる主人公が、
虐待を受けていた少年と出会い、
孤独のつらさを知る者同士、少しずつ心を通わせ成長していく物語です。

虐待に限らずとも、
例えば、SNSの普及で人間関係が密になったように見えて、
本音を書けば「炎上」し、心の底までは分かち合うことができない。
そうした時代を生きる1人1人に、
共感とは何か、人間関係とは何かを、改めて考えさせてくれる作品でもあると思いました。

また、作品は、町田さんのゆかりの地でもある、小倉や大分が舞台になっています。
北九州に住む私にとっても、行ったことのある場所やなじみの地名が出てきて、
いっそう物語を「リアル」に感じることができました。

5月28日(金)の「きたきゅーラジオ」では、
事前にリスナーのみなさんからのメッセージをお待ちしています。

▼町田さんへの質問や、小説の感想、
▼番組へのメッセージなど、どしどしお寄せください。
https://www4.nhk.or.jp/P6080/22/

また、身近で見つけた小さな幸せを投稿していただく
「発見!小さな幸せ」のメッセージは、
「ニュースブリッジ北九州」のほか、「きたきゅーラジオ」でもご紹介しています。
https://www4.nhk.or.jp/P2877/26/

コロナ禍の今こそ、少しでも気持ちが明るくなる「小さな幸せ」、
ご応募いただけると嬉しいです。
私たちキャスター陣にとっても、日々のニュースの中で、癒しのひとときです。

「きたきゅーラジオ」は、
5月28日(金)、ラジオ第1で12:20~12:55(540kHz)です。
昼下がりのおともに、ぜひお聴きください。

今年度も、毎月最終金曜は「きたきゅーラジオ」ですよ! よろしくお願いしまーす!!

4月30日は、「新生活!いまこそ備えを」と題して
“防災士”のみなさんに、今しておきたい備えを聞きました。

九州国際大学 地域防災リーダー育成プロジェクト
学生リーダーの隈本美星さんと、藤澤凛太郎さんは、
地震に備えて、住んでいる部屋のリスクを見つける方法を教えてくれました。

20210506-1.jpg
(プロジェクトの皆さん。手前左から隈本さん・藤澤さん)

まずは、部屋の見取り図を描いてみて、
机や棚、テレビなど、揺れで動いたり倒れたりしそうな家具の周りを、赤く塗ります。
(皆さんの部屋の机や棚、花瓶はどうなるでしょう? 照明は? 食器棚から食器が飛んでくるかも…)
その赤色の範囲が“危険ゾーン”。

安全なスペースが部屋の中にあるでしょうか?
外に出る通路は、安全が確保できそうですか?
生活する場所のリスクに気づいたら、そこから“備え”の始まり。
赤の範囲を狭めるためには、家具を固定するのがオススメだそうです。
ぜひ一度、リスクの洗い出しをしてみてくださいね。

そして、今後の雨の時期に備えて、水害対策も。
直方市に住む、日本防災士会福岡県支部の棟形和義さんに聞きました。

20210506-2.jpg
 
川の水位などの情報を得る方法に、今のうちに、慣れておきましょう、とのこと。
棟形さんはテレビのデータ放送で河川情報などを確認しているそうです。

20210506-3.jpg
 
データ放送では、災害時には、開設された避難所の情報なども見ることができます。
平常時に、リモコンの「d」ボタン、押してみてください。


そして、今月から始まった「なんしよん?筑豊」。
「ニュースブリッジ北九州」の「なんしよん?中継」などと連動して、
各地の話題を電話でお聞きするコーナーです。
今回は、筑豊・福智町の上野焼について、
上野焼協同組合の世良萌久美さんにご紹介いただきました。
 
20210506-4.jpg

400年を超える歴史を持つ上野焼ですが、
長い歴史の中で様々な作風が生み出され、近年、ますます多様な作品が生まれています。
日常の使いやすさを考えて作っているという世良さん。
茶道の器として始まった上野焼ですが、ふだんの生活の中にも取り入れてほしいという思いを語ってくださいました!

今回も、多くの方にご出演いただき、楽しかったですねぇ。

え、、聴き逃した? 

え・・。


はい、ご安心を!
「らじる★らじる」 で5/13正午まで配信しております。 
 
20210506-5.jpg
(NHKコーナー出演の松永職員とともに)

では、また次回をお楽しみに!
20210506-6.jpg


 

みなさんこんにちは。
アナウンサーの 鈴木聡彦 です。
3月18日の「きたきゅーラジオ」は、
実ににぎやかな放送になりました!

