ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
先週は真冬の寒さ、今週は秋のような暖かさ…気温の変化に体が堪えます。
皆様、体調を崩されていませんでしょうか?

さて、先週はその寒さもあって山沿いでは雪が降ったようです。

191212-1.jpg

こちらは、6日(金)の英彦山の様子です。
木々にうっすらと雪がかかり、山では一足先に雪化粧です。

191212-2.jpg

真冬の寒さとなった先週は、九州各地から続々と冬の便りが届きました。
今回は、その冬の便りの観測方法や、この先の気温の傾向についてご紹介します。

191212-3.jpg

気象台では、冬の季節観測として「初冠雪」「初雪」「初霜」「初氷」の4つの観測を行っています。
それぞれ見ていきましょう。

191212-4.jpg

まず、初冠雪は山の一部が雪などで白く見えた状態が初めて見えた日のことを指します。
福岡管区気象台では、佐賀と福岡の県境にある脊振山が観測対象です。
今年は12月7日に初冠雪となり、平年より1日早く、昨年より23日早い観測となりました。

191212-5.jpg

続いて初霜と初雪、こちらも人の目での観測です。
初霜は気象台にある露場と呼ばれる観測場所やその周辺の植物などに霜が降りた日を見ています。
福岡管区気象台では露場内にわらを置いていて、わらに霜が降りるかを見ているそうです。

初雪は、気象台の職員が屋上に出て確認しています。

雪が降る日は頻繁に外に出て、雨か雪かを目で良く見極めています。

191212-6.jpg

最後の初氷は、名前の通り、初めて氷が張った日です。
水を入れた「結氷皿」と呼ばれる銅製の器に、氷が張るかを見ています。
薄い氷でも、ちょっと触ってみて凍っていると判断できれば初氷の発表です。

どれも人の目や感覚が頼りで、わらを置いてみたり、氷をつついてみたりと、ちょっとユニークですよね。
気象台の方が様々な工夫をして、観測を行っていることが伝わると嬉しいです。

191212-7.jpg

さて、これら目視で行われている観測ですが、
初雪に関しては、今後全国的に自動化されていく傾向にあります。
九州北部でも、佐賀や大分、長崎、熊本の気象台で令和2年以降は自動観測となっていく見通しです。
これは、機械を使えば連続的な観測が可能になり、精度が上がると考えられているからです。

福岡管区気象台では、精度検証という意味で、
目視と自動観測どちらも行った上、目視で観測した日を初雪として発表するそうです。

191212-8.jpg

では、今年の初雪・初氷はいつ観測されるのでしょうか?
平年日を見るとそろそろなんですが、
この先は季節を逆戻りしたような暖かさが続くため、まだ先となるかもしれません。

191212-9.jpg

13日(金)の朝は冷え込みが強まりますが、14日(土)以降は気温が高い傾向が続く予想です。
来週は日中20℃近くまで上がる日もあるでしょう。

191212-10.jpg

気象台からは、高温に関する早期天候情報が発表されていて、
15日頃からは平年より2.8℃以上気温が高くなると見られています。
農作物の管理などに十分注意が必要です。

冬らしい寒さが戻ってくるのは、12月下旬以降の予想となっています。
初雪が降るのは、まだまだ先となりそうです。

北九州放送局広報担当です。

「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」の放送がいよいよ明日に迫りました!

響灘での落とし込み釣りと船上での神経締めや料理を満喫した一行は、夕刻、北九州市の沖にある藍島へ。

その目的はある漁師さん宅にお伺いするためです。
藍島で魚といえば…、そう鰆(サワラ)。

その鰆を船上で紹介するために、プロデューサーが考えたことは…

プロデューサー
「鰆といえばお弁当の角に入っているイメージだな…」

「そうだ!出演者に船上で鰆のお弁当を食べてもらおう!」

「(広報担当の私に)ロケ当日、鰆の西京焼き入りのお弁当持って来て!

