ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

こんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

20201127-1.jpg

先日、新型コロナウイルスの感染防止策を講じた上で、
北九州市立響ホールにて、「まろのSP日記」の公開収録が行われました。

「まろのSP日記」とは、NHKで11年続くラジオ番組です。
https://www.nhk.or.jp/maro/

100年ほど前の名演奏を現代によみがえらせる、「SPレコード」。
その魅力をNHK交響楽団第1コンサートマスターで「まろ」の愛称で親しまれている、
篠崎史紀さんが紹介します。

しかも、ここ北九州は、まろさんが育ったふるさとです。
そこで特別に、「まろのSP日記」史上初めて、
ラジオの公開収録の模様をテレビでも放送することになりました。

今回は、「北九州をイメージさせるクラシック曲」をテーマに、
まろさんがSPレコードを選定。
名盤の数々をお聴きいただきます。

20201127-2.jpg

以前のブログでも書きましたが、
私はレコードを聴くのが趣味で、クラシックのSPレコードもいくつか集め、聴いていました。
そのため、多少は知識があったつもりでいたのですが、「まろ」さんが語るSPレコードの魅力を伺って、
まさに目からうろこ。発見の連続でした…☆

例えば、まろさんによると、
▼SPレコードを聴く蓄音機は、ヴァイオリンなどの楽器と同じように、
電気を一切使わずに音を出す。そのため音が非常に自然に聴こえ、
まさに目の前で演奏されているような臨場感が味わえる!

▼当時はスマホなどもちろんなく、今ほど手軽に音楽が聴ける環境ではなかった。
そのため、「お手本」のような演奏をなかなか聴けない中、指揮者や演奏家は楽譜に向き合い、
自分なりに試行錯誤して独自の解釈を生み出した。
その演奏は、いま聴くと、ときに非常に新鮮。

▼編集技術がないので、撮り直しのきかない一発録音。
演奏家の意気込みや迫力まで伝わってくる!

…などなど、音楽家としての視点で語られる言葉の数々に引き込まれました。
実は私、SPレコードを電気式のターンテーブルで聴いています。
蓄音機ならではの音の魅力を知らなかったと、思い知らされました…。

20201127-3.jpg

番組では、後半から、北九州市出身のピアニストで高校生の、
谷昂登さん(写真右)にも加わっていただきました。
まろさんとのスペシャルコンサートや、谷さんからのリクエストとして、
ロシアのピアニスト、セルゲイ・ラフマニノフの自作自演(!)の名演奏などを味わいました。
100年ほど前の名演奏が色あせることなく現代によみがえる…
まさにSPレコードの醍醐味です。
誇張ではなく、ラフマニノフのピアノの音色の一音一音がきら星のように輝いて聴こえました。

そして、テレビでは、「北九州をイメージさせるクラシック曲」を、
小倉祇園太鼓などの祭り、関門海峡などの海、門司港のレトロな風景といった、
北九州のきらびやかな映像にのせて、ご覧いただくんです!
北九州の魅力を、音楽という視点を通して再発見できます。

20201127-4.jpg

「ふるさとに奏でるクラシック~まろのSP日記から~」
放送は、総合テレビで、11月29日(日)午後1時5分~午後1時48分です。

また、NHK-FMでは、2時間たっぷり、
12月28日(月)午後9時から午後11時まで放送します。

まろさんの北九州や音楽への思いと、SPレコードの芳醇な音の世界。
心ゆくまでお楽しみいただけると嬉しいです。

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
街の木々が色付き、落ち葉が足元を彩る季節になりました。秋も終盤ですね。

20201125-1.jpg

今回は門司区の白野江植物公園を訪ね、
ことしの紅葉の傾向などを取材してきました。

こちらの公園は、晩秋のころ、
約800本のモミジが色付く紅葉の名所です。
広い園内には様々なスポットがあり、色付きが進んでいました。

20201125-2.jpg

こちらの散策路は「木漏れ日の路」と呼ばれる小道です。
樹齢70年を超える大木が立ち並び、まるでモミジのトンネルのようでした。
現在の色付きは6分ほどで、来週には見頃のピークを迎えます。

