あらすじ

<第11回のトリセツ> 監修:小和田泰経

『麒麟がくる』をより楽しんでいただくために、ドラマ上の設定や展開、世界観をわかりやすく解説します。

麒麟MAP

将軍に仲立ちを頼むために必要なお金、金10枚はいくら?

室町時代の末期は全国共通の高額貨幣はなく、経済流通の主流になっていたのが「金(きん)」でした。各地の大名により金貨が鋳造されていたとみられていますが、現存はしていません。のちの時代の金貨を参考にすれば、金1枚は現在の貨幣価値に換算すると100万円ほどでした。金10枚は、およそ1000万円になります。

あらすじ一覧

    ※NHKサイトを離れます