紀行

第十回 2020年3月22日

愛知県岡崎市・名古屋市

愛知県岡崎市。松平家の嫡男・竹千代は、岡崎城内の坂谷邸(さかたにてい)で生まれました。母親の於大(おだい)の方は、竹千代を産むとまもなく離縁され、幼い竹千代は、母親と離れ離れで暮らすことになりました。

坂谷邸跡

旧東海道の宿場町、本宿(もとじゅく)。ここに松平家の菩提寺(ぼだいじ)、法蔵寺があります。竹千代は、この寺で、松平家の後継者としての教育を受けたと伝えられています。

法蔵寺(松平家の菩提寺)

幼くして織田家の人質となった竹千代は、熱田の豪商・加藤図書助(ずしょのすけ)の屋敷・羽城(はじょう)に幽閉されました。

加藤図書屋敷跡(徳川家康幼時幽居地)

三河をめぐる攻防の中、人質として翻弄される竹千代。やがて、天下人・徳川家康へと成長を遂げていくことになるのです。

あらすじ/第十回 →
『麒麟がくる』紀行一覧 →

※NHKサイトを離れます