20201125-3.jpg

さらに登っていくと広がるのは「落葉の森」です。
こちらは広い園内でも最後に色付くエリアで、今はまだ青葉が多くなっていました。

20201125-4.jpg

ただ、こちらも12月上旬には木々全体が色付くようになり、

例年、上の写真のような赤い森に変わるそうです。

今年は台風の強風や塩害の影響で、葉が散ってしまった木もありましたが、
場所によっては、新しく芽吹いた若葉と、
黄色や赤に染まった葉をグラデーションのように楽しむことが出来ます。

20201125-5.jpg

また、園内には秋咲きの桜が4種類咲いていました。

20201125-6.jpg

白野江植物公園では、秋咲きの桜と紅葉を同時に楽しむことが出来るんです。

先週暖かかった影響で、紅葉はゆっくりと進んでいて、
今年は長く楽しむことが出来ます。

20201125-7.jpg

台風の影響も残っていますが、少し傷んだ葉も、
そこが味わい深いなぁと感じました。
ゆっくりと森を散策しながら、秋の深まりを感じたひと時でした。

職場や学校、お出かけ先・・・
そんな、救急道具や防寒具など何も備えがない外出先で被災したら、どうしますか?!

そんなときの備えとなるのが「防災ポーチ」。

20201124-1.jpg

外出時の災害に役立つものを入れておき、常に持ち歩くようにするポーチです。

20201124-2.jpg

防災などに取り組むグループ「Say!輪」の代表・古賀由布子さんに教えていただきました。

20201124-3.jpg

古賀さんのポーチの中身がこちら↑ 
いろいろ入っていますね~。
スマートフォンの充電器は、停電に備えて電池式。
手拭いは、包帯としても、防寒具としても使えるそうです。

古賀さんが大事だというのが、ヘッドライト。

20201124-4.jpg

両手が空くのがいいそうですよ。

20201124-5.jpg

さらに、グループのメンバー伊藤均美さんとともに、
そのほかのオススメグッズも教えてくれました。
①アロマオイルや制汗シート
風呂に入れないときなどに気になるにおいのケアに。
リラックス効果もありますね。

②カイロ
これからの季節、寒さ対策も入れておくと安心だそうです。

20201124-6.jpg

わたしも、作ってみました。
職場。取材先。あるいは、休日に子どもといるとき。
災害に見舞われたとして、いろいろな状況が考えられますよね。

自分の身を守る、ケガの手当、家族を守る、安全に避難する…
いろいろなイメージを膨らませながら、必要なものを考えます。

20201124-7.jpg

情報を得るラジオや、助けを呼ぶ笛、
子どものためのお菓子やオモチャもそろえて、ポーチに詰めました。

20201124-8.jpg

いい感じの防災ポーチができました!

が!!

20201124-9.jpg

なんと!!

穴あいとる!!

詰め込みすぎて裂けたようです・・・。

古賀さんからは、
「例えばお子さんのグッズだったら、小さな巾着を用意してあげて、
そこに入れてもたせてあげるというのも手かな。
長く続けていくために、できるだけ負担の少ないものに」とのアドバイス。

使うポーチも、中身も、自分の必要に応じたもので作り、
いつも無理なく持ち歩けることが大切なんですね。

20201124-10.jpg

あなたなりの「防災ポーチ」を備えましょう!

こんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

来週月曜日、去年9月に放送した番組が、再放送されます。

201120-1.jpg

ラジオ特集「虐待された少女たちの“その後”」。

子どもへの虐待が大きな社会問題となる中、
虐待を受けた当事者はその後どのような人生を歩み、どんな困難に直面するのか。
当事者の独白をもとに明らかにしていく番組です。

201120-2.jpg

取材したのは、福岡県田川市の更生保護施設「田川ふれ愛義塾」。

罪を犯した子どもたちを一時的に保護し、更生に向けて支援する施設で、
全国103ある更生保護施設のうち唯一、
未成年の少女だけを新たに受け入れる「女子寮」が備えられています。

施設によると、女子寮で暮らす9割以上が、親などから虐待を受けた経験があるといいます。
取材当時、女子寮には16歳から20歳の女性5人が暮らし、
社会に羽ばたくために支援を受けながら、集団生活を行っていました。
番組では、彼女たちが更生に向けて歩む姿を追いながら、
虐待された経験が及ぼす様々な影響や、心に負った傷の深さを見つめます。

