ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

アナウンサー・キャスター

2019年04月10日 (水)

甲子園にあふれる「気」

こんにちは(〇^^〇)/! 
藤重です。

新年度、春ですねえ。

190410-1.jpg

新元号も令和と発表されました。
桜も咲き、街を歩く人の表情もどこかやわらか。
新たな未来への希望が感じられるこのごろです。

気分、やる気、景気、雰囲気…など、
いろんな場面で「気」ということばを使いますが、
人間の「気」の持ちようは、
様々な場面に影響する大きな力を持っていると感じます。
それが少し総体になると、
日本的に言うところの「空気」ということばになるでしょうか。

価値観が多様化し、一つの正解に向かって
「気」を高めるのが難しい現代ですが、
良い「気」があふれる環境とは何なのか、
どういう「気」の中で人間は力を発揮し生き生きと輝けるのか。
次の時代を生き抜くテーマとして、
改めて考える契機としたいと思います。

さて、そんなことを考えている中、
良い「気」が満ちあふれている場所に出張してきました!

190410-2.jpg

春の甲子園です。

第91回選抜高校野球大会。
福岡の筑陽学園や、決勝の千葉・習志野など、6校のアルプスリポート。
そしてラジオ放送のサポート業務を担当しました。

甲子園でアルプスリポートを担当したのは、
2年前のセンバツ以来、2回目です。
前回は開会式直後の試合など、前半を担当したのですが、
今回は、決勝に至る後半を担当しました。

試合直前、応援にかけ付けたみなさんに、
アルプスリポートでご紹介できそうな内容を取材するのですが、
毎回毎回感じたことは、
甲子園に集う人たちには、
自分以外の誰かを思う気持ちがあふれていることです。

放送でご紹介できたものはもちろん、できなかったもので言うと、
例えば、ある九州のチーム。
このチームには、マネージャーがいませんでした。
そこで、保護者のみなさんが少しでも協力しようと、
センバツが決まった後、
夕方の練習に毎日100個以上のおにぎりを差し入れたといいます。

選手が大阪に移動してからは、保護者でチームを組んで、
宿舎にユニフォームや下着などを取りに行き、洗濯を担ったそうです。

また、選手一人ひとりの名前が入った必勝祈願のお守りを保護者会で作り、
保護者と、選手がともに同じものを持っているといいます。
一緒にプレーはできないけれど、一心同体、
つながっているという思いを込めたそうです。

ほかにも、話題になった習志野高校の吹奏楽部に話を聞くと、
「自分たちのコンクールとは違い、甲子園はつれてきてもらわないと
演奏することができない。野球部への感謝しかない」など、
野球部のために、という言葉を繰り返していました。

お互いがお互いを尊重し合い、あたたかな支えがあふれている甲子園。
そんな空間に身を置くみなさんの、
明るく、熱く、生き生きとした様子を伝えられて、
ありがたさをひしひしと感じながら過ごしました。

時代を超えて愛されてきた甲子園。
次の時代にも普遍的な、生きるヒントを学んだように思います。


皆さま初めまして!気象予報士の森本まりあです。
4月から「ニュースブリッジ北九州」で気象情報を担当しています。
北九州の皆様の生活に役立つ天気予報を、しっかりお伝えしていきたいと思います。


さて、今回ははじめての投稿になりますので、簡単に自己紹介をさせて頂きます。
出身は東京都で、この春大学を卒業したばかりです。
空が大好きで、高校生の時から天気の勉強を始め、
大学1年生の時に気象予報士の資格を取得しました。
大学時代は天気漬けの毎日で、
テレビ局の夜勤で夜~朝番組の天気予報の原稿を書いたあと大学に行ったり、
授業に出たあとネット配信される天気予報動画に出演したりしていました。


気象キャスターは、私にとって憧れの仕事だったので、北九州でキャスターとして
皆さまにお天気をお伝えできることをとても嬉しく思っています。
この地域ならではの天気の特徴を肌身で感じて、毎日の天気と真摯に向き合い、お伝えしていきたいです。
また、北九州の色んな所を巡り、季節のネタを探しに行きたいと思っています。


まだまだ未熟な私ですが、分かりやすい気象情報をお伝えできるように日々精進してまいります。
これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

20190408.jpg

 