私「!!」

妻と義母の手も借りて近所のスーパーを回りましたが、ない。鰆がない。
季節的に厳しいのか…しかし何軒か巡ってようやく干物屋さんで味噌漬けを見つけてミッションクリア。

無事、義母が作ってくれたお弁当をお二人に食べていただくことできました。
私は番組に出演しませんが、お弁当が出演するそうなので満足です(お義母さんありがとう)

191207-1.jpg

話が逸れました。
鰆の魅力をもっと知るために、藍島に到着!

191207-2.jpg

藍島の鰆は近年「藍の鰆(あいのさわら)」と言うブランド名で注目を集めており、
そのブランドを確固たるものにした方こそが、今回お伺いした漁師さんなのです。

なぜ「藍の鰆」は各地の名だたる有名店から指名で購入希望が寄せられるのか。

それは釣り上げた鰆を美味しく食べるために
徹底的なこだわりの品質管理(船上での神経締めなど)を施して商品化することにあります。
その魅力に魚の伝道師・上田勝彦(ウエカツ)さんが迫りました。

 

鰆は漢字で魚へんに「春」ですので、春の魚だと思われがちですが、「藍の鰆」の脂の乗った旬は12月~。
ロケをおこなった11月初旬だと普通はまだ獲らない時期ですが
この日のために獲ってくださったそうで…(ありがとうございます!)

191207-4.jpg 191207-3.jpg

191207-6.jpg 191207-5.jpg

漁師さんのご自宅の台所で、ウエカツさんは鰆を捌きながらも、
漁師さんが卸している全国の有名料理店の話題や神経締めの方法談義に花を咲かせます。

これまで各地で食べてきた、美味しいといわれる鰆はどれも「若干生臭さがあった」と本音を語ったウエカツさん。
果たして「藍の鰆」の評価は…。
お互い譲れないプロ同士の会話をそばで聞いていて、ゾクゾクしました。

鰆というと一般的に馴染み深いのはお弁当にも入っていた西京焼き(味噌漬け焼き)ですが、
ウエカツさんはオリジナル料理を披露します。

しかしそこは鰆漁師のご自宅。さらにいろいろな料理が登場します。

なかでも北九州でおなじみの「ぬか炊き」にはウエカツさんや井上咲楽さんも絶賛。

191207-7.jpg

漁師さん宅では「藍の鰆」ブランド化のきっかけや今後の展望についても熱く語り合い、
魚を愛する者同士の会話は尽きない様子でした。

早朝から始まったロケはすっかり日も暮れ、スタートの若松漁港に戻ってきたときには、
ライティングされた、真っ赤で雄々しい若戸大橋が我々を出迎えてくれました。

191207-8.jpg

北九州の海と魚にこだわった番組「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」は
総合テレビ(九州沖縄地方向け)で、明日!
12月8日(日)午前7時45分~午前8時14分に放送です。

ぜひご覧ください!

北九州放送局広報担当です。

北九州の海と魚の現場に迫る「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」の放送まであと2日!
今週末8日(日)に迫っています。

前回のブログで、北九州には海や魚のイメージがなかった、と書きました。
これは半分本音で半分嘘です。

半分嘘だというのは、今では北九州=海の街になっているからです。
およそ1年前から訳あって「釣り」にハマり、幾度となく、北九州の海で竿を振り、船釣りにも出ました。
この海のポテンシャルがどんなものか、身を持って体験しているからです。
…自分語りが過ぎました。

実は11月某日、運良くこの番組のロケに同行させてもらうことができました!
というわけでロケレポートです。

この日のロケは北九州沖での釣り!
早朝の若松漁港を出発した魚の伝道師・上田勝彦(ウエカツ)さん、タレントの井上咲楽さん、
咲楽さんのお父さんの一行は響灘を目指します。

20191206-1.jpg
  上田勝彦さん 井上咲楽さん
(※咲楽さんの右隣がお父さんの力夫さん)

 