201120-3.jpg

ナレーションは、九州出身の俳優・歌手で、少女たちと同年代の、上白石萌音さん。

放送は、ラジオ第1で、11月23日(月・祝)午後5時5分~午後5時55分です。

以下のページで、放送後の
11月23日(月・祝)午後5時55分~12月21(月) 午後5時55分まで、
4週間、聞き逃し配信も行われます。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=P000144_01

昨年度、児童相談所が虐待の疑いで対応した件数は、19万件以上と過去最多を更新。
新型コロナウイルスによる外出自粛などの影響も懸念されています。

虐待を受けた子どもたちが、その過去から立ち直ることの難しさや、
社会にはどのような支えが求められているのか。
そして「愛情」とは何か。
いま、改めて、番組が考えるきっかけになれば嬉しいです。

2020年11月18日 (水)

季節外れの暖かさ

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
今週は季節が戻ったかのような暖かさが続いています。
ポカポカ陽気の中、紅葉が楽しめて嬉しいです。

20201118-1.jpg

今回はこの暖かさについてと、最新の紅葉情報をお伝えします。
まずは、気温の状況を見ていきましょう。

20201118-2.png

秋が深まる中ですが、今週は日ごとに気温が上がっています。
昨日17日(火)の最高気温は24.3℃で平年より7℃以上高く、
今日18日(水)の予想最高気温も25℃と、夏日となる見通しです。

20201118-3.png

この暖かさの原因は、南から流れ込んでいる暖かい空気です。
偏西風が平年より北を流れている影響で、
日本付近には暖かい空気が入りやすくなっています。

明日は、今日より一段と強い暖気が流れ込む見込みで、
上空1500m付近の気温は12℃以上と、平年より大幅に高くなるでしょう。

20201118-4.png

明日の予想最高気温は、25℃前後の所が多く、
季節が一か月以上戻ったような暖かさとなりそうです。
予想最高気温は▼北九州26℃、▼飯塚26℃、▼行橋25℃となっていて、
この時期としては記録的な高温となりそうです。

20201118-5.png

また、暖かさのピークは明日で、
明後日以降は急激に気温が下がる予想となっています。

19 日(木)~20日(金)にかけて、寒冷前線の通過に伴って雨が降る見込みで、
前線通過後は冷たい空気が流れ込む見込みです。
このため、雨を境に気温が下がり、20日(金)以降は17℃前後となるでしょう。

20201118-6.jpg

そして、この三連休に紅葉が見頃のピークを迎える所もありそうです。
最新の紅葉情報を写真とともにご紹介します。

20201118-7.jpg

まずご紹介するのは、小倉北区にある廣寿山福聚寺です。
こちらは約350年前に小倉藩初代藩主の小笠原忠真が創建した禅寺です。

お寺の境内には、モミジやハゼ、イチョウなどおよそ200本が自生し、
紅葉の名所として知られています。
今年は台風の影響で痛んでしまった木もあるものの、若いモミジの木などは、
綺麗に色付いているということです。

20201118-8.jpg

もう一つごご紹介したいのは、川崎町の藤江氏魚楽園です。
室町時代の水墨画家、雪舟が築いた日本庭園で知られ、国の名勝に指定されています。
庭園を見渡すことのできる座敷からは、
窓の縁を額に見立て、まるで絵画のような美しい紅葉を楽しむことができます。

20201118-9.jpg

平野部では、広く紅葉が見頃となってきています。
また、落葉はじめとなっている英彦山も散り紅葉が美しい頃です。
3連休は、ぜひ秋の深まりを楽しんでください。

2020年11月11日 (水)

いまが見頃の星空情報

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
夜の寒さが沁みますが、その分星空が綺麗に見られる気がします。
最近は赤く輝く火星がお気に入りです。

20201111-1.jpg

さて、天気はこの先も、晴天傾向と空気の乾燥が続く見込みです。
今回は今後の天気のポイントと、
晴れているからこそ見られる星空情報をお伝えします。

まずは天気のポイント、
アップダウンが大きくなっている気温から見ていきましょう。

20201111-2.png

こちらは、八幡西区の一週間の気温を表したものです。
11月に入ってからは、度々寒気が流れ込み、気温の変化が大きくなっています。

4日(水)は15℃を下回りましたが、6日(金)には25℃近く、
そして今週前半もまた気温は下がっています。
今日も最高気温は平年を下回っているということで、肌寒く感じたかも知れません。

