紀行

第十二回 2020年4月5日

愛知県名古屋市

愛知県名古屋市。末盛(すえもり)城は織田信秀が三河からの進攻にそなえて築城した平山城(ひらやまじろ)です。信秀は、古渡(ふるわたり)城からこの城に移り、居城としました。城跡の周りに巡らされた深い堀跡が、当時の名残をとどめています。

末盛(末森)城跡(現・城山八幡宮)

空堀

織田家の一分家でありながら、本家をしのぐほど、勢力を拡大していった信秀。しかし、志半ばにして、末盛城で亡くなりました。

万松寺(ばんしょうじ)は、信秀が創建した織田家の菩提寺(ぼだいじ)です。信長が喪主となり、万松寺で信秀の葬儀が執り行われました。

信秀公墓碑

家督を継いだ信長は、父・信秀の遺志を受け継ぎ、さらなる高みを目指していくこととなるのです。

あらすじ/第十二回 →
『麒麟がくる』紀行一覧 →

※NHKサイトを離れます