20210309-1-1.jpg

電話ゲストは、俳優・野間口徹さん。
連続テレビ小説「エール」 で、主人公やヒロインがたびたび訪れる
「喫茶バンブー」の店主を演じたときのお話や、
ふるさとである、北九州市・八幡西区への
愛情たっぷりのお話を伺いました。


20210322-2.jpg

さらに、今回は初めての試みとして、
「ギター侍」こと、タレントの波田陽区さんが、
北九州市・小倉北区の「到津の森公園」から、生中継!
動物たちが思い通りに反応してくれないハプニングも
ありましたが、とても楽しい時間になりました。


20210322-3.jpg

スタジオでは、 江崎裕子さん と、
おなじみのマスク姿で番組を進行しました。

聞き逃してしまった、とか
放送エリア外だった、というみなさんは
ぜひ、らじるらじるの 聴き逃しサービス を
チェックしてみてください。
3月26日(金)の正午まで配信しています。

番組では、引き続き メッセージや質問を募集中 です。
ツイッターの場合は、「#きたきゅーラジオ」とつけて投稿してください。
FAXは、093-583-0735
郵便の場合は、〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係まで
どしどしお寄せください。

また、 ニュースブリッジ北九州 との共同投稿企画、
発見!小さな幸せ でも、動画や写真の投稿をお待ちしています!

新年度も、「きたきゅーラジオ」を
どうぞごひいきに!

 

みなさんこんにちは。

アナウンサーの鈴木聡彦です。

きょうは、またまたうれしいご報告です。
今年度最後のきたきゅーラジオは、
メインゲストが、北九州市出身の俳優・野間口徹さんに決まりました!

20210309-1-1.jpg

野間口さんといえば、今年度は
NHKの連続テレビ小説・エール
物語にたびたび登場した、「喫茶バンブー」の店主・梶取保役で出演されました。
主人公の古山裕一を演じた窪田正孝さんや、
その妻、音を演じた二階堂ふみさんなどが、仲間とともに集まる
おなじみの場所というイメージがありましたよね。

3月18日(木)午後0:20から放送の
きたきゅーラジオでは、
そんな野間口さんとともに、ふるさと北九州市の魅力を
掘り下げます。乞うご期待!

みなさんからは、
野間口徹さんへの質問・メッセージなどをお待ちしています。
どしどしお寄せください。

さらに、今回の放送では、
春めく到津の森公園からの中継も予定しています。
リポーターは、この方!

20210309-1-2.jpg

山口県下関市出身で、
いま県内を拠点に活動する、
タレントの波田陽区さんです。

20210309-1-3.jpg

波田陽区さんといえば、
「ギター侍」としておなじみですよね。
どんなトークやハプニングが飛び出すのか、
番組を担当する私自身も、
正直、先が読めません…。

というわけで、いままで以上に
にぎやかにお送りすることになりそうな、
きたきゅーラジオ。
放送は、いつもの月末よりも早く、
3月18日(木)午後0:20からです。

くれぐれも、お聞き逃しなく、
どうぞよろしくお願いいたします!!

みなさんこんにちは!

アナウンサーの藤重博貴です。

 

毎月最終金曜日にラジオ第1(540kHz)でお届けしている「きたきゅーラジオ」。

2月もお聴きいただき、ありがとうございました。

 

1月からは、3か月連続で、筑豊・京築・北九州の順に、

その地域の特集をお届けしています。

今回は「京築」でした。

 

s-210305-1.jpg

ゲストは、築上町出身で、大河ドラマ「青天を衝け」を手掛けていらっしゃる、

脚本家の大森美香さん!

いまは23話から28話くらいを並行して書き進めているというお話でしたが、

本当にお忙しい中ご出演いただけたことに、スタッフ一同感謝しています。

 

幕末から明治にかけての日本人について、大森さんが、「国の行方を他人任せにするのではなく、1人1人が責任をもって、国を作り上げていこうという気概があった」と語っていたのが印象的でした。

幕末から令和へと移り、成熟したはずの日本社会が、真の大人になるために何が必要なのか。

大森さんが描く「若き日本」から、いま学ぶところが多いように思いました。

 

3月8日(月)正午まで、NHKのらじるらじるで

聞き逃し配信を行っています。ぜひ、お聞きください!

 

s-210305-2.jpg

そして、地域の旬の話題を伺う「好きっちゃリポート」は、

大森さんも訪れるという「道の駅 豊前おこしかけ」!

 

私も何度かお邪魔しています。

国道や高速道路からも近く、アクセス抜群。

私も以前、特産のゆずを使ったこしょうを買いました。

味噌汁に入れると、とっても風味が豊かになるんですよ~!

 

店長の楳澤弘樹さんによると、

この時期は「豊前海一粒かき」や、いちごの「あまおう」が並んでいるほか、

旬の菜花や新じゃがいもを使って、

地元の高校生がメニューを考案したお弁当もあるとのこと。

地域の食が詰まった「道の駅豊前おこしかけ」。

「京築にこんな旬の食べ物があったとは!」...なんて、新たな発見もあるかも?