ただ、明日以降は暖かい空気に入れ替わり、過ごしやすくなりそうです。

20201111-3.png

寒気と暖気の予想を見ると、明日以降は寒気が抜け、
南からは、暖かい空気が流れ込む見込みです。
この傾向は来週にかけて続く見込みで、北九州では気温がかなり高くなるでしょう。

20201111-4.png

向こう一週間の気温予想を見ると、
最低気温・最高気温ともに平年を上回る日が多く、
特に最高気温は、平年より大幅に高い状態が続く見込みです。

しばらく20℃以上ということで、
季節の進みはゆっくりとなり、比較的過ごしやすい日が多くなるでしょう。

20201111-5.png

また、天気の方も週末にかけて安定した秋晴れが続きます。
15日(日)にかけては天気の大きな崩れもなく、空気の乾燥が続くでしょう。

晴れて乾燥する日というのは空が澄んで見えるため、星空観賞にもぴったりです。
ここからは、いまが見頃の星空情報をお届けします。

20201111-6.jpg

まず1つめは、あすピークを迎えるとされる『おうし座流星群』です。
1時間あたりに見られる流れ星は2個程度と小規模な流星群ですが、
火球と呼ばれる明るい流星が多いのが特徴です。
このため偶然目にすることも多い流星と言われています。
今年は新月が近く天候的にも好条件、観測のチャンスがありそうです。

20201111-7.jpg

また、流れ星は見られなくても、かならず見られるのが月と惑星の共演です。
こちらが見られるのは日の出前の東南東の空になります。

あすは、月より低い位置に金星と水星を見ることができ、
あさって13日(金)には月とひときわ明るい金星が接近します。
また、14日(土)には月と水星が接近する見込みです。
水星は普段は高度が低く見つけにくいですが、細い月を目印に探してみると良さそうです。

20201111-8.jpg

さらに、もう1つご紹介したいのが、
岡垣町で見られる北斗七星「北斗の水くみ」です。

20201111-9.jpg

岡垣町では、水平線近くを沈んで行く北斗七星が、
まるで海の水を汲んでいるように見ることが出来ます。

20201111-10.jpgのサムネイル画像

この姿を見るには北緯33~34度くらいで北に水平線が見えることが必要です。
この条件を満たす場所はとても少なく、
福岡県観光連盟によると、見る事ができるのは岡垣町と宗像市の一部の海岸ということで、
全国的にも世界的にも非常に珍しいそうです。

20201111-11.jpg

観測のチャンスは11月下旬にかけて、午後7時前後に見ることができます。
目を暗さに慣らして、星の動きを観察できるよう、
大体この時刻の30分~1時間前から観察するのが良いそうです。

しばらく晴天続きですから、ぜひ暖かくして星空観賞を楽しんでみてはいかがでしょうか?

oshiete.png
気象予報士の森本まりあです。
ここ最近は一気に寒くなり、朝お布団から出るのが辛いです…。
日中も風が冷たく、ついつい日の当たる所を探してしまいます。

20201104-1.jpg

冬も近づいてきているということで、今回は冬にかけての天候をお伝えします。
まずは今日の寒さの原因から見ていきましょう。

20201104-2.png

昨日から今日にかけては、西高東低の冬型の気圧配置となり、
上空には今シーズン1番の強い寒気が流れ込んでいます。

20201104-3.jpg

今朝の寒気の様子を見ていきますと、
平地でも雪を降らせるような強い寒気が北海道をすっぽりと覆っていて、
山で雪を降らせるような寒気は、西日本付近まで南下しています。

この影響で、昨日から今日にかけては北海道各地で初雪の便りが、
初冠雪は彦根地方気象台が観測している伊吹山でも観測されました。
また、北九州上空にも、雪を降らせるほどではありませんが、
平年より冷たい空気が流れ込んでいます。

20201104-4.png

特に明日の朝にかけて冷え込みが強まる見込みで、
あすの最低気温は北九州で6℃まで下がるでしょう。今シーズンの最低気温を更新しそうです。

その後6日(金)~7日(土)は雨で気温は高めですが、
この雨の後に再び寒気が流れ込み、季節がまた一歩先に進む見込みです。
そして、7日(土)は、暦の上でも季節の境目となってきます。