20191206-2.jpg

朝焼けの幻想的な巨大風車に一同感動!早朝に海に出ないと見られない光景でした。

早朝から元気な咲楽さんは気合十分!釣りの経験はほとんどないそうですが、
そこは同行しているプロ級の腕前のお父さんの指導で心配ありません。

20191206-3.jpg

この日チャレンジしたのは「落とし込み釣り」といわれるもの。
大きな錘(おもり)と、たくさんの針がついた仕掛けを海に降ろし、
餌と間違って針に掛かった小魚を付けたまま、さらに底へと降ろしていき、
小魚で大物の魚を誘って釣りあげるという方法です。

この日のポイントは水深70mほど。
船長の指示にしたがい、それぞれが狙った深さに仕掛けを降ろしていきます。
電動リールとはいえ、70mというのは私のような釣り初心者からすると
釣れたとしても魚が上がってくるまで果てしなく長い時間に感じるものです。

20191206-4.jpg

さて、肝心の釣果や魚種は番組をお楽しみいただくとして…
結論だけ言いますと、皆さん釣りあげてしまいました!
船長が「今日は潮が効いていない(釣りに適していない)」とおっしゃる中です。
かくいう私も取材には経験が必要だろう!と、ロケの合間に竿をお借りし、
一投だけ試させていただいたのですが(電動リールを使うのも初めてです)、
その一投で青物が釣れてしまいました…。北九州の海のポテンシャル、恐るべしっ!!

お昼過ぎ、船上ではウエカツさんの神経締め、船上料理教室が始まりました。
次々と魚を締め、捌き、パパッと素早く作る漁師料理。
どれも身近な調味料を使った簡単なレシピなのに、食べたことのない味で、感動するほど美味しい!
お酒が欲しくなったのは私だけではなかったはずです…。

20191206-5.jpg 20191206-6.jpg

20191206-7.jpg

いま自分は北九州の海の上にいる、ということを忘れていた瞬間でした。

北九州の海と魚にこだわった番組「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」はあさって!
総合テレビ(九州沖縄地方向け)で、
12月8日(日)午前7時45分~午前8時14分に放送です。

ぜひご覧ください!

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
12月に入り、一気に寒くなりましたね。
冷たい北風に紅葉が吹き払われていくのを見ると、もう冬だなぁと感じます。

そんな中、直方市の福知山ろく花公園では、初冬の花々が見ごろを迎えています。

191205-3.jpg

こちらの小さく可愛らしい花は、スノードロップです。
高さは10センチ余りで、白い花が下向きに咲いています。
大小6枚の花びらがあり、小さな花びらにはハートの形をした緑色の模様があります。

191205-4.jpg

スコットランドでは、「年末にこの花を見ると、翌年は幸せになれる」言い伝えがあるのだとか。
今見に行くと、来年は素敵な幸せが待っているかもしれません。

191205-5.jpg

そして、こちらも小さな花が可愛らしいフユザクラ。
その名の通り冬に花が咲く桜で、直径2センチほどの白や淡いピンク色の花が付いています。

191205-6.jpg

他にも深い赤色のボケの花や、

191205-7.jpg

鮮やかなピンク色の寒つばきなど、様々な冬の花を楽しむことができます。

こうした花々からも季節の移り変わりを感じますが、今年の冬の天候はどうなるのでしょうか?

191205-8.jpg

長期予報から傾向を見ていきましょう。
まずは、1か月予報から12月の予想を見ていきます。

191205-9.jpg

今週は寒気の影響で曇りがちの天気となっていますが、
この先も曇りや雨、または雪といった冬らしい天気の日が多くなる見通しです。

一方で、気温は寒さから一転し、12月2週目以降は、平年より高くなると見られています。
それに伴って、気象台からは高温に関する早期天候情報も発表されています。

191205-10.jpg

北九州では、この先、平年より4℃前後高い気温が予想されており、
農作物の管理などに注意が必要となりそうです。

191205-11.jpg

さらに、1月2月の予想も見ていきますと、
天気の傾向は変わらず、曇りや雨、あるいは雪の日が多い見込みです。
そして、気温も1月にかけて平年並みか平年より高い状態が続くでしょう。
この冬は暖冬傾向ということになりそうです。