気象予報士の佐藤万里奈です。
3月いっぱいで、「ニュースブリッジ北九州」を卒業することになりました。

2年前、北九州に来た当初は右も左もわからない状態で、
毎日いっぱいいっぱい、手探りで放送に臨んでいました。
たくさんの方にご迷惑をおかけしましたし、
視聴者のみなさんにもご心配いただいたかもしれません。

それでも日々、試行錯誤を繰り返す中で、
少しずつですが自分らしく気象情報を伝えられるようになった気がします。
私が2年間がんばってこられたのは、
温かく見守ってくださったみなさんのおかげです。
街中で声をかけてくださったり、お手紙やメールをくださったり。
いつもみなさんの言葉や笑顔に支えてもらいました。

北九州は人も温かく、居心地がよくて、大好きな場所になりました。
離れるのはとてもさみしいですが、
またときどき遊びに来たいと思います。
見かけたときにはぜひ声をかけてください。

4月からはNHK松山放送局で、
「ひめポン!」という夕方のニュースと、
「えひめ845」の気象情報を担当します。
北九州のみなさんにもらった愛情を忘れずに、新天地でもがんばります!

本当にありがとうございました。

190329s-1.jpg

2019年03月29日 (金)

素敵な2年間でした!

みなさま、このたび私、吉松欣史は、北九州を離れ、
東京へ転勤することとなりました。

「あっという間の2年間」というのが率直な感想です。
初めての九州勤務。北九州はどんな場所なのか、
何が出来るのか、様々な期待や思いを胸に
2017年3月20日、JR小倉駅に降り立ったのが、
ついこの間のように思えます。

短い間でしたが、「ニュースブリッジ北九州」のキャスターとして
中身の濃い時間を過ごさせていただきました。
特に北九州の文化である「角打ち」を訪ねる
「ヨッシーの角打ち放浪記」のコーナーでは、
特色あるお店との出会い、
個性豊かな店主さんやお客さんとの出会い、
そして美味しいお酒との出会いがあり、本当に楽しかったです。
また、都会と田舎が同居したような街の雰囲気は非常に居心地がよく、
気持ちよく毎日を過ごさせていただきました。

4月からは主にラジオの世界に身を置きます。
ラジオ第一放送で平日の午前5時から放送する「マイあさ!」、
午前6時40分からの「三宅民夫のマイあさ!」という番組のスポーツコーナー、
そしてお昼のニュース後の(午後0時20分~)「ひるのいこい」を担当します。
いずれも全国放送です。ぜひ、お聴きください。
北九州での素敵な時間をありがとうございました。

190329y-1.jpg

2019年03月29日 (金)

はじめまして!

みなさん、はじめまして! 
アナウンサーの鈴木聡彦(あきひこ)です。
この春、お隣の大分局から異動し、
夕方の番組「ニュースブリッジ北九州」を
廣瀬アナウンサーとともに担当させていただくことになりました。

入局は今年で24年目、前任者の吉松アナウンサーの5年後輩になります。
これまでは、サッカーなどのスポーツ中継や、
「きょうの料理」など生活情報系の番組を主に担当してきました。
定時でニュースキャスターを担当するのは久しぶりです。
街のみなさんが元気になれるような、
ワクワク感のある番組進行を目指しますので
温かく見守っていただけるとうれしいです。

ちなみに廣瀬アナウンサーも私も、ともに山梨県の出身です。
ふるさとを遠く離れた北九州で一緒に番組を担当することになり、
不思議な縁を感じます。

私にとっては初めての北九州での生活も、いまからとても楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします!

190328-1.jpg

リポーターの山本奈央です。

今月いっぱいで、NHK北九州放送局を卒業することになりました。
みなさん、本当にありがとうございました。

今年度は、「本気×部活」、「わが家わが町オンリーワン??」の
コーナーを担当させて頂きました。
「本気×部活」で取材させて頂いたみなさん、
部活にまっすぐと打ち込む姿はとても輝いていて、
私もたくさん勇気をもらいました。
これからも、それぞれの夢や目標に向かって頑張ってください。
「わが家わが町オンリーワン??」では、
それぞれの町で、自分の大好きなものを作ったり、
挑戦されたりしている方などを紹介させて頂きました。
一緒に過ごした時間は本当に楽しかったです。
ありがとうございました。