20201104-5.jpg

7日(土)は二十四節気の1つ「立冬」で、暦の上では冬の始まりです。
北九州周辺では、今日のような冷たい木枯らしが吹き始めるころとなります。
ここからは、長期予報をもとに、冬にかけての天候を見ていきましょう。

20201104-6.jpg

まずは、晩秋から初冬にかけて、11月の天気傾向です。
天気はこの先も周期的に変わり、一雨ごとに季節が前進していくでしょう。
一方で、気温は11月中旬ごろに平年より高い予想となっていて、
比較的過ごしやすい日も多くなりそうです。

20201104-7.jpg

ただ、12月になると、一気に寒くなる予想が出ています。
12月から1月にかけての予想を見ていくと、
天気は曇りや雨、または雪の日が増える見込みで、気温も12月は平年並みか低くなる見通しです。

原因の1つが、現在発生しているラニーニャ現象で、
日本付近では冬型の気圧配置が強まり、寒気が流れ込みやすくなるでしょう。

前回ラニーニャ現象が発生していた2017~2018年の冬は、
全国的に気温が低く、北九州周辺も1月24日ごろは、強い寒気の影響を受けて雪が積もりました。
交通機関に大きな影響が出たほか、寒さも厳しく、添田町で-5.9℃を観測しています。

この冬も、厳しい寒さになることが予想されます。
去年以上の、雪や寒さへの備えが必要となりそうです。

今月も「きたきゅーラジオ」をお聴きいただき、ありがとうございました。

20201030-1.jpg

江崎さん・ギラヴァンツ情報を伝えた門田ディレクターとともに。

え...え!?聴き逃した!?
らじるらじるの聴き逃しをどうぞ!
来週、配信予定です。

今月は、「地元の秋を盛り上げる!」と題して、
秋のイベントに熱く取り組むみなさんの思いをお伝えしました。

あす10/31~11/3開催の「小倉城竹あかり」。
実行委員会の会長、辻利之さんにお話を伺いました。
コロナのなかでも、街を盛り上げようと、ボランティアのみなさんが準備を進めています。

20201030-2.jpg

市民ボランティアが思い思いに作った竹あかり。

20201030-3.jpg

「かべちょろ」という灯籠も・・・意味は、知っていますか? 笑

また、来月14日(土)にオンライン開催となった
「わっしょい百万夏まつり」についてもご紹介しました。
様々な方が、それぞれの形で、街の活気を取り戻そうとしていますね。

これまた、オンラインで熱く盛り上がるのが、「高専ロボコン」。

20201030-4.jpg

九州沖縄地区大会が11/1に開かれるのです!!
北九州高専のロボコンチームに意気込みを聞きました。
例年よりも作業時間が短い、集まっての作業を極力減らす、など、制約の中で挑む大会。
とはいえ、自信を持って、みんなを「ハッピー」にするロボットを作っています。

11/1(日)は、オンラインで、ぜひ応援を!
高専ロボコン
バーチャル会場など、オンラインならではの楽しみも、見逃せませんよ。
私、司会を担当します。私への応援も、心より、心より、お待ちしておりまーす。

ではでは、今月も、お便りをいただき、ありがとうございました!
来月の放送もお楽しみに~!

こんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

最近めっきり冷え込んできましたね。
日中はコートを着ると暑く、夜はむしろコートなしでは歩きにくい…
寒暖差が大きいので、服装選びが難しいです。
体調を崩さないようにはどうすればいいか。。
考えると、やっぱり食事や睡眠などの基本に行きつきました。
インフルエンザと新型コロナの同時流行も懸念される秋~冬ですが、みなさんも、体調管理を万全になさってください。

さて、「ニュースブリッジ北九州」で定期的に放送している、『コロナ時代の私たち』。
新型コロナウイルスの拡大で、さまざまな形で生活が大きく変化する中、
前を向いて行こうとする人たちの姿をシリーズでお伝えしています。

20201029-1.jpg

きょうの放送では、北九州市八幡西区に住む、落水洋介さん(写真左)をご紹介します。

落水さんは、7年前、全身の筋肉が徐々に動かなくなり、
寝たきりの状態に近づいていく難病、PLS(原発性側索硬化症)を発症しました。

新型コロナウイルスの影響で、年間170回以上も取り組んできた講演会がほとんどなくなり、収入が減少するなど、苦境に直面しました。
そんな中、コロナ禍を生き抜こうと、同じく病に倒れた親友(写真右)と一緒に、新たな事業を立ち上げたんです。

