あらすじ

<第19回のトリセツ> 監修:小和田泰経

『麒麟がくる』をより楽しんでいただくために、ドラマ上の設定や展開、世界観をわかりやすく解説します。

麒麟MAP

斎藤道三の死から2年後。将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し、5年ぶりに京へ戻りました。しかし、三好長慶の力は依然として強く、幕府の実権を握っていました。

麒麟MAP 永禄元年(1558年)勢力図

義輝がようやく京に戻り、幕府も動きだしました。そこで留守の間、京で起こっていたいろいろな争いを穏やかに収めるため、諸大名に上洛を求めますが、すでに幕府の権威は失墜しており、応じた大名は多くはありませんでした。

※上洛(じょうらく)…地方の大名が京都へ上ることで、ここでは室町幕府に協力する意味。

将軍・義輝が信長に提案した身分「相伴衆(しょうばんしゅう)」とは?

上洛した信長は、将軍・義輝に謁見し、尾張を攻めようとする今川義元の兵を引かせてほしいと願い出ます。そこで義輝は、義元の官職「治部大輔(じぶのたいふ)」より上の身分となる「左京大夫(さきょうのだいぶ)」を信長に与えることを提案、それでも効果がなければ、将軍家の「相伴衆」になることを提案しました。

義輝が「今のわしにはそれくらいのことしかできぬ…」と言う「相伴衆」とは、室町幕府が定めた身分の一つで、宴席などで将軍家の連れとして同伴することが許された者のこと。高い家柄の者に限られていたため、幕府のナンバー2にあたる管領職に次ぐほどの高い身分でした。義輝はそれを信長に与えようとしたことになります。

    美濃編(第1回~第17回)

      ※NHKサイトを離れます