その他の取材や中継でもたくさんの方にお世話になりました。
また放送を見て頂いたみなさん、街でお会いした時に
お話する時間はとてもうれしかったです。
取材させて頂いたみなさんやスタッフなど多くの方に支えられながら、
この2年間リポーターを続けることができました。

今後も放送の世界で頑張って行きますので、
みなさんとまたどこかでお会いできたらうれしいです。
北九州のみなさんに出会えてよかったです。

2年間ありがとうございました。

190329yama-1.jpg

アナウンサーの廣瀬です。

今年度、故郷・北九州市の市民文化賞を受賞した、松尾スズキさん。
俳優としてことしのNHKの大河ドラマ「いだてん」にも出演しているほか、
作家、演出家、映画監督、脚本家などなど、マルチに才能を発揮されています。

さらに、松尾さんと言えば、阿部サダヲさんや宮藤官九郎さんなど、
そうそうたるメンバーが揃う「大人計画」主宰。
30年以上にわたり、この劇団をひっぱりながら、さまざまな表現の場で、「笑い」を追求してきました。

なぜ、「笑い」にこだわるのか。
ふるさと北九州にはどんな思いを抱き続けてきたのか。
松尾さんが、この先、目指す姿とは・・・。
たっぷりとうかがいました。

190325-1.jpg

インタビューの模様は
3/28(木)午後6:10の「ニュースブリッジ北九州」で放送します。
ぜひ、ご覧ください!

 

こんにちは、ハレピョンです!

最近、日に日に暖かくなってきたよね~
でもみんな、引き続き体調を崩さないように気を付けてね!

2月24日(日)に、
「今夜も生でさだまさし 来た!来た!まさしがまた北九州」を
NHK北九州放送局から公開生放送したっちゃ!

北九州からの放送は、2014年の夏以来、2回目なんよ~!
みんな見てくれたー??

スタジオでの観覧はたくさんの応募の中から抽選で選ばれた30人のみ!
オープニング・タイトルコールには深夜にもかかわらず観覧の抽選で漏れた方など
90人が集まって盛り上げてくれたんよ。
たくさんのお便りもありがとう!!

さださん達の軽快なトークで、会場の皆さんも終始楽しんでいたみたい!
ハレピョンもいっぱい笑ったよ~!

190226_01.jpg

北九州放送局の廣瀬雄大アナウンサーと、甲谷駿伍ディレクターも登場♪

190226_02.jpg

北九州は見どころがいっぱい!!

今年で400周年を迎える小倉祇園太鼓をはじめ、角打ち(立ち飲み屋)文化、
漫画やアニメなど、ポップカルチャーが盛んな北九州市ならではの
盛り上がりぶりを紹介したよ~!

番組終了後にはさだまさしさん、音響効果の住吉昇さん、
放送作家の井上知幸さんと一緒に写真を撮ってもらったんよ!

190226_03.jpg

わーい♪さださん、ありがとう~!!

そして、なんと!
NHK北九州放送局の4階エントランスに、今回の放送で実際に使用した
さださんと、通称・小針画伯が描いてくれたホワイトボードの絵を飾っているんよ~!

190226_04.jpg

テレビの前で見てくれたみんなも!見逃したみんなも!
ぜひぜひ見に来てよね♪

番組オープニング・タイトルコールに参加してくれたみなさん、
スタジオで観覧してくれたみなさん、
そしてテレビを見てくれたみなさん、本当にありがとう!

 190226_05.jpg

 

 

2019年が始まりましたね~!めでたい!!
みなさん、お元気でしょうか。

去年は私にとって、秋田から北九州に転勤し、
門司港や筑豊、小倉など、新たな取材先のみなさんにお会いでき、
変化の大きい年でした。
色んな事がありましたが、無事一年を終えられたことに感謝です。

190108_1.jpg

初詣は、小倉北区の八坂神社に行ってきました!
凄い人!屋台も出て、にぎわっていました。

にぎわうといえば、年の瀬に多くの方が訪れるのが、こちら!

190108_2.jpg

旦過市場です。

190108_3.jpg

サバやいわしなどを「ぬか」で煮た、ぬか炊き。

190108_4.jpg

新鮮な野菜や果物。見ているだけで楽しい場所です。
レトロな雰囲気は個人的にも大好きなのですが、
老朽化などのため、2020年度をめどに再整備が予定されています。

190108_5.jpg

それを機に、およそ2年前から、旦過市場を題材に脚本を作り、
これまでの市場の歴史や記憶を「演劇」で後世に残そうと
取り組みが始まりました!!