新型コロナの感染拡大で、人との距離の確保が叫ばれる中ですが、
取材を通し、やはり人は人とともに、支え合いながら生きていくのだと感じました。

病気に屈せず生きるふたりの姿、ぜひご覧いただけたらと思います!
きょう29日(木)の「ニュースブリッジ北九州」(総合)、午後6時30分からです。

>>「ニュースブリッジ北九州」のページ


20201029-2.jpg

さて、30日(金)には、NHK北九州放送局が久々に開く公開収録、
NHK-FMの「まろのSP日記」が北九州市立響ホールで行われます。

「SP」とは、「SPレコード」のこと。
主に戦前に生産された貴重なレコードです。

20201029-3.jpg

左が78回転のSPレコード、右が33回転のLPレコードです。
溝の光沢の違いなど、お分かりいただけるでしょうか…
LPレコードは英語でvinyl(ビニール)と言われるように、ビニールが主な素材です。
SPレコードは昆虫の樹脂を精製し、炭素や石灰などと練り合わせて作られるもので、あまり光沢がありません。

20201029-4.jpg

このSPレコードが記録する往年のクラシックの名演奏を、蓄音機で味わう番組です。

実は、もともと趣味がレコード鑑賞で、SPレコードもレコード屋などで集めていました。
今回、なんとSPレコードの番組の司会を担当できるなんて!ご縁に感謝です。

後日、テレビ・ラジオで放送予定です。また詳細はお伝えしますね。
会場にいらっしゃる方、ぜひ一緒に素敵な名盤を楽しみましょう^^♪

>>「まろのSP日記」のページ

 

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
先日、秋バラやコスモスを見に行ってきました!

20201028-1.jpg

バラの甘い香りに癒されます。
秋のバラは、色が鮮やかで香りが濃いのが特徴なんだそうです。

20201028-2.jpg

可憐なコスモスも素敵ですよね。背丈ほどあり、秋風に揺れていました。

20201028-3.jpg

長い距離を旅する蝶、アサギマダラも穏やかな陽気に羽休めです。

さて、綺麗に色付いているのは花々だけではありません。
こちらは英彦山の山頂付近の様子です。

20201028-4.jpg

標高およそ1200メートルの南岳では、紅葉が見頃を迎えています。
写真を下さった早田さんによると、例年と比べ、色付きのスピードが速いそうです。
さらに、紅葉は山頂から山の中腹に下りてきています。

20201028-5.jpg

こちらは廣瀬アナ撮影、おとといのブログに載っている、
お子さんとの山登りの際に撮った写真を頂きました。秋ですなぁ。

標高700メートル付近の奉幣殿の鳥居の側や、参道では色付きが始まっているそうで、
これからは、山裾にかけて紅葉が広がっていきそうです。

20201028-6.jpg

また、市街地でも色付きが始まっています。
こちらは小倉北区の小倉城・勝山公園の様子です。
全体的に見るとまだ青葉も多いですが、日当たりの良い所では葉が色付いています。

20201028-7.jpg

平野部で紅葉が見頃になるには、あと1か月ほどかかりそうですが、
英彦山では山頂で今が見頃、中腹からふもとにかけても、次第に見頃に入りそうです。
秋晴れが続いていますから、紅葉狩りに出かけるのも良いかも知れません。

20201028-8.png

ただ、秋晴れ続きということは、空気の乾燥が進んでいるという事でもあります。
この秋、湿度は20%から30%台まで下がった日もあり、火災も発生しました。

先週20日(火)は、小倉南区の平尾台で山火事が発生、山林の約20ヘクタールが焼けてしまいました。
この日は県内の湿度が20%台まで下がり、北九州市には強風注意報も出ていました。
火災が発生しやすく、また燃え広がりやすい状況だったと考えられます。

20201028-9.jpg

こちらは、去年の北九州市の月別の火災発生件数をまとめたものです。
春も火災は多いですが、秋から冬にかけても火災の発生件数は増加傾向にあり、
12月は1年で最も多い36件となっています。

主な出火原因はたばこやコンロなど、ちょっとした不注意による火事も多いそうです。
コンロを離れる際は火を消す、寝たばこは絶対にやめるなど、
火の取り扱いには十分注意をするようにしてください。