みなさんもぜひ足を運んでみてください。

 

s-210305-3.jpg

また、「教えて!NHK」のコーナーは、春の新生活の時期を前に、

受信料のお手続きに関するご案内。

北九州局営業部の竹田有稀職員(写真中央)とお届けしました。

こちらのサイト で24時間お手続きができます。

 

最近はパソコンではなく、大画面で動画投稿サイトを見たいと、

大きなテレビを買う方もいらっしゃると聞きました。

テレビがインターネットにつながる時代、

「NHKプラス」を大画面で見ることもできますよね。

テレビを新たに買った際などは、ぜひお手続きをお願いします。

最後に、「なるほど防災」のコーナーでは、

ことし1月、北九州市が初めて作成した「高潮ハザードマップ」について特集しました。

 

s-210305-4.jpg

 

こちらは、平成11年に門司区白野江を襲った高潮です。

実は、北九州市や、今回ご紹介してきた京築では、

以前、高潮により、住宅の浸水や、農作物が収穫できなくなるなどの被害を受けています。

今後改めて、高潮への注意点をブログでお伝えする予定です。

 

s-210305-5.jpg

ちなみにこちらは、以前、豊前市の求菩提地区を取材したときの写真です。

沿岸部も良いですが、内陸にも美しい水の流れる渓流があり、素敵でした...。

新緑の季節にかけて、海は透き通った青に、山々は緑鮮やかに移っていくと思います。

まだまだ知られざる魅力いっぱいの「京築」。

番組を通して、少しでも京築の魅力を感じていただけたら嬉しいです。

みなさんこんにちは。
アナウンサーの 鈴木聡彦 です。

2月26日放送の きたきゅーラジオ に、
素敵なゲストの出演が決まりました。
築上町出身の脚本家、大森美香さんです!

20200218-1.jpg

大森美香さんといえば、放送が始まったばかりの
NHKの 大河ドラマ・青天を衝け の
脚本を担当されています。

2月26日(金)午後0:20から放送の
きたきゅーラジオ では、
そんな大森さんに、ふるさとである
京築エリアの思い出や、魅力とともに、
大河ドラマへ込めた思いを語っていただきます。

番組では、ゲストの大森美香さんへの
質問や応援メッセージ などをお待ちしています。
また、京築エリアをはじめとする
地元のココが好き! という
熱いメッセージもお寄せください!

進行役は、おなじみの 藤重博貴アナウンサー と
江崎裕子さん です。

今月も、どうぞお楽しみに!

1/29(金)の「きたきゅーラジオ」は、声優の緒方賢一さんに
ふるさと筑豊の思い出や、出演された大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影エピソードなどを
電話で伺いました!

20210201-1.jpg

福智の山で遊んだ思い出など、
楽しいお話で、本当にあっという間に時間になってしまいましたー!

さらに、道の駅いとだの駅長、大蔵幸治さんとも電話をつないで
コロナ禍での工夫を伺いました。

というわけで、今回は「筑豊」に注目したわけですが、
実は、ことし、NHK北九州は開局90年を迎えるんです。
そこで、今回からの3回シリーズで
「筑豊」「京築」「北九州」エリアの魅力に迫っていくのです!!
来月、再来月も、お楽しみに!!
 
20210201-2.jpg
写真は、番組PRに出演した櫻澤記者と。

あ、もう一度、聴きたくなりましたね?
「らじる★らじる」の 聴き逃しサービス
2月8日(月)正午まで配信しています。

引き続き、メッセージ募集中です。
テーマは、「地元のココが好き!」。
ツイッターの場合は、「#きたきゅーラジオ」とつけて投稿してくださいね。
FAXは、093-583-0735
郵便の場合は、〒803-8555 NHK北九州放送局「きたきゅーラジオ」係まで
お寄せください!

また、ニュースブリッジ北九州との共同投稿企画、
発見!小さな幸せでも、
動画や写真の投稿をお待ちしています!

このお声を、聞いたことない、とは言わせませんぜ。
声優・緒方賢一さん!!!!

20210125-1.jpg

今週金曜の「きたきゅーラジオ」に電話出演してくださいます!
田川市のご出身なんですよ。

え、どんなキャラクターでご出演かって?
ブログタイトルのとおり、
「阿笠博士(名探偵コナン)」、「デデデ大王(星のカービィ)」、
「キタキタおやじ(魔法陣グルグル)」に、「アナライザー(宇宙戦艦ヤマト)」…。
それから「獅子丸(忍者ハットリくん)」とか「お父さん(あたしンち)」でしょ、
個人的には、Eテレ「はなかっぱ」のおじいちゃん(はす次郎さん)として
毎朝のように見ています。

正直、代表作、ご出演作をあげはじめたらキリがないっす。
「麒麟がくる」、「とと姉ちゃん」でもご活躍。

そんな緒方さん、田川で、どんな少年期を過ごしたのか
そして、声優や俳優の道にどのように進んでいったのか
いろいろ、うかがいます。

みなさんも、緒方さんへの質問、メッセージもどしどしお寄せくださいね!

>>「きたきゅーラジオ」のページ