この暖冬の原因の1つは、地球温暖化によって大気全体の温度が高いことが考えられます。
そして、もう1つの理由が下の図で表した偏西風の流れにあります。

191205-12.jpg

偏西風というのは、冷たい空気と暖かい空気の逆目にできる大きな風の流れで、北側には寒気が控えています。

点線で表しているのが、平年の風の流れですが今年は日本付近で北に蛇行するような予想です。
そうなると、北側の寒気は南下が弱くなり、冬型の気圧配置も長続きしなくなってきます。

その結果、暖冬になると見られていますが、「暖冬=雪が少ない」とは一概に言えません。
一時的に強い寒気が流れ込んだタイミングで雪が強まることも考えられます。
平成28年の冬も暖冬でしたが、1月に一時的に寒気が流れ込んだ影響で、九州北部の各地で大雪となりました。

今年の冬も油断をせず、雪や寒さへの備えはしておいたほうが良さそうです。

北九州放送局広報担当です。
「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」の放送まであと3日!!今週末8日(日)に迫ってきました!

「ウオカツ!」がどんな番組か、ご存知ないですよね。
それもそのはず、今回初めて放送される特集番組だからです。

ブログで番組の見どころを3日連続でお伝えします!

番組のテーマは北九州の海や魚をとことん体感すること。
みなさんは北九州=海・魚の印象がありますか?

北九州の近くで生まれ育った私には、いわゆる工場地帯のイメージが先行し、
海や生き物といった「自然」の印象は正直言ってもっていませんでした。特に魚の印象は…。

しかし!この番組を見れば北九州の印象が変わること間違いなし。
工業都市の目の前にある海は「楽園」だった!
なにせ北九州市は「刺身盛り合わせ」年間消費額全国1位ですよ。(知りませんでした)
【総務省 統計局 家計調査(2016~2018平均)】

出演者は、元漁師・元水産庁職員で魚食文化の普及に努める上田勝彦さん
(愛称・ウエカツさん。タイトルの魚活=ウオカツとかかってるんです。。。)

ウエカツさんはとにかく魚への愛が半端ない。
魚を釣ることだけでなく捌く、締めることにも徹底的にこだわり、
魚を美味しくいただくための伝道師と言っても過言ではありません。
そのこだわりが画面から溢れ出します。

20191205-1.jpg

さらにタレントの井上咲楽さん、釣り大好きの咲楽さんのお父さんも同行し、
お店へ、市場へ、海へ、離島の漁師の元へと、北九州の魚の現場を巡ります。

20191205-2.jpg

釣り番組でもない、グルメ番組でもない、北九州の海と魚にこだわった番組です。

総合テレビ(九州沖縄地方向け)で、
12月8日(日)午前7時45分~午前8時14分放送です。

ぜひご覧ください!

12月最初の月曜日は残念ながら雨やったんやけど、見てみて!
NHK北九州放送局に元気なお客様が来局したんよ!
オレンジ色の帽子がお日様みたいやねぇ。
来てくれたのは、緑ヶ丘・第二幼稚園のみんなで、12月から始まった、
「NHK歳末たすけあい」、「NHK海外たすけあい」の募金に来てくれたんだって!

20191203-1.jpg

みんなは、世界の困っている人たちのために、
9月に開催したバザーで得たお金の一部を募金に充ててくれたり、
手作りのツリーや貯金箱を贈ってくれたっちゃ!
ちなみに、これが作ってくれた貯金箱!色鮮やかでしっかりと作られとるねぇ♪

20191203-2.jpg

なんと、象さんは口の所からお金が入れられるようになっとるんよ~♪
いいアイディアやねぇ!
この貯金箱はNHK北九州放送局4階の窓口に飾っているので、いつでも見に来てね♪

20191203-3.jpg

みんなで記念撮影をした後は、局内を見学!
実際に放送で使われるスタジオに入って、
アナウンサーが座る席や専門の機械を見て回りよったよ。
なかなか見る機会が無いけねぇ~、楽しかったかな?
最後は、ニュースブリッジ北九州のタイトルコールを元気いっぱいにしてくれたよ♪
ちゃんと声が揃っていて、100点満点やったね!