街のやる気・元気・本気を全国に伝える
「旅ラジ!」(ラジオ第一・FM)で、9日(水)午後0時半から
旦過市場の今を全国に伝えますよー!!

190108_6.jpg

しかも、9日(水)午前11時から、
小倉北区の北九州市立商工貿易会館で公開収録。


お近くの方、ぜひ会場にお越しいただき、番組に参加してください☆

さらに、もう一つ!
冬の豊前海をにぎわせているのが…

190108_7.jpg

豊前海一粒かきです!

豊前海は遠浅で干満の差が激しく、潮がしっかり入れ替わるため、
新鮮なプランクトンが豊富といわれています。

190108_8.jpg

そんな豊前海で育ったかきは、身が大きくてぷりぷり!
磯の香りが口の中に広がります。

190108_9.jpg

地元の主婦の方が、漁師メシを作ってくださいました。
なんと、あの北九州名物とのコラボも…!人生初のおいしさでした。

豊前海一粒かきについて、
27日(日)午前8時25分~「うまいッ!」(総合)で放送します。

全国の皆さんに、北九州の冬はいいね~!と思ってもらえるよう頑張ります!!
みなさんにとっても、素敵な一年になりますように\(*^^*)/

2018年12月12日 (水)

驚きと「はっけん」!!

みなさん、お久しぶりです\(^^)/!!

改めまして、
7月末に秋田局から異動してきました、
アナウンサーの藤重博貴です。

北九州に来て4か月!
12月なのに全く雪がない!ことに驚いています。

181212-1.jpg

ちなみに去年12月のNHK秋田局前の写真です。

もともと山口県の瀬戸内出身で、雪のない生活に浸っていたはずなのですが、
いまは雪がないことを不思議がっています。笑


さて!
先月、「北九州ポップカルチャーフェスティバル」にあわせてNHK北九州が行った、
「コスプレフェスティバル」

181212-2.jpg

「アニソンアカデミーSP in北九州」!

181212-3.jpg

本当にたくさんの方にお越しいただきました。誠にありがとうございました!!

九州の玄関口として様々な人やモノや情報が集まり、
本屋や映画館などが街にあふれ、文化的にとても豊かな場所だった。
そして松本零士さんや北条司さんなど、数多くの漫画家を輩出し、
今や「北九州市漫画ミュージアム」に代表されるように、
アニメや漫画などの「ポップカルチャー」を生かしたまちづくりを進めている。

北九州は鉄の町、というイメージでしたが、
こんなソフトパワーもあるのか!!と驚きました。


そしていま取材を進めているのが、

181212-5.jpg

「北九州の台所」旦過市場や、

181212-4.jpg

豊前海のカキです。

政令指定都市という大都会の一方で、
大正時代から続くとされる市場が残り、豊かな海の幸にも恵まれている。
うーん、奥が深い!

雪が降らない!ことだけでなく、また新たな驚きに出会う冬になりそうです。


さて、突然ですが。
今週14日(金)の「はっけんラジオ」(ラジオ第一/午後5時5分~、九州・沖縄)で、
インタビューをお届けする予定です。

北九州市小倉南区に、貧困や家庭の事情で義務教育を受けずに働かざるを得なかった人など、
本来享受できる学ぶ権利を奪われた人たちが通う「夜間学級」があります。

戦後の混乱や不登校などで義務教育を終えられなかった人は、
国の調査で12万8千人にものぼります。
国は、おととし「教育機会確保法」を制定し、学び直しの場として
全国的に夜間中学を設置していく方針を示しました。

そんな中、20年前にボランティアで夜間学級を立ち上げ、運営を続けている方に、お話を伺いました。

70代が中心の生徒たち。
学ぶことが本当に楽しい!と、目を輝かせて真剣に授業を受けていました。
「バラ」や「レモン」などの難しい漢字を覚えた、と、
取材中の私に披露してくださった方もいます。

学ぶことで人はどう変わっていくのか、
そして70代、80代になっても学び直そうという意欲の裏にはどんな背景があるのか。
学生時代が比較的近い過去の私ですが、学ぶことの意味を改めて考えさせられました。

ぜひ、耳を傾けてくださると幸いです。


最後に、寒くなってきましたが、体調に気を付けて、良い年末をお迎えください!!