登場人物

朝倉家の家臣

山崎吉家
やまざき よしいえ

榎木孝明

越前・朝倉家の家臣で、朝倉家の重鎮である朝倉宗滴(あさくら・そうてき)とともに活躍した。
宗滴死後、信長との戦いが始まると、主に外交で重要な役割を果たす。

キャストメッセージ

この作品で大河ドラマへの出演は10作目。顔なじみのスタッフさんも多く、古巣に帰ってきたような感覚です。

朝倉家の家老である山崎吉家について、自分なりに調べてみましたがそれほど多くの史料は残っていませんでした。そのぶん、自分で作れる部分が多いということです。吉家というキャラクターにどれだけ厚みを出せるか、息を吹き込めるか自分でも楽しみです。
戦国という大きな時代の大きなうねりと、その空気感を背負いながら演じたいと思っています。

歴史の大半は勝者が書き残したものです。もしかすると敗者に本当の正義があったかもしれない。真相は誰にもわからない。そこが、歴史のおもしろさでもあると思っています。
脚本家の池端さんによる新しい物語がどのようにドラマの中で展開されるか、ぜひ楽しみにしてください。

※NHKサイトを離れます