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
もうすぐ師走、寒さも増してきましたね。体調を崩されていませんでしょうか?

今年は例年より早く、インフルエンザの流行シーズンに入っています。
こちらは、北九州市の1医療機関辺りのインフルエンザ患者数をまとめたグラフです。

191128-1.jpg

北九州市では今シーズン、9月最初の週から流行開始の目安とされる「1」を超えている状況です。
緑色のグラフで表している昨シーズンと比べると、2か月ほど早い流行シーズン入りとなります。

191128-2.jpg

この影響で、28日現在、4つの小中学校と1つの幼稚園で学級閉鎖となっています。

最新の調査では、流行の目安となる「1」を下回っているものの、
引き続き流行シーズンに入っているということで、今後、患者数は増えていきそうです。

191128-3.jpg

インフルエンザの流行には、一般的に「空気の乾燥」が関係していると言われています。
これは、乾燥によって、喉や鼻の粘膜機能が低下してくることが理由です。
冬にかけて空気はより乾燥していきますから、一層注意が必要となりそうです。

191128-4.jpg

この先の天気と湿度の予想を見ていきますと、
29日(金)には晴れ間が戻って最小湿度は40%まで下がる見通しです。
また、12月1日(日)に雨が降った後は、寒気が流れ込んできます。
来週前半は、日中も10℃を少し超えるくらいの寒さで、晴れて空気の乾燥も一層進みそうです。

注意が必要なインフルエンザ、その対策を見ていきましょう。

191128-5.jpg

まずは、流行前のワクチン接種です。
すでに流行期には入っていますが、さらに患者数が増えていくのはこれからの時期です。
早めの予防接種を心掛けるとよさそうです。

そして、外出後の手洗いうがいやアルコール消毒を心掛けることも大切です。
また、人混みを避けたり、人混みに入る際には、
ある程度飛沫感染を防ぐことができる不織布製のマスクを着用したりすると良いでしょう。
さらに、適切な湿度の保持とありますが、目安は50~60%です。

191128-6.jpg

加湿器を使って湿度を保ったり、簡単な方法であれば、
濡れたタオルや洗濯物を部屋に干したりすることでも多少湿度を上げることができます。
また、オフィスなどではマスクを着用することも、喉を潤すのに有効かと思います。

冬の時期、暖房を使うと空気の乾燥も進みます。
可能であれば湿度計などを使って、こまめに湿度を確認してあげると良さそうです。

また、万が一インフルエンザに罹ってしまった場合は、
無理して学校や職場に行くことはせず、安静に過ごすようにしてください。

来週は寒さと乾燥が一層進みそうです。体調管理には十分お気をつけください。

こんにちは!
11月26日(火)の「ニュースブリッジ北九州」では視聴者の皆さんからいただいた動画をご紹介する
「いいね!いいとこ!動画」のコーナーがあります。

先月(10月)行われた小倉南区の高倉八幡神社に伝わる「横代(よこしろ)神楽」、

 191125-1.jpg

可愛い赤ちゃんの映像などを放送予定です。
実は、わたし中島も初めて動画を投稿しました。
こちら、鹿児島市に住む姪(生後8か月)です。
すっかり家族のアイドルです。

 191125-2.jpg

「いいね!いいとこ!動画」では、皆さんからの動画を大募集しています。
スマートフォンで撮影したもの、ビデオカメラで撮影したもの、
どちらも投稿いただけます。
NHK北九州放送局のホームページから応募いただけます。
楽しい動画をお待ちしております!
(撮影してみてわかったのですが、スマートフォンを縦に構えて撮ると
両側に黒いスペースができてしまうため
横向きで撮影するほうがスマートフォンの場合は良いようです。)

 191125-3.jpg

「いいね!いいとこ!動画」を編集するスタッフの原口さん 
(恥ずかしがり屋さんなのか写真をお願いしたところ、笑顔で断られました。
そのため後ろ姿の出演です!!)
「楽しく見ていただけるように編集しています。ぜひ見てください!!」

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
北九州市内でも最低気温が一桁になる日が増え、寒くなってきましたね。

この寒さで、市内でも紅葉が進んできています。
今回は、小倉北区にある紅葉の名所、広壽山福聚寺を訪ねてきました!

191121-1.jpg

お寺の前で出迎えてくれたのは、赤く色づき始めたイロハモミジです。
深い緑の葉と、艶やかな赤色の葉のコントラストがとても素敵でした。

191121-2.jpg

福聚寺は1665年に創建され、小倉藩主・小笠原家の菩提寺として由緒あるお寺です。
実は紅葉スポットとしても有名で、この時期はもみじ祭りも開催されています。

191121-3.jpg

境内には、200本ほどのモミジやハゼが色付き始めていました。
お寺の建物も、建立当時のものが残されているので、美しい風景が画になります。

住職の黒田文豊さんにお話を伺いますと、今年の紅葉は例年より見ごろが遅いそうです。
境内では12月上旬ごろにかけて、楽しめるということでした。

また、お寺のすぐ裏側の森の中にも紅葉スポットがあるということで、訪ねてきました!

191121-4.jpg

モミジが覆い被さるように生えていることから、
地元の人からは「もみじ谷」と呼ばれ、親しまれています。

まだ緑色の葉や黄色やオレンジ、赤色に色付いた葉など、色とりどりのもみじが散策路を彩っていました。
地元の方によりますと、こちらの紅葉はこれから色付きが進んでいく木もあるということでした。

小倉北区では、ご覧のように紅葉が進んでいますが、
その他の北九州・筑豊地方の紅葉スポットの情報もご紹介します。

191121-5.jpg

現在、見ごろを迎えているのが、英彦山と川崎町の藤江氏魚楽園です。
藤江氏魚楽園では、今月末まで夜間のライトアップも行われています。
小倉城も色付きが進んでいて、見ごろは今月下旬ごろ、
門司区の白野江植物公園も今月下旬から来月上旬に見ごろを迎えそうです。

北九州・筑豊地方は紅葉シーズンを迎えています。
ぜひ、紅葉狩りに出かけてみてはいかがでしょうか?

こんにちは。キャスターの中島です。
きょう、午後6時10分から放送予定の番組の紹介です!!
ご紹介するのは、「あま干し柿」です。
福岡県香春町では10月下旬から『あま干し柿』が生産されています。

191115-1.jpg

深いオレンジ色がとってもきれい!!
香春町採銅所地区(さいどうしょ)で作られる干し柿は、あめいろで まあるい形、
糖度30度と甘みも強く、中がトロトロの柔らかい食感が特徴です。

191115-2.jpg

なぜこんなにおいしい干し柿ができるかというと・・・。
採銅所地区は、寒暖差が激しく、西に香春岳・東に貫山と山々に挟まれており、
風通しがよく干し柿を作るのに最適なんだそう。

 191115-3.jpg

かつては、100万個も製造されていたこの干し柿も、後継者不足などにより
現在では5万個ほどと激減しているそうです。
販売期間も11月から12月中旬ごろまでと短く、貴重な品です。
きれいなオレンジのカーテン広がる「あま干し柿」の生産現場から
その魅力をたっぷりとお伝えします。

 191115-4.jpg

生産者の粟﨑 勍一(あわさき・けいいち)さん(写真左)の柿について
真剣にお話しされる表情が印象的でした!!
ぜひ放送をご覧くださいね!!!